一般企業の経理から会計事務所への転職 経理経験は評価されるのか?

一般企業の経理から会計事務所に移る方は多くいます。より専門性を求めて、もしくは将来資格を取得し独立を考える方など、その動機は様々ですが問題は会計事務所側がどういう人材を必要としているかということです。当たり前ですが会計事務所側のニーズに合わないと採用されません。今回は一般企業の経理からどうやって会計事務所に転職したら良いか解説します。

会計事務所と一般企業経理のちがい

前置きとして、大手企業と中小企業でその業務内容に差があるように、会計事務所にも規模によって差はあります。その中でも比較的数の多い中小規模の会計事務所に焦点を当てて解説します。
まずは会計事務所職員が一日どういう動きで仕事をするか見ましょう。

会計事務所職員のスケジュール例
9:00〜10:00 メール確認
スケジュール確認
担当顧客の電話応対
10:00〜12:00 担当顧客の月次監査訪問
決算の打ち合わせ
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜15:00 担当顧客の月次監査訪問
決算の打ち合わせ
15:00〜16:30 事務所で月次入力
給与計算
申告書類の作成
16:30〜18:00 翌日の予定確認
翌日回る担当顧客へ提出する書類の作成

いわゆる閑散期ではこのような形で動くことが多いです。ここで中小会計事務所の特徴について言うと

・外回りが多い(特に男性)
・月次処理から決算まで一人完結の場合が多い
この2点になります。一般企業の経理と違うところはやはり外回りが多いという点でしょうか。会計事務所と言えば室内にこもって作業しているイメージがありそうですが、意外と外で仕事するということが多いです。

また、完全分業制の事務所もありますが、基本的には担当顧客に関する処理は全て自分で行うことが多いです。特に新人のうちは覚えるためにも多くのことを一人でやることになるでしょう。

また、繁忙期に入ると年末調整、個人の確定申告、償却資産税の申告などいつもの処理と並行してすべき仕事も入ってくるのでさらに忙しくなります。

会計事務所で必要とされる能力

上記の会計事務所と経理の違いとして特に大事とされる能力は折衝能力です。顧客との会話、特に中小企業が多いのであれば社長と話す機会がたくさん出てきます。その時に戸惑わないように普段から折衝能力は磨いておくと良いでしょう。また、プレゼンテーションの能力も必要になります。
月に一度顧客の所へ足を運ぶ際、現状の確認や税務相談、今後の動向など話します。社長や経理部長と話をする際にきちんと事前準備をしていかないと顧客の知りたい情報が出ず、関係悪化に繋がります。そのため前もって最新の財務内容を頭に入れて、顧客に説明できるよう資料を作っておく必要があります。

経理職の人が会計事務所に転職するためにするべき2つのこと

上記でも挙げた折衝能力とプレゼンテーション能力は、あれば仕事をする上で円滑になる能力になります。次は転職をしようとしたときに予めしておいた方が良いことについて説明します。中には当たり前だと思うようなこともありますが、実際それが大切で現状できない人も多いです。今一度確認してみてください。

・簿記二級程度の知識
・転職活動時期を考慮
転職に向けて準備することはたった2つだけです。採用されてから準備することはたくさんありますが、採用に至るまでにはこの2つをしっかり意識しておけば問題ありません。
まず簿記二級程度の知識ですが、筆記試験をするところが多いと思いますのでそれに向けての勉強です。
具体的には給料に関する仕訳、減価償却やリース取引、消費税に関する仕訳は完璧にしておきましょう。
次に転職活動の時期についてですが、一般的に会計事務所は12月~5月は繁忙期です。そのためその時期に転職もできなくもないですが、入ったところで中は忙しくゆっくり教育などしている暇がありません。
まずは仕事を落ち着いて覚えるためにも繁忙期を避けた7月あたりがベストなタイミングと言えます。

会計業界は今、売り手市場と言われており、転職するには最適な状況です。タイミングや準備をきちんとすることで良い就職ができるはずです。まずは今回お話しした内容を十分に理解するところから始めてください。きっと今よりステップアップできるはずです。
また、企業の経理から会計事務所への転職を検討されている方は、下記の記事も参考にしてみてください。
企業での経理経験がどのように会計事務所で活かされるのか具体的に解説しています。

会計事務所への転職に際して事業会社での経理経験は活きますか?

2018.04.03

経理・会計事務所双方の転職に強いエージェントの紹介

<PR>ジャスネットキャリア
日本で初めて公認会計士が創めた転職支援会社です。これまで2万人を超える転職希望者(公認会計士、公認会計士試験合格者・税理士、税理士科目、経理・財務、経営企画など)のサポートを行っており会計分野には特に強い転職エージェントです。会計事務所・一般企業のどちらの転職にも精通しており、一人ひとりに合った最適なキャリアプランの提案が受けられるでしょう。



<PR>MS-Japan
税理士法人・会計事務所への転職はもちろん、
事業会社の経理や財務部門にも強く、双方の事情をよく知っている転職会社です。
非公開求人もたくさん扱っており、幅広い求人の中から最適なキャリアを目指しましょう。

<PR>DODA
総合型の転職エージェントです。会計事務所や経理の転職に特化したサービスがあるわけではありませんが、会計業界への転職実績も多数あります。求人の幅が広いため、特化型の転職エージェントには無い求人があります。また、大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしています。