一般企業の経理から会計事務所への転職 経理経験は評価されるのか?

一般企業の経理から会計事務所に移る方は多くいます。

より専門性を求めて、もしくは将来資格を取得し独立を考える方など、その動機は様々ですが問題は会計事務所側がどういう人材を必要としているかということです。

当たり前ですが会計事務所側のニーズに合わないと採用されません。今回は一般企業の経理からどうやって会計事務所に転職したら良いか解説します。

会計事務所と一般企業経理のちがい

前置きとして、大手企業と中小企業でその業務内容に差があるように、会計事務所にも規模によって差はあります。その中でも比較的数の多い中小規模の会計事務所に焦点を当てて解説します。

まずは会計事務所職員が一日どういう動きで仕事をするか見ましょう。

会計事務所職員のスケジュール例
9:00〜10:00 メール確認
スケジュール確認
担当顧客の電話応対
10:00〜12:00 担当顧客の月次監査訪問
決算の打ち合わせ
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜15:00 担当顧客の月次監査訪問
決算の打ち合わせ
15:00〜16:30 事務所で月次入力
給与計算
申告書類の作成
16:30〜18:00 翌日の予定確認
翌日回る担当顧客へ提出する書類の作成

いわゆる閑散期ではこのような形で動くことが多いです。ここで中小会計事務所の特徴について言うと

・外回りが多い(特に男性)
・月次処理から決算まで一人完結の場合が多い
この2点になります。一般企業の経理と違うところはやはり外回りが多いという点でしょうか。会計事務所と言えば室内にこもって作業しているイメージがありそうですが、意外と外で仕事するということが多いです。
※新型コロナウイルス以降、出かけていくことももちろん多いのですが、リモートでのコンサルティング機会も増えました。

完全分業制の事務所もありますが、基本的には中小規模の会計事務所であれば担当顧客に関する処理は全て自分で行うことが多いです。

特に新人のうちは覚えるためにも多くのことを指導等を受けながら一人でやることになるでしょう。

また、繁忙期に入ると年末調整、個人の確定申告、償却資産税の申告などいつもの処理と並行してすべき仕事も入ってくるのでさらに忙しくなります。

会計事務所で必要とされる能力

上記の会計事務所と経理の違いとして特に大事とされる能力は折衝能力です。

顧客との会話、特に中小企業が多いのであれば社長と話す機会がたくさん出てきます。その時に戸惑わないように普段から折衝能力は磨いておくと良いでしょう。また、時にはプレゼンテーションの能力も必要になるケースもあります。
もっとも、通常は単にヒアリング

月に一度顧客の所へ足を運ぶ際(近年はリモート面談)、現状の確認や税務相談、今後の動向など話します。

社長や経理部長と話をする際にきちんと事前準備をしていかないと顧客の知りたい情報が出ず、関係悪化に繋がります。そのため前もって最新の財務内容を頭に入れて、顧客に説明できるよう資料を作っておく必要があります。

経理職の人が会計事務所に転職するためにするべき2つのこと

上記でも挙げた折衝能力とプレゼンテーション能力は、あれば仕事をする上で円滑になる能力になります。

次は転職をしようとしたときに予めしておいた方が良いことについて説明します。中には当たり前だと思うようなこともありますが、実際それが大切で現状できない人も多いです。今一度確認してみてください。

・簿記二級程度の知識(最低限であり年齢・希望転職先によっては税理士科目合格以上が求められるケースも多くあります)
・転職活動時期を考慮
転職に向けて準備することはたった2つだけです。採用されてから準備することはたくさんありますが、採用に至るまでにはこの2つをしっかり意識しておけば問題ありません。

まず簿記二級程度の知識ですが、事務所によっては筆記試験をするところもありますのでそれに向けての勉強です。

具体的には給料に関する仕訳、減価償却やリース取引、消費税に関する仕訳は完璧にしておきましょう。

次に転職活動の時期についてですが、一般的に会計事務所は12月~5月は繁忙期です。そのためその時期に転職もできなくもないですが、入ったところで中は忙しくゆっくり教育などしている暇がありません。

