監査法人への転職は簡単?2018年の監査法人の転職動向について

2014年から2017年にかけて、監査法人はかつてないほど採用を強化していた背景もあり、公認会計士の資格さえ持っていれば誰でも転職できてしまうのでは?と思えるほどの状況でした。
しかし、2017年の半ばあたりから少し状況は変わってきているように感じています。
そこで、簡単に監査法人の採用状況について触れてみたいと思います。

Big4監査法人は転職のハードルが少し上がっている

2017までと比べると、2018年は少し転職のハードルは上がっているように感じます。
業務過多からくる人手不足の問題は、昨年までの採用強化により、少しずつではありますが、解消されている傾向にあります。
依然として採用意欲は高いものの、監査業務経験、あるいはそれらに加えて金融機関やパブリックセクター、外資系企業、事業会社での業務経験がある方など、プラスアルファの何かを持っている方が採用されやすい傾向になってきています。以前と比べると、面接などの選考で不採用になる方の割合が増えている印象を受けます。
ただ、これはあくまで、超売り手市場だった2014年~2017年までと比較した場合であり、現在でも採用意欲はかなり高いと言ってもよいでしょう。
監査法人ではAIの活用も視野に入れており、ワークライフバランスへの取り組みも強化していることから、このままいくと、売り手市場ではなくなる可能性もあるかもしれません。
もしBig4への転職や出戻り等をお考えの方は、今のうちに転職エージェントや監査法人に勤務している友人などから情報を取得しておきましょう。

中堅監査法人の転職市況は依然として超売り手

中堅・中小の監査法人は相変わらず超売り手市場です。
顧客数を伸ばしている監査法人もあり、そうしたところでは、純粋に業務拡大による採用も増えています。
また、監査の品質管理が問題となっており、そうした面での体制強化という側面もあるかもしれません。
後は、マネージメントができる人材は相変わらず不足しているようですので、管理職クラスでの採用はまだ比較的多い印象があります。大手監査法人などと比べると、管理職の経験は早く積めると思いますので、今後のキャリアを俯瞰したうえで、中堅・中小監査法人への転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

公認会計士の転職市場はいつまで売り手有利が続くのか?

いつまで売り手市場は続きますか?とよく聞かれるのですが、こればっかりは誰にもわかりません。
ただ、例えば事業会社の管理部門、特に経理や財務などの部門では少しずつではありますが、売り手市場ではなくなりつつあります。昨今AIやIT技術の発達により、業務の効率化・自動化がビジネス現場活用されるようになってきているため、もしかしたら意外と早く売り手市場は終わるかもしれません。
ITやWeb関係の技術系職種は依然として需要が高く、売り手市場が続きますが、会計業界や管理部門系の職種に関しては、徐々にではありますが、採用が減る傾向にあります。
しかし、現在のところ減っているのはあくまで単純作業や事務作業が中心の職種であり、同じ経理や財務でも、企画系の仕事であれば需要が高く、そこにマッチする人材の一つは公認会計士となります。
そのため、会計の原理原則を理解している公認会計士の将来性は高く、その知識を活かして価値の高い何かを提供できるのであれば、相変わらず需要は大きく、比較的転職がしやすい状況は続くでしょう。
単純作業者として従事するのではなく、クリエイティブな業務ができるようになることを目指すことで、市場価値の高い人材として重宝されると考えられます。

転職エージェントの紹介

公認会計士や監査法人の転職マーケットに詳しい転職エージェントの紹介をさせていただきます。転職動向に関して情報収集したいという方は、転職エージェントを利用するのも一つの手です。
ご興味のある方は、参考にしてみてください。

ジャスネットキャリア
公認会計士の方が創業したということもあり、会計士の転職には非常に強いです。監査法人の転職動向についてはもちろんですが、企業の経理・財務部門への転職についてもかなりノウハウを持っています。一人ひとりのキャリアステージや状況に応じてレベルの高い転職相談が受けられるのが特徴で、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けられます。



マイナビ会計士
マイナビブランドということもあるのか、圧倒的な求人数を保有している印象があります。監査法人のみならず事業会社やコンサルティングファームも含めて幅広く次のキャリアを模索したい方にはおすすめの転職サイトです。ただし、少数精鋭の小さな会計事務所を探しているという方や、将来の独立に備え税務経験が積みたいという方に関して、会計事務所への転職という点では、話を聞く限りではその他の転職エージェントの方が強そうなイメージです。Big4監査法人、事業会社、コンサル業界への転職であればかなり強いでしょう。

MS-Japan
監査法人はもちろんのこと、事業会社への転職も視野に入れているという公認会計士に特におすすめの転職エージェントです。
資格者(税理士なども含めます)向けの管理部門の求人数は恐らくトップクラスなのではないでしょうか。たくさんの求人を見ながらいろいろ見て検討したいという方にはおすすめです。転職事例も豊富で様々なケースの転職を支援していることから、相談することでいろいろな気づきがあるかもしれません。

DODA
総合型の転職エージェントですが、最近DODAを使って転職したという会計士の話もチラホラ聞くようになりました。公認会計士の転職実績も豊富のようで、特化型の転職エージェントには無い非公開求人も多数保有しているようです。DODAさんについてはそれほど詳しいわけではないのですが、大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしてそうなイメージがあるので、一度転職相談してみるのも良いかもしれません。