公認会計士の転職

監査法人からの転職やコンサルへの転職など先のキャリアまで見据えて転職活動を行おう!

公認会計士の転職先

公認会計士の転職先は多岐に亘り、経験する業務によりそのキャリアは大きく異なっていきます。
まずはどのような転職先があり、どのようなキャリアパスがあるのか知っておくのも良いでしょう。

コンサルティングファーム

会計事務所・税理士法人

独立に備えて税務を経験しておくという会計士は意外と多いのですが、会計事務所選びは非常に重要です。
将来どうなりたいのかということも重要ですが、転職において年収を落としたくない、会計士としての業務も並行したいなど様々な要望があるケースもあるので、会計事務所への転職に際してはエージェントからしっかり情報を取得するようにしてください。

監査法人からはじめて転職する会計士

監査法人から初めて転職するという公認会計士の方は監査法人からのキャリアパスや転職先をまずは理解しておくと良いでしょう。
転職エージェント等から情報を取得することも検討ください。

監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?
公認会計士の転職エージェント・転職サイトを紹介!
会計士が転職でワークライフバランスを実現するポイント

ワークライフバランス

会計士の転職理由で多いものとしてワークライフバランスがあげられます。ワークライフバランスの定義が人により様々なためどのような転職先がマッチするかはあなた次第となりますが、事業会社あるいは会計事務所へ転職しワークライフバランスを実現される方は多い傾向です。

転職時期・タイミング

転職をしようとは思っているけどなかなかタイミングがつかめないという方は多いです。また、監査経験がどのくらい必要なのか、評価されるのかということを理解されていない会計士の方も多いため、どのタイミング。時期で転職するかといった一般論は押さえておくと良いでしょう。

公認会計士向け転職エージェント情報

マイナビ会計士

マイナビ会計士

20代中盤から30代の公認会計士資格者の利用実績がトップクラスで特に会計系コンサルと事業会社への転職のケースで利用される傾向です。

MS-Japan会計士転職決定率ナンバーワン

MS-Japan

事業会社経理の転職にも強いのですが、会計業界に詳しいため、会計事務所への転職を希望される公認会計士にとっては良いサービスです。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

転職相談に定評があるため、転職はしたいんだけどキャリアが定まっていないというケースでは親身に相談にのってくれて有用なアドバイスが頂けます。