どのような会計事務所に転職するのかにもよりますが、まずは仕事を落ち着いて覚えるためにも繁忙期を避けた6月以降あたりが入社時期のベストなタイミングと言えます。

6月に入社するためには、本当の意味での繁忙時期に突入する前段階の1月や2月あたりに面接を受けておくと良いと一つ考えられます。この時期は求人も増えます。

あるいは、5月、6月に入ったらすぐに動けるように転職エージェントサイト等に登録して準備だけ整えておくというのも手です。

事業会社経理から会計事務所への転職であればMS-Japanの利用が一般的にはおすすめなのですが、背景としては、同社が事業会社の経理と税理士事務所の転職支援双方に強く詳しいことが理由としてあげられ、事業会社経理の経験が具体的にどう会計事務所で活かせるかを視野に入れながら転職を検討することが可能なので登録しておきたいです。

ただし、どちらかと言えば税理士資格者向き(科目含)なので、もし簿記2級レベルであれば最速転職HUPROの利用も合わせて検討しておきましょう。この辺りのエージェントに関する事項は話が長くなりそうなので別途後ほど詳しく書くので興味のある方は後ろの方で確認ください。

ただ、昨今会計事務所側も人手不足が続いているという点と社内の教育体制の強化(繁忙期であろうとなかろうと体制が整っているから安心)、採用するにあたり税理士資格者でなくても構わないという路線に切り替わっており、この転職の時期という点はそれほど意識しなくても大丈夫ではないかと考えられます。

なので、転職したいと思うタイミングがあるようであれば、その時に動き出しても問題無いかと思います。

なお、エージェントに登録したからといって転職を急かされることはなく、転職時期を見た転職活動スケジュールを提案してもらえるので、安心できるかと思います。

いずれにせよ、会計業界は今、売り手市場と言われており、転職するには最適な状況です。準備をきちんとすることで良い転職ができるはずです。まずは今回お話しした内容を十分に理解するところから始めてください。きっと今よりステップアップできるはずです。

また、企業の経理から会計事務所への転職を検討されている方は、下記の記事も参考にしてみてください。
企業での経理経験がどのように会計事務所で活かされるのか具体的に解説しています。

会計事務所への転職は事務所選びが難しい

本記事では一般的な中小会計事務所へ転職した際の仕事内容やポイントを中心に紹介させていただきましたが、会計事務所は全国に3万事務所存在しており、やっている業務も経験できる業務も大きく異なります。

一見するとどこの会計事務所も似たようなことをやっているように感じるかと思いますが、事務所ごとにクライアントの特性や規模が違ったりするため、仕事内容はもちろんのこと身につくスキル、待遇も大きく変わってきます。

そのため、転職する際には会計事務所選びがとても重要です。

会計事務所の情報というのはなかなかとり難いので、経理から会計事務所へと転職される際には、必ず会計事務所業界に詳しい転職エージェントを使ってください。

また、会計事務所のみならず、経理の転職にも詳しいエージェントを活用することで、あなたが持っている経験・スキルに対して合致する会計事務所の求人の紹介が受けられるでしょう。

会計事務所・企業の経理の双方に詳しい転職エージェントの紹介

MS-Japan
税理士・会計事務所業界の転職に精通した東証プライム上場企業の転職エージェントのMS-Japan

税理士法人・会計事務所への転職はもちろん、事業会社の経理や財務部門にも強く、双方の事情をよく知っている転職会社です。
とにかく求人数が豊富で、会計事務所や経理の保有求人数という点ではトップクラスでしょう。
非公開求人もたくさん扱っており、幅広い求人の中から最適な転職先を選びたいという方におすすめです。
中小規模の会計事務所のみならずBig4税理士法人やその他大手税理士法人へと転職したいケース等においてもしっかりアドバイス頂けるのでおすすめです。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断が行えます。

