経理の就職・転職に簿記検定2級は超おすすめ!簿記検定の取得法とメリット

経理・財務の転職お役立ち情報

経理に興味があって就職や転職をしたいと思っている人は、日商簿記を受検して資格を取得することを検討してみましょう。経理職で働く上で簿記検定に合格するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。有利な立場に立つためには簿記検定2級を目指すのが良いと言われているので、合格するための基本的なノウハウを知っておきましょう。

なぜ簿記検定2級が就職・転職に有利なのか

経理職として働きたいと考えたときにはなぜ簿記検定2級があると良いのでしょうか。就職や転職のしやすさや業務を遂行する上での魅力を確認しておきましょう。

経理職はどこの会社も求めている

専門職であるそもそも経理職は事業会社であれば必要とされる専門職です。会社を運営する上では必ず経費がかかり、その適正な取り扱いをしていかなければ予算を立てることも、事業利益に見合った納税をすることもできません。そのため、経理に関する能力があれば転職や就職の道は広がります。

経理業務の知識が身に付く

簿記検定2級に合格する魅力は経理業務の知識を習得できることです。経理業務の中でも最も専門性が高いのが仕訳ですが、簿記2級を取得していればほとんどのケースで仕訳に困ることはありません。現場で働く上で必要な能力を身につけることができる点で検定合格を目指す意味があります。

経理業務を経験することにより転職後に即戦力になりやすい

簿記検定2級に合格していても実務経験がないとすぐに戦力になることはできません。現場でどのようにして知識を使うかを学び取るにはかなりの期間がかかりがちだからです。資格の取得後、経理業務を少しでも経験できれば転職先でも即戦力として期待されるようになります。経験が豊富で実績もあれば高い待遇で受け入れてくれる会社がたくさん見つかるでしょう。

業界未経験でも必要としてくれる会社がある

経理業務を経験してしまえば転職先の幅はかなり広くなります。他の業界で仕事を探したいという人も特に問題はなく、受け入れてくれる会社はたくさん見つかります。業種が違っても経理の基本や考え方には違いがなく、すぐに過去の経験を応用できるからです。そのため、優秀な経理職の人が欲しいと考えている会社からは両手を振って歓迎してもらえるのです。

簿記検定2級の難易度や勉強法~取得する流れ

経理職として成功を遂げるために簿記検定2級を取得しようと決めたら、どのような形で準備を整えていったら良いのでしょうか。受検に到達するまでの一般的な流れを把握しておきましょう。

簿記検定2級の難易度

最初に理解しておきたいのが簿記検定2級を取得するのが難しいかどうかです。経理業務に携わったこともなく、簿記経験もない場合にはかなり難易度は高く、一般的には200時間程度の勉強が必要になります。合格するためには7割以上正答する必要があり、平均合格率は24%程度なのでもともと難易度は高めだと認識しておきましょう。

まずは簿記検定3級を取ろう

一気に簿記検定2級を目指すよりも、まずは簿記検定3級を受けてステップアップするのが合理的です。簿記検定3級の知識が基礎になり、さらに応用的な内容が組み合わさることで簿記2級に合格できるようになるからです。

まずは参考書・テキストでしっかりと勉強しよう

簿記検定2級に合格するにはまず知識を参考書やテキストで習得するのが肝心です。転職した後も役に立つ知識なので広くバランスよく覚えていくことが後々まで重要になります。

問題・過去問題を解いていこう

テキストから知識を付けられたら問題集を使って問題を解く練習をしましょう。過去問題を使う人も多いですが、広い範囲をカバーしている問題集を使って知識の穴がないことを確認するのも重要になります。

簿記検定2級の申込み方法・受験場所

簿記検定は年に3回実施されています。申し込みは地域の商工会議所に書類を提出するか、資格学校などで申し込みをまとめて行ってもらうのが通例です。受験場所は商工会議所によって直前に発表されるので、確認を忘れないようにしましょう。

仕事をこなしながら資格を取得するために知っておいてほしい事

転職して経理職になろうとしているときには働きながら勉強することが必要です。通常の業務をこなしながら簿記検定2級に合格するにはどういった心がけが必要なのでしょうか。

わずかな隙間時間を上手に活用しよう

普段の仕事が忙しい人の場合にはいかにして時間を確保するかが問題になります。まずは隙間時間をできる限り活用するように心がけましょう。通勤電車の中でテキストを読んだり、昼休みにご飯を食べながら問題を解いたりしていくとかなりの量をこなせます。営業の外勤などのときには、アポの時間までの数分であってもうまく勉強に費やすのが効率的です。

可能な範囲で人付き合いを減らしてみよう

社会で働いていると人付き合いが多くて自分の時間が取れないのが悩みになりがちです。アフターファイブの付き合いを断って受験対策をしたり、ランチに同僚と外食せずに一人で勉強しながら食べたりするのは効果的な方法です。転職したらもう二度と関係を持つことがないような人も職場にはいるはずなので、人付き合いを可能な範囲で減らして時間を確保できるようにしましょう。

簿記検定2級のほかに取得したほうがいい資格・検定

経理職の転職で役に立つ資格や合格しておくと有用な検定は他にもあります。簿記検定2級だけにこだわらずに下記の資格についても検討してみましょう。

簿記検定1級

簿記検定は3級から始まって1級まで続いています。簿記検定1級に合格すれば経理や財務に関するトップクラスの能力を持っていると捉えてもらうことが可能です。工業簿記や原価計算、財務分析などの高度な出題も多く、合格率も10%に満たないことが多い難関の検定になっていることは念頭に置いておきましょう。

公認会計士

試験国家資格として経理関連でトップクラスに位置するのが公認会計士です。受験資格は特になく、財務に関するプロとして独立することすらできるようになる魅力的な資格として知られています。転職のときにも一般企業だけでなく会計事務所なども候補にできるため、職場の幅を広げることが可能です。

税理士試験

税理士も国家資格の一つで税務に関するトップとして知られています。公認会計士と違って受験資格を満たしていないと受験できませんが、公認会計士試験短答式試験に合格するか、簿記検定1級を取得していれば受験可能です。税理士として独立して顧問税理士として働くことも、会社で税務や経理を担当することもでき、節税によるコストダウンを代表として会社への大きな貢献をできるようになります。

 

簿記検定2級は今後の社会人人生に大きなアドバンテージとなる

簿記検定2級を取得すれば経理職として働くための基本となる知識は習得している人材だと認めてもらえるようになります。これから転職して新しい社会人人生を歩んでいきたいという人にとって大きなアドバンテージになるでしょう。その後も上位の検定を受けたり、資格を取得したりしてキャリアアップを目指せる点でも魅力的です。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。