人事経験者が大手企業への転職を実現するためのポイントは?

人事・総務・法務の転職お役立ち情報

人事経験者の方が大手企業へ転職するには、資格を取得して自分の能力をアピールしたり過去の経験を分かりやすく伝える工夫を考えることが重要です。

ここでは大手企業の人事職へ移る際の流れやポイントを紹介していきます。

人事の業務は大手企業と中小企業・ベンチャー企業でどう違う?

人事の仕事といっても大手企業とベンチャー企業では、仕事内容が違っていくものです。

大手で働く場合は、一つの業務に特化した人事管理の仕事を進めていくのが普通です。

中途採用を専門に扱う人事部署に配属された場合には、数年間に渡り中途採用への応募者に対して、面談や選考などの採用業務を営んでいくことになります。

ルーティンワークになりがちな大手企業の人事業務ですが、一部の業務に特化していく形になりますので、高い専門性を身につけることができるメリットもあります。

ベンチャー企業で働く場合には、大手企業とは違い中途採用などの一部業務に限定されるのではなく、経営に関係する広範な業務に携わることを可能にします。

面接での採用業務だけではなく、採用後の社員の就業管理などの人事に関する業務全般に関わることを可能にするのがベンチャー企業で人事として働くことのメリットになります。

ベンチャー企業の場合は、将来的に規模が拡大して大きな企業へと変貌する可能性もあります。

立ち上げ当初に人事職として入社しておけば、自社が規模拡大して大企業になった際には要職につける可能性もあります。

人事経験者で大手企業に向いている人の特徴はこの3つ!

人事経験がある方で大手企業への転職を考える方も、自分のキャリアが大手企業で通用するかが気になる方も多いでしょう。

大手企業での人事業務が向いている人の特徴は、主に以下の3つになっていきます。

ルーティンワークに飽きずかつ臨機応変に対応できる人

大手企業の場合は、人事部の仕事も細分化され、1つの業務を長きに渡り続ける必要があるものです。

新卒採用の仕事に従事した場合には、数年間に渡り就活者に対する内定業務に携わっていく形になるでしょう。

同じ業務内容を継続する傾向がありますので、慣れてしまうと楽な面もありますが、変化の無い単調さを感じる方がいるのも事実ではあります。

大手企業で人事業務を営む方は、ルーティンワークに飽きないタイプの方が良いでしょう。

同じ業務の連続とはいっても、人を相手にする業務ですから、相手によって対応は変わっていきます。

気遣いができ、臨機応変な対処ができることも大切です。

企業が求める成果を求めていける人

大手企業で働く場合には、自分がやりたくないことにも関わる場合があるものです。

経営状況などの要因により、社員へ対して異動などの辞令を下すための人事考課など、自分が望まない業務に携わる場合もあるのです。

自分なりに思い描く人事のキャリアではなく、会社が求める人事の仕事を進めていかなくてはいけないのも、大企業で働く際には注意しておくべき点です。

チームワークを乱さずに再現性の高いパフォーマンスができる人

大手企業で人事として働く際には、チームワークを守ることも忘れてはいけません。

企業の一員として働く以上は、周りの動きを意識し、和を乱すことの無い働きが重要になります。

チームの目標を達成するために協調性を持って働くことができる人材を採用側は求めています。

人事経験者が大手企業に転職するために持っておくと有利になる資格はこの3つ!

人事経験者が大手企業に転職するには、キャリアだけではなく、人事関係の資格を持っておいたほうが良いものです。

人事関係の資格で大手企業への転職活動に有利になるものには、以下の3つが挙げられます。

人事総務検定

人事総務検定は、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催する人事業務に関する全般の知識の証明を行う試験になります。

人事に関する業務を法律的な観点から把握できる試験として、多くの方が受験しています。

試験の出題内容は、レベルにより3級から1級にまで分かれています。

人事に関する知識を証明する資格の登竜門的な位置付けの資格です。

社会保険労務士

社会保険労務士の仕事は、社会保険に関する書類の作成から給与計算など多岐に渡ります。

社会保険労務士の試験の内容は、労働保険と社会保険の2ジャンルから合計8科目出題されます。

社会保険労務士の資格を取得することで、大手企業への就職が有利になるだけではなく、将来は独立を視野に入れることも可能になります。

中小企業診断士

中小企業診断士の資格は、経営全般に関わることを目的にした資格です。

ただ、試験科目の中には労務に関する分野も出題されているため、中小企業診断士の資格を持っていることで、事に関する知識を保有していることが証明できます。

大手企業への人事部門への転職だけではなく、コンサルティングファームへの転職や独立を視野に入れた将来への道も選んでいくことが可能になります。

大手企業への転職を狙う人事経験者が過去の経験をアピールするには?例がこちら!

人事経験者の方が大手企業へ転職を考える際に、面接の席で過去のキャリアをアピールするにも事前の検討を済ませておかなくては相手に上手く伝えることが難しいのも実情です。

大手企業の中途採用を行う部署への就業を希望する方は、中小企業での人事のキャリアを活かしていくことを考えるかと思います。

求人広告の掲載から応募者を集い採用するまでの一連の流れを、大企業のなかでも実現できることを相手に上手くアピールすることが重要になります。

面接に挑む際には、自分の知識や能力面のポートフォリオを作成しておくことは勿論のこと、過去の人事業務の中で特筆すべき事項を事前にプレゼンテーション資料としてまとめておくのも良いでしょう。

短い面談時間のなかで、自分のアピールポイントを効率よく説明することが重要になります。

大手企業の人事の年収をチェック!平均より高い?

大手企業の人事部で働く場合には、規模や業種にもよりますが平均年収が高くなっている傾向が見られます。

大手企業の場合には、組織も複雑で多岐に渡る場合が珍しくなく、人事部が統括する範囲も広くなっていきがちです。

海外に支店があったりする場合には、英語などの外国語を使ったコミュニケーション能力を求められる場合も多いです。大手企業の人事職は、高い責任や能力を求められる分、高い給与をもらうことができるようになっています。

人事経験者が大手企業への転職を実現するためには資格を取得し過去の経験をアピールしよう!

人事経験者が大手で就業を考える際には、過去のキャリアを分かりやすく伝えるのは勿論、資格取得を事前に行っておくのも良いでしょう。

社会保険労務士などの人事系資格を取得することで、携わってきた人事業務のキャリアを自信を持ってアピールできるようになります。

大手企業側も、資格があることで労務に関する知識がある人材だと判断でき、採用しやすくなるからです。

人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

2020年5月31日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»