企業の法務に転職することは可能なのか~未経験者が有利に転職を進めるコツもご紹介

人事・総務・法務の転職お役立ち情報

企業の法務関係職へ転職を考えるにも、経験がない場合には、転職が難しいと考えてしまう方も多いことでしょう。

契約や取引関係に携わる重要な職務でもある法務部の仕事は、効率的な転職活動を進めていくことで、未経験の方であっても、転職を進めていくことは可能になるものです。

ここでは、法務職の内容と転職のコツを紹介します。

 

法務のお仕事について

企業における法務部門の役割は、大きく分けて4つに分かれています。日々の営業活動における契約や取引関係で用いる法務面の検討や、企業内部の法的なコンプライアンスの遵守、紛争が発生した場合の対処や、新しい組織を立ち上げる際の法的側面からの見解など、法務の方の仕事は多岐に渡っているものです。

事前に法務の内容を把握しておき、面接時に適切にアピールできるようにしておくのも、転職を成功させるためのコツになります。

契約・取引法務

企業が営業活動を進める場合には、様々な法的問題に遭遇していくものです。取引先と契約を交わす場合には、契約書類を作成するものですが、企業内に法律に詳しい人材がいないと、適切な書類かの判断を行うことができなくなっていくものです。

日々の営業活動を着実に進めるためには、契約関係の法務に詳しい人材が、企業内に必要となっていくのです。

コンプライアンス法務

コンプライアンス法務は、企業が不祥事を起こすことがないように、従業員に対して、それぞれ法令遵守の概念を指導していくことを意味します。法的な見地に従って、社員にたいして、何が良くて、何がだめなのかを指導していくのが、コンプライアンス法務の仕事です。

紛争対応法務

企業が営業活動を進める以上は、契約面などのトラブルが生じてしまうケースも多かったりするものです。企業の営業活動で生じたトラブルに対し、問題が大きくなっていく前に、早期に対処することが、法務に関わる人材には必要となっていくのです。

組織法務

企業の内部統制を進める際の法的規定や、子会社を新設する場合の法的面での検討など、社内の法律関係の専門家として、意見を述べていくことが、法務に関わる方には求められます。

企業の法務に転職するのは難しいのか

企業の法務に転職するに際しても、未経験の方の場合は、転職は難しいのではと考えるものです。未経験の方であっても、法律系の資格を取得したり、英語力などのコミュニケーション能力を高めていけば、法務系の経験がない方でも、企業の法務部門への転職は可能になっていきます。

未経験者歓迎の求人はあるが特別なスキル・知識がない人の転職は簡単ではない

企業の法務部への転職を考える際に多くの方は、過去の法律関係業務の経験を活かしての転職を考えるものです。企業活動の根幹を担う、重要な部署でもある、法務関係の仕事ですから、知識だけではなく、それなりな経験が必要になるのが普通です。

未経験の方が、企業の法務部への転職を進める場合には、大学時代などに法律関係の学部を出ていることが前提になるケースも珍しくはありません。法学部や、法科大学院などのロースクールで、法律を学んだ経験があれば、実務が未経験であったとしても、法務部で採用される可能性は高くなっていきます。

弁護士さんなどの特殊な人は転職の可能性が比較的高い

企業での法務経験がない方であっても、弁護士事務所などで、法律関係業務を経験している方の場合には、企業での法務の仕事へ転職できる可能性は高くなっていくものです。多くの事件や、裁判の経験があるなど、法律関係の特殊な経験がある方なら、企業法務へ採用される可能性も高くなっていくものです。

未経験の人はビジネス実務法務検定などの資格を取得しよう

法律関係の学部を出ているのでもなく、実務での法務経験が無い方であったとしても、法律関係の資格を取得することで、企業の法務部門への転職は可能になっていくものです。

法律関係の資格といえば、弁護士や司法書士などの国家資格をイメージしがちでもありますが、法律関係の初学者でも、気軽に受験することが可能な、ビジネス実務法務検定などの登竜門的な資格も存在しています。自分なりに予算や勉強にかける時間の検討を行い、様々な法律関係資格のなかから、取得しやすい資格を選んでいきましょう。

