30代の経理職が転職でキャリアアップをする方法!

経理・財務の転職お役立ち情報

経理職として働いてきて、30代になっても一向にキャリアアップできる兆しがないという人は転職を考えてみましょう。

どのような考え方で転職活動に挑めば、30代になってから大きな出世を遂げていけるようになるのでしょうか。

30代経理が転職する際に求められるスキルや経験がこちら!

転職してキャリアアップを遂げられるようにするには、採用活動をしている企業のニーズに合った人材になることが欠かせません。

30代経理の場合には基本的には企業が求めている能力を兼ね備えていて、採用したら速やかに戦力になることが求められます。

一通りの経理を滞りなく行えるだけでなく、決算業務などの専門性が高い業務に関するノウハウがあることも必要です。

また、ただ実務経験があるだけではあまり歓迎されません。会計事務所や監査法人などの専門職としての職能を発揮できる現場で経験を積んできた人の場合にはかなり優遇されます。

近年では経理や会計のシステム導入も進められているため、新規業務システムの導入を現場で経験している人も重宝されています。

もし管理職候補での採用ならマネジメント経験があることもほぼ必須です。

30代経理は転職するまでにどの経験を重視すべき?

経理職の現場経験にも様々な種類があります。

決算、財務、税務、管理会計というのが主な業務で、大手企業の場合には担当業務が決まっていて分業されていることも少なくありません。

30代での転職を考えている場合には実務経験としてほぼ必須なのが決算業務です。

どの企業でも決算業務は年に一回から四回必要になり、その直前は繁忙期になります。そこで的確かつ正確に業務をこなしていけるスキルがあることは採用の可否を分ける大きなポイントです。

残りの三つについては必ずしも経験していなくても採用してくれる企業が見つかる可能性があります。

むしろ、この三つの中で強みとしてアピールできるポイントがあるかどうかが高待遇で優良企業に採用してもらえるかどうかを決める可能性が高いので注意が必要です。

30代の経理職採用では即戦力を選ぶのが基本なので、現場で手薄になっている業務をカバーできるようにする目的で求人を出しているケースが多くなっています。

そのニーズに合った経験を十分に積んでいる人が採用されることになるのです。

この前提の下でどれを重視すべきかと考えたら財務か管理会計です。

税務が不要というわけではないですが、大手企業になると顧問税理士の契約を結んでいることが増えているため、税理のプロフェッショナルは必ずしも採用しなくても良いと考える傾向があります。

それに比べると財務や管理会計の経験の方が求められるケースが多いことから、決算の次に選ぶならこの二つのどちらか、あるいは両方にしておくのが賢明な判断です。

30代経理が転職でキャリアアップを狙う場合、大企業と中小企業・ベンチャー企業のどれがいい?

転職でキャリアアップしたいと考えたときに重要なのが、転職先として大企業、中小企業、ベンチャー企業のどれを選ぶかです。

必ずしもどれが最も優れていると言うことはできないので、それぞれにどんなメリットがあるのかを確認して自分なりに選べるようにしておきましょう。

大企業の良い点

大企業を転職先として選ぶメリットは事業が安定していて給与水準も高く、福利厚生も充実していることがまず挙げられます。

また、経理システムが導入されていて数年間は運用されてきた実績がある場合がほとんどです。

各種業務をシステム上で連携しやすい形が整っていて、手際良く必要業務をこなしていくことができるでしょう。

上場企業なら四半期決算なので繁忙期と閑散期の差が激しくないという点も魅力になります。

キャリアアップという観点から優れているのは各種監査対応をしたり、海外の会計基準に則った業務経験ができたりする可能性があることで、他の経理職と経験面で差別化できるようになることです。

また、自社だけでなく関連子会社の経理にも対応することで連結決算なども含めた幅広い経験を詰める可能性があります。

これは中小企業やベンチャー企業では経験するのが難しいことなので大企業だからこそのメリットです。

中小企業の良い点

中小企業の経理職を選ぶメリットは、経理部門が担当する様々な業務を一通り経験できることです。

大企業の場合には経理業務について考えると分担制になっていることが多く、特定の業務に特化してしまう傾向があります。

しかし、中小企業では経理職の人数が限られていて、誰もがどの業務もこなせるようにするのが一般的です。

財務や管理会計、税務なども掌握していなければならない場合がほとんどで、経理職として経験しておくと役に立つ業務を幅広く担当できます。

また、人数が少ないので経理主任に速やかにキャリアアップできる可能性があり、特に大企業で働いてきた人の場合には管理職候補として採用してもらえるケースも少なくありません。

社内で昇進を目指すことも、多様な業務経験を積んだことを生かして転職でキャリアアップをすることもできるのは中小企業だからこその魅力です。

ベンチャー企業の良い点

30代経理がベンチャー企業に転職してキャリアアップを狙うときには、どの企業を選ぶかによって受けられるメリットにも大きな違いがあります。

スタートアップベンチャーに転職した場合には経理フローを一から作り上げることができるのが魅力です。

その構築経験はどんな現場でも役に立ち、コンサルタントとして働くにも十分なキャリアになります。

一方、上場を目指す段階に入っているベンチャー企業に転職した場合にはIPOに向けた経理体制の整備が求められるのが通例です。

それまでずさんに管理されてきたものを立て直す苦労こそあるものの、成功した暁には上場企業で働けるようになるメリットがあります。

また、CFOに昇進できるケースも多く、安定した職場で管理職として働けるようになると期待できるのも魅力です。

成長段階やスタートアップからようやく売り上げを出したようなベンチャー企業でも人件費を削減する目的で経理職が他の仕事も兼任するのが通例です。

人事や総務などの様々なバックオフィスの業務を経験できるため、将来的には企業内での昇進だけでなく、他企業で管理職として採用してもらえる可能性も高まります。

30代経理が転職する場合はしっかりと計画を立ててキャリアアップを狙おう!

30代になった経理職の中途採用では即戦力を選ぶのが基本なので、企業のニーズに合った経験を積んでいる状況でなければなりません。

いつどんな企業でどの業務を担当するために転職するかをよく考え、必要な経験を積んだ上で転職するのが大切です。

キャリアアップの計画を早期に立てておくと理想的なキャリアパスを歩めるようになるでしょう。

キャリアアップを目指す転職においては転職エージェントの利用は必須です。

どのような企業でどのような経験が積めるのか、どのようなキャリアパスがあるのかしっかり確認したうえで転職を決めるようにしましょう。

経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。