ベンチャー企業の人事へ転職する際に気をつけるべきことは?大手の人事との違いは?

人事・総務・法務の転職お役立ち情報

ベンチャー企業の人事へ転職すると職務範囲も広く、単に採用だけ労務だけといったように決まった仕事だけをやっていれば良いわけでは無く、様々な業務をやらなければならないから大変だよ、というようなことを聞いたことがあるのではないでしょうか?

確かに大手企業等と違い、会社組織そのものが日々変化しているので大変な側面もありますが、能力はかなり身につきます。

そこで、ベンチャー企業へ転職する際のポイントやどんなことに気を付けることが必要なのか、大手企業との違い等について簡単に説明いたします。

ベンチャー企業には人事部がないことも!?向上心が必要!

ベンチャー企業の中には、人事部がそもそもないという会社も少なくはありません。

採用を企業の代表が自ら行っているという場合もあります。もしかしたら、自分がその企業にとって、初めての人事担当になるなんてこともあります。

ベンチャー企業のように少数の人数しかいない組織だと、ほとんどの課題に人事が関わるという企業も多く存在します。

人事の責務は大きく、人事に関する実績が企業の経営に直結するケースが多くなります。

ベンチャーの人事というと採用業務というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、オフィス環境の整備や評価制度、教育、研修等様々なことに目を向けていく必要があるケースもありますので、なかなか思うようにはいかないこともあるでしょう。

ですが、自ら積極的に取り組んでいる姿勢を周囲に見せることで、評価を上げることに繋がっていくのです。

ベンチャー企業の場合、経営陣や従業員はかなり勉強熱心で、互いにスキルアップする姿に感化されている可能性もあるのです。

そうして成長を続けているというケースもあります。

ベンチャー企業への転職を考えているのなら、常に向上心を持つことが大切です。

ですが、どのように向上心をアピールするのが良いのでしょう。

それは、積極的に意見を述べることができるということです。

逆に言えば、自分の意見を言わず、言われたことだけをやっていたいのであれば、ベンチャー企業に向かないことが多いですし、自身の成長にも繋がりにくいです。

ベンチャー企業の人事は様々な業務範囲をカバーしなくてはならないがスキルアップも可能

ベンチャー企業の業務は上記で記載した通りマルチタスクが基本となっています。

マルチタスクというのは、複数のタスク(仕事)を同時に行う作業のことです。

人数が限られているベンチャー企業では、人事に限らず多岐にわたる業務をこなすために一人が複数の業務を掛け持ちすることもあります。
やらなくてはならない業務が増える上に、どの仕事も正確にこなさなくてはなりません。

そのことがストレスになるということも考えられます。

待遇が良かったり、魅力的な条件を提示されていたとしても、その忙しさから職場を離れるという人もいるのは事実です。

人事の仕事をあまり理解していない経営者の場合は、人事職の仕事がどこまでなのか分からず、労務管理や総務職との区別がつかないということもあります。

そのため、無理な仕事を頼まれるということもあるかもしれません。

人事の仕事もしつつ他の仕事までこなすとなると、かなりの重労働です。

そのため、無理な時には、ハッキリできないことを伝えることも重要です。

積極的に様々なタスクをこなす姿勢は必要なものの、仕事に対するラインを経営陣に主張することが出来ないのなら、ベンチャー企業への転職は考え直した方が良いのかもしれません。

大切なのは自分にできることを把握し、どこまでの業務を行うことができるのかを知っておく、話をすることとなります。

そうすることで、オーバーワークになることを防いでくれます。
また、組織構築していく上でも重要です。

多くの業務経験や組織を一から作っていく経験はとても魅力的な反面、過多になってしまうと潰れてしまうこともあるので、入社前だけでなく、入社後もしっかり相談することは重要です。

ただ、IPOを目指すベンチャー等では労務管理の重要性や組織人事の重要性も理解し整備を進めているので、意外と働きやすいということもあります。

転職に際して、面接などでどのような経営者なのか、どのような方針で組織構築しているのかしっかり見極めるのも重要でしょう。
経営者の性格により組織は大きく変わってくるからです。

ベンチャー企業の人事と大手の人事の違いは何?

同じ人事職なのに、ベンチャー企業と大手企業では何が違うのでしょう。

そこには、働き方・業務内容に大きな違いがあります。そこで、ベンチャー企業と大手企業の人事の違いについて説明します。

スペシャリストとゼネラリストの違い

スペシャリストというのは、ある分野についての知識や経験が豊富な人という意味です。

つまり専門職の人のことです。この2つの違いは、仕事をする領域の範囲です。

スペシャリストというのは、ある分野の知識に特化し専門的な能力に優れています。

対してゼネラリストは、領域が広いので多くの部署と連携をとりながら、幅広い業務を行うことが可能となるのです。

スペシャリストを目指しているなら分業体制をとっている大手企業が最適ですし、ゼネラリストを目指しているならベンチャー企業が向いているでしょう。

大切なのは、どちらの働き方が自分に合っているのかを事前に調べておくことです。

大手の人事はルーティンワークが多い

大手企業の場合は、人事職の仕事は、ルーティンワークが中心になります。

ですが、同じ内容のように見えて、実は違うということもあるのです。

企業にとって、良い人材を確保するためには、成果が出た時の方法を何度も繰り返します。

ですが、例えば新卒や中途採用の業務も時代の変化等に合わせて企画をアレンジすることも必要になってきます。

大手企業の人事は、社員1人1人の個性を分析して、より成長することが出来るためのプログラムを組むことです。

人事の役割は、企業がより成長するための人材を育成することなのです。

ベンチャー企業では積極的にチャレンジすることが大事!

ベンチャー企業では最新テクノロジーを用いて業界を変革するようなビジネスに取り組んでいるところが多くあります。

従来の企業が思いもつかなかったようなアイデアを繰り出し、様々な商品やサービスを提供します。

そのため、ベンチャー企業では積極的にチャレンジし、その結果を受けて改善していく努力、新たな施策を打ち出す姿勢が重要です。

新しいことにどんどんチャレンジするという向上心は、自身の成長にも繋がりますが、企業の成長にも繋がるので高く評価されます。

また、積極的に様々な業務をこなすことによって、スキルを上げることも可能です。
ある種、やらざるを得ない環境であるともいえるのですが、いずれにせよチャレンジすることで、自然と成長することができるようになるのです。

また、ベンチャー企業には年功序列という概念も少ないのが特徴です。

新しい企業が多いため、勤続年数や年齢での判断よりもシンプルに企業に貢献したかどうかなのです。

例えば、入社したばかりでも企業の成長に大きく貢献したり、ポテンシャルがあると判断されれば、すぐに活躍することも可能です。

マニュアルがない分、自由な発想が認められる企業も多いので、自分のアイデアを形にしたいという人には最適なのではないでしょうか。

自身で考えて実行していけるというのは大きな魅力です。

ベンチャー企業の人事と大手の人事はかなり違う!どちらが向いているのかチェックしよう

ベンチャー企業の人事と大手の人事の業務内容には、かなりの差があります。

ベンチャー企業では、人事の仕事をしながらも様々な業務を兼任するケースも多くあります。

大手ではかなり細分化されているので、特定の分野に詳しくなる可能性がありますが、それしか出来ないということにもなります。

どちらが自分に向いているのかを振り返ってみるというのも良いのではないでしょうか。

また、同じベンチャーでもやはり企業により求められるスキルや仕事内容は異なってきます。

転職エージェントを活用することで、自分がどちらに向いているか、また各企業でどのような役割が求められるのか情報を得ることができますので、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

2020年2月19日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