様々な人・状況でも対応できる高いコミュニケーション能力を身に着けよう

大手企業の法務部門では、社内だけではなく、取引先を含め、様々な年代や考えの方と対応していくことになります。どのようなタイプの方であっても、イメージを上手く伝えることができなくては、大手企業での法務は務まらないものです。様々な人や、状況であっても対応できる高いコミュニケーション能力を身に着けておくことが重要です。

海外との仕事ができるように英語力がある人は重宝される

海外との取引を頻繁に行っている大手企業では、英文での契約書類の作成や校正などの業務が必須になっていきます。営業活動の拠点として、海外に子会社を構える場合には、その国の風土や商慣習に応じた、法務面のアドバイスを進めることも要求されていくものです。

法律関係業務の経験が乏しい、未経験の方が、大手企業の法務部へ転職を進める場合には、法律関係の資格取得と同時に、英語でのコミュニケーション能力を高めるのも、転職を成功させるコツになっていきます。

法務職のやりがいってどんなこと

法務職への転職を考える方も、実際には、どのような業務を行っていくかイメージできない方も多いでしょう。法務職の仕事は、高いやりがいと、責任を持って挑める魅力的な仕事です。

会社を法的側面から守り、企業の安全な発展を目指すのが法務に携わる方の責務なのです。どのような部分にモチベーションを持って仕事を進めるかを事前に知っておくのも転職活動を成功させるためのコツです。

会社を不利な契約から守ることができる

企業における法務部の仕事は、会社の営利を守る重要な側面もあったりするものです。日々の営業活動で生じる契約面の諸問題を精査し、会社が不利な契約をすることが無いように進めるのも、企業の法務担当者の方の重要な責務になっていきます。

株主総会等の会社にとって重要なことに関われる

大手企業の場合には、日常的な法務問題の対応だけではなく、株主総会などへの対応が必要になる場合も多く、法務部門に携わる方が関わる業務範囲は広範になっていくものです。法律に関する社内の専門家として、企業内の法務部の仕事は多岐に渡っていくのです。

社内のトラブルを自分が解決することができる

企業が営業活動を進める際には、様々な問題も発生していくものです。従業員がトラブルを起こした際にも、会社に被害を与えることがないように、企業の法務部が、適切な対処を進める必要があるのです。

従業員が横領などの犯罪を起こしてしまった場合、会社の責任になってしまうと、自社のイメージが悪くなったり、取引先の信用を失ってしまうケースは珍しくはありません。法務部が適切な処置を施し、会社の営業活動を問題なく進めることができるように進めるのも、法務部の重要な責務になっていきます。

法務職に転職したい人に知ってほしいこと

法務に転職を考える方も、事前に面接で採用されるためのコツを知っておくほうが良いでしょう。自分を積極的にアピールしたり、転職エージェントを活用するなど、効率的に転職活動を進めることが重要です。

未経験者は志望動機に法務への関心・やる気を積極的にアピールしよう

企業の法務職へ転職を考える方も、経験がない場合には、積極的な姿勢をアピールすることが重要になるものです。法律業務における経験がない方は、面接の段階で相手に好印象を与えることができるように、論理的な文章を書いていったり、応募先の企業研究を進め、面接の際での好印象を勝ち取る努力をしておくことが大事です。

経験が乏しい分、自分のやる気と姿勢を相手に伝えていくことで、目指す企業への転職を実現させていきましょう。

転職エージェントを上手に活用して自分にあった企業へ入社しよう

未経験の方が法務部門への転職を成功させるコツとしては、転職サイトのエージェントを活用することも挙げられます。法律関係の資格を取得したり、英語力などのコミュニケーション能力を高めていっても、未経験の方だと、自分の力では、目指すべき企業への転職を実現するのが難しいケースも珍しくはありません。

経験豊かなエージェントの力を借りて、目指すべき企業への転職を実現させていくのも、未経験の方が法務への転職を成功させるためのコツになります。

高いコミュニケーション能力と法の知識が転職の鍵

企業の法務部門への転職を成功させるためには、高いコミュニケーション能力と、法律知識をアピールすることが重要です。未経験の方でも、法的な資格を取得することで、自身が保有する法律知識を証明することは可能です。

目指す企業への転職に強い、経験豊富なエージェントが在籍している転職サイトを活用し、目指す企業への転職のコツを掴むのも良いでしょう。

法務に強い転職サイト・転職エージェントは?

2019年9月18日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»