経理の仕事はAIやRPAの普及でなくなる?経理の転職と将来性について

仕事の効率を上げる為に、AIやRPAを導入する企業も増えてきています。

このままでは経理の仕事も人間が行う必要がなくなるかもしれません。

そこで、経理の転職や将来性について紹介します。今から考えておく事が必要なのです。

AIとは何?

AIというのは、「Artificial intelligence」の略で、人工知能という名前の方が馴染みが多いという人もいるでしょう。

AIはビックデータをベースにして、言語の理解や問題に対する解決方法を自ら判断して実行する事ができます。与えられた物事に対する理解を深め人間と同じように考える事も可能なので、これまでのように人間が全てを操作する必要はありません。

AIは自らの意思で何かをするというのではありませんが、他のシステムと連携して物事を行う事ができます。

例えば、顧客からメールなどがきた場合にはAIは自分で判断をしてRPAなどに指示を出す事ができます。

これまで人間が行ってきた業務に関する事を、AIは与えられたプログラムに沿って自ら計算して最良の方法で処理をしていく事ができるのです。

RPAとは何?

RPAというのは、「Robotic Process Automatic」の略で、認知技術を活用した事務効率に秀でたツールです。

自ら判断したり考えたりという事はありませんが、人間が与えたルールや判断基準をただひたすらに覚えて、自動的に繰り返し行うという仕組みになっています。

例えば、見積書の作成などを人間があらかじめプログラムしておくと、後は同じ事を速く正確に繰り返し行ってくれるのです。

つまり、これまで人間が行ってきた手作業での単調な作業を効率よく行ってくれるツールなのです。

RPAとは事務や管理の業務に関して、人間だと時間がかかってしまう作業をバックアップしてくれて、仕事を能動的にこなす為のアシストをしてくれる存在なのです。

また、特別な知識がなくてもプログラムを行えるので、業務ごとに導入する事も可能です。

経理の仕事はAIやRPAで出来てしまう!?

経理の仕事は、効率を考えればAIやRPAにもできてしまいます。

経理の仕事は効率を考えて、これからますますシステム化されていく可能性があります。

経費の算出や仕訳作業がシステム化されれば、その膨大過ぎるデータを人間が処理するには時間がかかってしまいます。

AIなら人間が数時間かかる計算も数秒で終えてしまいますので、企業としては明らかにAIを活用する事を検討するでしょう。

AIは自ら判断し作業を行う事が可能なだけではなく、その事を自らの意思で計算しまとめRPAに指示を出す事もできるのです。

AIとRPAが連携する事により、更なる効率が期待されます。

また、AIは業務を効率的に行うというだけではなく、ミスの防止も行ってくれます。

AIは自ら考える事ができるので内容を素早く検索し、ミスがあれば修正してくれます。人間ならばうっかりミスをして会社に大損害を与える事があるかもしれませんが、AIならミスなく行う事ができます。

またそのAIの指示により動いているRPAも同じようにミスがありません。

企業が経理にAIやRPAを使いたいと考えるのはこうした正確性にも関係しているのです。

この経理の仕事はAIやRPAでは出来ない!優秀な経理になるためにはここを意識!

全ての経理業務をAIやRPAが行えるのかというと、そうではありません。

企業が経理に求めているのは数字に対しての正確性です。利益や損失に対する正確な算出は、経営を大きく左右します。

ですが、企業が求めているのは正確性だけではないのです。

企業にとって赤字というのはマイナスだと考えがちですよね。ですが、赤字には良い赤字というのも存在するのです。

例えば、新しい事業の為に先行投資をする事は、企業にとって一時的なマイナスにはなっても将来的にはプラスになります。

AIやRPAは効率を上げてはくれますが、こうした将来的な利益に対しての考え方はマスターしていません。

企業の将来を考えて、今はたとえ損害を出しても後の利益を優先する事ができるのは人間だからできるのです。

また、黒字に関する計算もAIやRPAにとっては単純な結論でしかありません。

黒字には良い黒字もありますが、悪い黒字というものもあるのです。

例えば、黒字にする為に開発費や人員を削ったり、資産を売却して出した利益は決して良い黒字とは言えません。

ですが、こうした利益もAIからすると同じ黒字なのです。いくらAIやRPAが発達してもこうした細かい計算まではできません。

人間だからこそ、経理の面から会社が良い黒字を出しているのか、それとも悪い黒字を出しているのか判断する事ができるのです。

こうした判断ができなくては、企業の成長は成り立ちません。一見万能だと思われるAIやRPAにもできない事はあるのです。

これからの経理はAI時代を意識してAIを使う人になろう!

これからの時代、ますますAIを活用する企業が増えていく事でしょう。

効率を考えるなら、経理職の人材がAIを使いこなす事が必要になってきます。

AIによる正確性と分析力を活用する事で、これまで以上に戦略的な経理を目指す事ができるのです。

これまでと同じ単調な業務でもAIを使いこなせば、これまでよりもスピードを上げる事もできますし、人間によるミスもありません。

AIはパターン化する事により、様々な業務をこなす事ができるのが最大のメリットとも言えます。

面倒な仕訳作業もパターン化する事により、AIはすぐに学習してしまいます。

AIを使いこなすという事は、これまでのように1人で膨大なデータ量をチェックする事もしなくて済みますし、時間に余裕を持つ事ができる事により、肉体的にも精神的にも楽に仕事をする事ができます。

AIを活用する事により、経理の仕事は格段に変わってくるのです。

そこで必要になるのがAIのスキルを身に付けるという事です。いくら経理のスキルが高くてもAIに関するスキルがなくては使いこなす事はできません。

AIだからといって最初から何でもできるという訳ではないのです。

最初はやはり人間がAIに必要な事を教えなくてはなりません。

経理についての詳しいデータをAIに教える事ができるのは、やはり専門の知識を持つ経理職の人だけです。

そして、AIのスキルを身に付ける事は将来へのステップアップにも繋がります。

これからの時代はAIを経理に活用する事を想定して、経理を学ぶ時にはAIの勉強も同時に行う事が大切になってきます。

経理の転職や将来性を考えるならAIに使われる人じゃなく使う人になろう!

将来的には効率を上げる為にAIを活用する企業は更に増える事が想定されます。

経理への転職や将来性を考えているなら、AIに使われるのではなくAIを使う人になるという事が大切なのです。

ただAIが算出したデータを確認するだけではなく、AIに業務を任せる一方で空いた時間を他の業務に当てるなど有効的に使う事を意識しましょう。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»