10,000件以上のデータに基づいた解析を行っており、
簿記2級程度の知識で経験の浅い方でも転職できる求人先から公認会計士や税理士等のプロフェッショナル向けの求人先まであなたにピッタリマッチした転職先を膨大なデータとAIを活用して素早く提案してもらうことができます。
有給消化率や残業時間に関するデータも踏まえているので、「仕事と自分の時間の両立」を重視している方にもおすすめです。

一般の転職エージェントの場合、大量に求人が送られてきて求人選びに困ってしまうというケースもあるかと思いますが、
こちらの転職サービスではAIと膨大なデータを活用して最適な求人の提案が受けられるので、転職にかかる手間も大きく削減できます。

サービスに登録することで、本来エージェントに相談しないと得られないような求人先の深い情報等が見れるため、
かなりおすすめの転職サービスです。

AIによる転職診断だけではなく、
多くの経理や会計人材の転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができるので、転職相談を重視したい方にもおすすめです。

テクノロジーと人の双方の良い部分を活かした転職サービスとなっており、会計業界での転職においてはかなり実績が高いのでこの機会に是非利用してみてください。

Rex
レックスアドバイザーズ

会計事務所の転職に強く、各会計事務所の情報や違い等に関する情報提供力は高いと言えるでしょう。
もちろん経理の転職支援も行っているので、事業会社経理から会計事務所へ転職する際の注意点、メリット、デメリットなど多方面からのアドバイスがもらえます。

とはいえ、利用に際して税理士試験勉強を行っているあるいは最低限簿記2級以上は取得しておきたいです。

また、事業会社への転職にはそこまで強くないので、会計事務所と経理双方を転職先として検討している場合は別途企業経理にも強いエージェントも合わせて利用しておきましょう。

ジャスネットキャリア
税理士・税務会計スタッフの転職に強く転職相談に評判のあるエージェントのジャスネットキャリア
税理士・公認会計士をはじめとする会計のプロフェッショナルの転職支援と一般企業で働く経理の転職に特化しているエージェントです。
会計事務所・一般企業のどちらの転職にも精通しており、一人ひとりの経験と希望に合わせた最適な求人先の提案が受けられるでしょう。

どちらかと言えば中堅から大手会計事務所に強い傾向があるので、中小規模の会計事務所への転職を考えるケースではやや不向きです。

こちらの転職エージェントの場合、経験の浅い方向けというよりは、経理や会計事務所での実務経験が3年以上ある方向けになりますので、どこかしらで3年以上の勤務経験がある方におすすめです。

doda
税理士の利用者も増えている総合型の転職エージェントのdoda
総合型の転職エージェントです。会計事務所や経理の転職に特化したサービスがあるわけではありませんが、会計業界への転職実績も増えています。
こちらのエージェントに求人依頼している会計事務所は、中堅から大手の会計事務所が多いため、
ある程度規模の大きな先へと転職したい場合等に利用する分には良いかと思います。
ただ、会計業界に詳しいわけでは無いので、情報収集や相談を重視したいということであれば、
先に紹介しているMSさんなどを利用するのが無難でしょう。

以下の記事でも会計事務所と経理の転職に詳しい転職エージェントについても紹介しておりますので、こちらもご参考ください。
最近は会計事務所の転職支援を行っている転職会社も増えておりますので、いろいろ見比べてみると良いでしょう。

税理士の転職サイト・エージェントを紹介!

忙しい税理士のためのAI転職診断!<PR>

最速転職HUPROのAIを活用した最速転職診断なら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート! 税理士資格や簿記、税務・会計スキルを活かした転職先を効率的に見つけましょう。※会員登録(無料)後に転職診断機能等が利用できます。
ABOUT US
Avatar photo
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。 執筆者・監修者・編集者情報へ