公認会計士が代表の会計事務所と税理士が代表の会計事務所とで何か違いはありますか?どちらに転職すべきですか?

会計事務所の転職お役立ち情報

公認会計士が代表を務める会計事務所と税理士が代表を務める会計事務所とでは事務所の運営方針に違いがあることが多いです。
あくまで傾向の話であり絶対にこうであるということではないということを先にお断りしておきますが、
公認会計士が代表を務める会計事務所の方がサービスラインが幅広い傾向にあり、事務所規模も大きい傾向にあります。
一方税理士が代表を務める会計事務所はどちらかと言えば職人的な感じで業務をしている傾向が強く、
1つの分野を掘り下げてサービスを提供し規模も小さいところが大半です。

まず、公認会計士の場合、財務・会計のプロフェッショナルスキルを活かして、幅広く経営分析ができる能力が身についているため、単純な記帳や申告業務のみならず、
企業が抱える経営課題の分析から始まり、内部統制やM&A・組織再編・企業再生など幅広いフィールドで企業にサービス提供を行っているところが多くあります。
こうなると、中小規模のクライアントからそれなりに大きな規模のクライアントまで抱えることができるため、自然と事務所の規模も大きくなっていくことが多くなります。

そのため、幅広い業務を経験したいというケースや横断的に企業のコンサルティング業務に関わりたいというケースでは公認会計士が代表を務める会計事務所へと転職した方が面白い業務が経験できる可能性が高いかもしれません。

次に税理士が代表の会計事務所の場合、一般的な記帳業務から始まり、通常の申告業務しかやっていない会計事務所が多い点や、
資産税・国際税務等一つの分野に特化した会計事務所が多くなっており、一つの分野を掘り下げて極めて行きたいケースでは相性が合いやすいでしょう。
税理士の独占業務に頼ったビジネスを展開する傾向が強い傾向にあります。
どちらかと言えば税理士の方が職人気質の方が多く、会計士はビジネスよりの思考をする方が多い傾向にあるので、あなた自身がどのような気質なのかというところも考えてみても良いかも知れません。

ただ、冒頭にも記載しましたが、上記に記載した事項はあくまでどちらかと言えばという傾向であり、全ての会計事務所がこのようなわけではありません。
会計士が一般的な会計事務所の業務である記帳代行や申告業務を中心にサービス展開していることもありますし、
税理士がハイレベルなコンサルティングサービスを展開する会計事務所を運営していることもあります。

もし興味のある会計事務所があるのであれば、HP等から業務内容を確認してみたり、どのようなルートで業務案件が入ってくるのかなど確認すると良いでしょう。
HPが充実していない会計事務所も残念ながら多いため、なかなか情報がとり難くて困っているという方は転職エージェント等から情報収集してみても良いかと思います。

転職やキャリアに関する情報収集したいということであれば転職エージェント等に相談してみるのも良いかと思いますので、転職が頭をよぎっている方は以下の記事等も参考にしてみてください。

税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介!

2019年1月6日

会計事務所に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

2018年9月28日

公認会計士におすすめの転職エージェントは?転職先ごとにエージェントを使い分けよう

2018年9月9日