中小規模の会計事務所から大手会計事務所・税理士法人に転職する際の不安

中小規模の会計事務所に勤務する税理士や会計事務所スタッフの方から、大手税理士法人へと転職したいが不安があるという相談を受けることがあります。
不安の内容としては、大手税理士法人ではクライアント規模が上場企業等の大手が中心だが、現在勤めている会計事務所の顧問先はほとんどが中小・零細企業であり、大手税理士法人に転職した際の業務イメージが持てず不安であるという内容です。

中小規模の会計事務所に勤務する方も一度は大手上場企業等の税務をやってみたいと感じることがあるようで、スキルアップを目的として大手会計事務所への転職を検討するケースはあり、よくある悩みの一つです。

結論から言うと、現在の転職市況であれば転職すること自体は可能で、業務も慣れは必要ですが最近の傾向を見ていると業務自体には問題なく入っていけるのではないかと想定されます。

お察しの通り、大手税理士法人のクライアントは大手企業が中心で、中小企業の税務業務とは進め方が大きく異なります。
大手企業の中でも拡大路線をとっている企業と守りを固めに入っている企業とでは当然ながら求められるものも変わってくることもあり、
担当する企業それぞれのフェーズごとでプロジェクトの規模・内容も異なります。
そのため、大変ではありますがスキルアップはできるかと思います。

ただ、大手税理士法人のクライアントはなにも大手上場企業だけではなく、成長中の中小企業もいくつかクライアントを抱えています。
中小規模のクライアントしか担当したことのない税理士や会計事務所スタッフが転職してきた場合、
こうした中小規模のクライアントの仕事をやってもらいつつ、徐々に大手企業の業務にも慣れてもらうというように段階をふんでステップアップしていける事務所も多くあります。
そのため、キャッチアップしていくのは大変かもしれませんが、不安に感じる必要なく、やる気があればなんとかなります。

実際に大手税理士法人に勤務する税理士の方の中には、元々中小企業の担当しかしたことがなく不安だったという方も多いのですが、徐々に慣れて活躍している方もたくさんいます。

そのため、思い切ってチャレンジしてみるのが良いかと思います。
幸いにも現在の転職市況は良好で、新たなことにチャレンジするにはとても良い状況です。

ただ注意点として、大手税理士法人のすべてがこのような対応をしているわけではありませんので、どの会計事務所に転職するのが良いのかは見極めが必要です。

例えば【MS-Japan】のような昔から会計事務所への転職支援を行っているような転職支援会社に相談してみるのも良いでしょう。

彼らは会計事務所の仕事内容からその内情にまで精通しているため、あなたの悩み・不安に応じた最適な会計事務所を提案してくれるのではないかと思います。
今回のケースでは大手税理士法人への転職となりますので、それほど転職先候補として選択肢が豊富にあるわけではありませんが、大手企業の税務を経験したいということであれば何も大手税理士法人だけが転職先の候補ではありません。少数精鋭でレベルの高い業務を行っているような会計事務所もありますので、【MS-Japan】のような会計事務所に詳しい転職エージェントに相談してみることで思いもしなかった転職先に出会える可能性はあります。

転職エージェントを活用しないケースにおいても、なるべく知人等を通じて情報収集は行っておくことをお勧めします。

会計事務所の転職エージェントに興味のある方は、以下の記事でも解説しておりますので、興味がありましたらご覧ください。

税理士の転職サイト・エージェントを紹介!

忙しいあなたのための最速転職診断!

最速転職HUPROのAIを活用した最速転職診断なら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート! 税理士資格や簿記、税務・会計スキルを活かした転職先を効率的に見つけましょう。会員登録(無料)後転職診断機能等が利用できます。

ABOUT US

株式会社インテグラルベース 士業Job運営事務局編集部
会計士・税理士等の士業の転職支援に精通したメンバーが執筆・監修しています。また、記事は内容によって公認会計士資格者・税理士資格者等の国家資格者や監査法人・会計事務所での勤務経験のあるメンバー等に執筆・監修をお願いしています。 一般的な職種の転職とは異なり、各資格ごと、各士業事務所ごとで転職事情やキャリアパス、志向性が大きく異なっており、士業が事業会社の経理や人事等の管理部門への転職を希望されるケースも多いことから、士業事務所領域だけでなく幅広い視点でのキャリアについての解説を行っています。
執筆者・運営者情報詳細を見る