人事の人が異業種・異業界に転職する際のポイントは?

人事・総務・法務の転職お役立ち情報

人事職は労務や採用など業務内容に共通することが多く、その経験を活かせるため転職しやすい職種といわれています。

転職には、同じ業界なのか異業界なのか、そのまま人事職に就くか違う職種に就くか、という4つのケースがあります。

異業界の人事への転職希望者が持つべき心構えとは?

同じ業界の人事職に転職する方が、自分の経験を大きく生かせるのでもっとも心配が少ないです。

しかし、人事職で異業界の転職を希望するのなら、新しく転職したい業界でも自分の経験を活かすことができます。

自分が得てきた経験は大きな武器ですので、それを異業界での転職でも活すことができます。

ただ、異業界で働くというのは今までの経験だけでは乗り越えることは出来ないことが多いので注意が必要です。

業界には業界のルールや課題があり、今まで経験してきたことが当てはまらないということを意識したほうが良いです。

人事という職種は共通の業務が多いため、自分の経験を重視してしまい転職先で大きな失敗をしてしまうこともあります。自分の経験が邪魔しないように異業界の環境を素直に受け止めることが必要になります。

転職先を考える際には自分が思い描く姿と企業の求めているものがミスマッチしていないか、転職後のキャリアをより良いものにするためにも、その業界のリサーチをしておくことは必要です。

人事から異業種への転職を希望する人が意識すべきことは?

人事職から異業種へ転職したい理由として「結果を評価されたい」ということと「給与面アップ」があります。

待遇を改善したいという点で、キャリアチェンジは有効です。

人事から異業種へキャリアチェンジを考えているのなら、転職する前に社内でキャリアチェンジができるか相談してみるのも方法としてあります。社内でキャリアチェンジができれば、環境など変更はないというメリットがあります。

しかし、会社が認めてくれなければ、異業種に変更するために転職という道を進むことになります。

今までとは、仕事内容が大きく変化するので、異業種へ転職することを成功しやすくするためには「同業界での異業種への転職」です。

同業界内での転職なら、例え異業種でも自分の経験を活かすことも可能であり、その業界を熟知している点で即戦力を期待している企業側にもアピールすることが出来ます。

人事から異業種への転職する場合におすすめの職種はこちら!

人事から異業種への転職する場合、具体的になりたい職種がある場合は良いですが、複数の職種から自分の経験をどのように活かしたらよいか悩む方もいると思います。

同じ業界でも異業界でも、職種を変えるという事は大きな変化が必要になるからです。

人事職という経験を活すことができるおすすめの職種を紹介します。

広報

広報は、会社のことを社外にアピールする部門です。

人事を経験した方の中には広報も兼任してたという方もいます。

例えば人事職では採用募集を行うとき、会社の魅力を伝えることがまず必要なため広報の業務にもマッチするケースは多いです。

そして、社外と社内を結ぶ業務を行うことは、人事職で行っていた業務でもあるため、即戦力として期待される場合もあります。

営業

営業は会社の花形職種です。

結果が数字に表れるという点で、人事職では見えにくかった部分が明確になるので大きなモチベーションになります。

営業はノルマなどがありますがその達成に大きなやりがいを感じることが出来ます。

営業はまず、第一に交渉力が必要です。人事職で培われたコミュニケーション能力を営業でも活かすことが出来れば成功に繋がります。

人事コンサルタント

会社にとって優秀な人材を確保することは非常に大切なことであり、それを実行するためにはコンサルティング会社を利用する場合があります。

人事コンサルタントとはいわゆる人事のプロ中のプロということになります。

分野は多岐に渡り、人事制度に関することからグローバル人事戦略やM&Aにおいての組織統合、経営者や幹部の育成、タレントマネージメントなど数えきれません。

コンサルタントは企業のサポートという枠を超え、新たな価値を見出す立場でなければなりません。

転職するには、人事での経験以上に専門的な知識が必要になります。

即戦力が求められるので、現在の業務でコンサルタント経験などがあれば転職できる可能性は高くなります。

異業界に転職しそのまま人事職として働く場合は『業界によって人事面で抱えている課題が違う』ことに注意

異業界に転職した場合、共通している課題もあるが、異なった課題もあります。

IT系サービスや商社、メーカーといった大きく業界を分けても求める人材の採用は異なります。

例えば、IT業界に絞ってみてもWEBサービス系や、エンジニア系やPCメーカー系によって求める採用者も変わります。

人事をしていたので他の業種に転職してもほぼ業務内容が変わらないと思っていると、転職する際のアピール時や転職後に大きな間違いを起こしかねません。

同業界であれば、他社の噂などいろいろ耳に入ることもあり、転職する際にはその情報を元に検討することができますが、他業界であれば生きている情報を元に判断ができないといったデメリットがあります。

今までの人脈も異業界においては皆無となってしまう場合もあります。異業界に人事として転職を考えるときは、まず転職先の企業だけではなく業界全体のリサーチも大事です。

異業種・異職種に移ることは大きなキャリアチェンジ!勉強や努力を怠らないように!

転職において異業種・異職種に移ることは一番難しいといえます。

企業側も即戦力を求めていることが多いため、マッチするためにも転職前のリサーチは必ず必要になります。

人事として経験をしていたのに異業界、異職種に転職するという事はすべてゼロからスタートと思われるかもしれません。

ただ、人事職で培ってきたコミュニケーション力や企画力などの経験は転職する時にも転職した後でも大きなアドバンテージとなります。

もちろんすべて経験で乗り越えることはできませんので、異業界・異職種の世界で働くという事は新たな知識を取得しなくてはなりません。そのためには謙虚な姿勢で仕事を受け入れていくことが必要です。

今の職場や業界では納得できないことがあったり自分が挑戦したいことなどがあれば、異業界・異職種への転職という大きな転換をすることしか選択肢がないという方も多いでしょう。

そのためハードルは高いですが、やりがいがあると言えます。

人事職が異業種・異業界に転職する際のポイントをしっかり押さえてから転職活動をしよう!

転職はゴールではなくスタートになります。

まず転職する前に、人事職のキャリアと経験のストロングポイントを見極めることが必要です。

同業界・同職種での採用募集をする企業は多いですが、決して転職できないということはありません。

企業側も異業種・異業界からの人材を求めているケースも多いですので、よくリサーチをして転職に臨むことが大事です。

人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

2020年5月21日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»