人材紹介会社のコンサルタントから人事へ転職したい!

転職を行う際には、転職先の仕事内容をよく知ることと、転職をする前までに行っていた仕事を次の仕事に活かすことができるかどうかを知ることも重要です。本記事では人材紹介会社のコンサルタントから人事へ転職するケースを紹介します。

 

人事の役割や仕事内容を知ろう!

人材紹介会社のコンサルタントから人事に転職したいと考えている場合には、まず人事の仕事がどのようなものかを把握することが重要です。人事への転職に活かしましょう。

 

人事の役割はヒトを最大限活用すること

企業を経営していくうえでは、資金をはじめ、物資に情報、人材などといったあらゆる資源を最大限効率的に活用することになります。人材資源は、長期的な利益を見込むことができる資源です。ヒト資源を最大限活用することは大きな人事の役割です。

 

人事の仕事内容①:人材採用

人事の重要な仕事のひとつは人材の採用です。ただ穴埋めで人を採用するのではなく、現状を把握して必要となる人材を把握して、その人材を獲得するために、採用に至るまでにどのような採用試験を設けるのかも考えなければなりません。社内外にもかかわる大きな仕事といえるでしょう。

 

人事の仕事内容②:人事評価

多くの従業員が気にするのが人事評価です。昇給や昇任に影響します。従業員のモチベーションを向上させ、組織を適切な方向に導く人事評価は重要なものです。人事には人事評価という、重要な職務があります。

 

人事の仕事内容③:人材教育

人材教育も人事の仕事になります。人材が企業に貢献してもらえるように、能力を引き出し、向上させていくことは企業の成長につながります。

 

人事の仕事内容④:人事制度の企画や立案

人事評価や福利厚生など、人事制度を企画・立案するのも人事の仕事です。これらを明確に作ることによって従業員の作業効率が上がり、運営の安定化をはかることができます。

 

人事職に転職するメリットとデメリットは?

人事は企業にとって重要な役割を持つ部署で、やりがいもあるでしょう。しかし、知っておきたいデメリットもあります。ここからは、人事職に転職するメリットとデメリットを解説します。

 

メリット①:社員との関わりが深くなる

人事の仕事は、採用から評価、配属決定、制度の作成と幅広いものです。これらの仕事を行うためには、社員一人ひとりを把握する必要があります。そのため、人との関係が濃くなり、やりがいを感じるでしょう。

 

メリット②:企業の将来を担う仕事ができる

人事の大きな仕事のひとつが採用と教育です。特にこれからを担う若手社員を採用して、教育をしていけば、社員に対しての愛着も出てくるでしょう。そして、その社員が会社を引っ張っていく存在となれば、大きなやりがいになります。

 

メリット③:人事部は優秀社員の証でもある

人事部の仕事は、企業の将来にかかわる重要な仕事です。安易な考えで人材を配置することはできない部門であり、人事部へ配置されるということは企業に高く評価されていることの現れでもあります。企業によってはエースも配置することもあり、優秀社員の証といえます。

 

デメリット①:悩みを一人で抱えてしまうことがある

人事評価や人員配置では、本人の意向を反映できないこともあります。その決断を下す時に様々な悩みがありますが、業務上口外できないことも考えられます。それらの悩みを一人で抱え込んでしまう可能性があります。

 

デメリット②:人の見極めは大変な仕事である

人材評価の制度が定まっていたとしても、人が人を見極めることは非常に難しいことです。特に採用などでは、短い時間で判断を下す必要があります。正解かどうかの判断がつけにくい、かつ責任の重い仕事をすることがプレッシャーになる人もいます。

 

人材紹介会社のコンサルタントが人事への転職で活かせるスキルや経験

人材紹介会社のコンサルタントは人事にも活かせるスキルを持っています。さらに、以下で取り上げるスキルや経験を把握して、転職成功につなげましょう。

 

戦略を練るスキル

人事の仕事を行うには、従業員が能力を最大限に生かして企業運営を最適化することができるかを考えます。このような戦略の立案は、コンサルタントの求人企業との交渉スキルや求職者に対する将来を見越したキャリアアドバイス経験が役立ちます。

 

よい人材を選ぶスキル

人事の仕事を適切に行うためには、社員一人ひとりの能力や希望などを把握し、適切に人材を選ぶ能力が必要です。人材紹介会社のコンサルタントは様々な求職者と接し、交渉してきた経験があり、その中で培ってきたスキルを活かすことができるでしょう。

 

コミュニケーション能力

人事は多くの社員とコミュニケーションを図る必要があります。人材紹介会社のコンサルタントは、多くの求職者と求人企業とコミュニケーション・交渉するものなので、その経験を活かすことができます。

 

人事に転職するときのポイントとは?

最後に人事に転職するときのポイントを3つ紹介します。しっかりと理解して転職活動に活かしてください。

 

経験やスキルの棚卸し

まずは今までの経験やスキル、キャリアなどを改めて書き出し、どのような経験やスキルが人事の採用に役立つかを考えましょう。面接などで実際の経験を伝えることが役立つこともあるので、経験したことを深く掘り下げて書き出すとよいでしょう。

 

複数の方法で会社探しをする

転職を成功させている人の多くは、多くの転職手段を用意しています。ひとつの転職サイトだけを利用するのではなく、複数の求人サイト、人材紹介会社などを利用して、多面的に情報収集をすると、最も自分に適した会社をみつけることができます。

人材紹介会社で勤務されている方の場合、転職エージェントに関する知識も豊富かと思いますが、以下に人事におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しておりますので、参考にしていただけましたら幸いです。

人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

2018年10月8日

 

会社の将来性を調べる

転職するときは希望する会社の将来性も確認しましょう。給与や勤務時間、休日などに目が行きがちですが、長期的に働くならば企業研究をしっかりと行なってください。事業内容や業績などから将来性のある企業なのか、深く調べてみましょう。

 

人材紹介会社のコンサルタントから人事を目指すなら、スキルをアピールしていこう!

人事の仕事というものは、責任が重く重要な仕事です。さらに、優秀な人材が担当することが多いです。人材紹介会社のコンサルタントから人事への転職を目指すのならば、積極的にスキルと経験をアピールしていきましょう。

«前へ
次へ»