監査法人へ転職 2022年以降の会計士と監査法人の転職マーケットについて

2022年に入り、会計士及び監査法人に限らず多くの職種・業種で転職市況が変わってきております。

過去を振り返ると2014年頃から2018年にかけて、監査法人はかつてないほど採用を強化していた背景もあり、公認会計士の資格さえ持っていれば誰でも転職・就職できてしまうのでは?と思えるほどの状況でした。

氷河期時代に監査法人に入所できなかった方々が監査法人での経験を積んでおくべく事業会社から監査法人への転職が多かったのもこのころです。

ただ、そんな長く続いた超絶売り手市場も徐々にですが変化が見え始め、2018年の半ばあたりから多少採用難度は上がったかなと感じています。

そして、2020年に入り新型コロナなどの影響により社会状況・経済状況は一変し、先行きが見通し難い状況となりました。

2020年だけに限定すると採用状況は安定しませんでしたが、2021年以降は会計士の転職市場という視点だけで見ると大きく回復しており、むしろ人手不足に拍車がかかっている状況なので基本的にはかなり転職がしやすい職種と言えます。

超絶売り手市場のころと比べると全体的に採用要件は上がっていますが、2022年現在でも売り手市場であり、特に監査法人への転職という意味ではかなり楽に転職は可能と言えるでしょう。

ただ、市況が目まぐるしく変化している状況なので、転職を考えている方はアンテナをしっかり張って情報収集するようにしてください。

公認会計士の転職エージェント・転職サイトを紹介!

そのような状況において、監査法人の転職・採用状況について触れてみたいと思います。

Big4監査法人は転職のハードルが少し上がっている?

超々売り手市場だった2018までと比べると、2019年以降は若干ですが転職のハードルは上がっているように感じます。
業務過多からくる人手不足の問題は、これまでの採用強化により、少しずつではありますが、解消されている傾向にあります。

依然として採用意欲は高いものの、監査業務経験、あるいはそれらに加えて金融機関やパブリックセクター、外資系企業、事業会社での業務経験がある方など、プラスアルファの何かを持っている方が採用されやすい傾向になってきています。以前と比べると、面接などの選考で不採用になる方の割合が増えている印象を受けます。
ただ、これはあくまで、超売り手市場だった2014年~2018年までと比較した場合です。

2020年、2021年は社会的状況もあり確かに採用数の減少と採用のバーは上がりましたが、採用募集をストップしているわけではないため、会計士に強い転職エージェントなどからしっかり情報収集して転職活動に臨めば転職そのものは問題ありません。

また、監査法人ではAIの活用も視野に入れており、ワークライフバランスへの取り組みも強化していることから、長期的な目線で見るとこのままいくと、売り手市場ではなくなる可能性もあるかもしれません。

もしBig4への転職や出戻り等をお考えの方は、早いうちに転職エージェントや監査法人に勤務している友人などから情報を取得しておきましょう。

なお、2022年となった今、監査法人は採用意欲は超売り手市場のころと比べれば少し落ち着いてきたかなという印象です。

いずれにせよ、今の状況においては監査法人だけでなく、会計系コンサルや事業会社などでも会計士採用はかなり多く、監査法人から転職される会計士の方も多いので、監査法人側も補充採用が必要となることから、ご年齢にもよるところはありますが、監査法人へ転職したい、あるいは出戻りしたいというケースでもまだまだ問題無く大丈夫です。

中堅監査法人の転職市況は依然として売り手

各監査法人にもよりますが、中堅・中小の監査法人は相変わらず売り手市場で転職募集は割と多いです。

監査難民などの問題もあり顧客を伸ばしている監査法人も多く、そうしたところでは純粋に業務拡大による採用も増えています。
また、監査の品質管理が問題となっており、そうした面での体制強化という側面もあるかもしれません。
後は、マネージメントができる人材は相変わらず不足しているようですので、管理職クラスでの採用はまだ比較的多い印象があります。大手監査法人などと比べると、管理職の経験は早く積めると思いますので、今後のキャリアを俯瞰したうえで、中堅・中小監査法人への転職も視野に入れてみるのも悪い選択肢ではありません。働き方が自由なところも多いため、ご状況によってはベストマッチすることも多いです。

監査法人の転職マーケットはいつまで売り手有利が続くのか?

いつまで売り手市場は続きますか?とよく聞かれるのですが、こればっかりは誰にもわかりません。
例えば事業会社の管理部門、特に経理部門では、AIやITの発達により人手不足は解消されて転職市場は落ち着いてくると言われていましたが、現在時点においては以前よりも人手が足りない状況になっており、経理の転職マーケットは相変わらず売り手市場が続いています。

しかしながらその一方で現在は人手不足ですが2020年に関して言えばコロナウイルス等の問題により、事業会社経理等の採用募集は一気に少なくなりました。
そういった問題も含めると、何が起こるかわからないので一概にいつまで売り手市場なのかという判断は非常にし難くなっています。

また、同様に会計士の転職先の一つであるIPOを目指すベンチャーの経理マネージャーやCFO・CFO候補等は2022年現在は変わらず募集は多いのですが、こちらもコロナ禍においては淘汰があり、ジャンルによっては一気に冷え込んだので、何かあれば売り手市場は終わってしまうということが想像されます。

昨今AIやIT技術の発達により業務の効率化・自動化がビジネス現場活用されるようになってきているため、単純な作業員的な立場としての求人募集は減ることが当然予想され、その結果全体のパイは減りますので、そういった意味では今現在存在しているような業務の求人は減ることが考えられます。

ただ、同時に新しい仕事も生まれており、数字の分析だけでなく人の心に寄り添うようなコンサルティング要素の強い仕事はかなり増えているので、時代の変化に合わせた動きをすることが重要ではないかと思います。

現在のところ採用が減っているのはあくまで単純作業や事務作業が中心の職種であり、同じ経理や財務でも、企画系の仕事であれば需要が高く、そこにマッチする人材の一つは公認会計士となります。

そのため、会計の原理原則を理解している公認会計士の将来性は高く、その知識を活かして価値の高い何か(例えば先ほど記載したコンサル等)を提供できるのであれば、相変わらず需要は大きく、比較的転職がしやすい状況は続くでしょう。

単純作業者として従事するのではなく、クリエイティブな業務ができるようになることを目指すことで、社会情勢や経済状況に関わらず市場価値の高い人材として重宝されると考えられます。

監査法人のアドバイザリー部門への転職はどうか?

ここ数年各監査法人ではアドバイザリー部門の拡大がすすめられていたのはご存知のことかと思いますが、各社とも採用強化を継続しており、監査法人にいながら非監査業務を経験することができます。

公認会計士の場合、財務・会計アドバイザリーの分野での採用になりますが、財務会計アドバイザリー業務は監査業務の経験が活かしやすい点と仮に監査の経験がなかったとしても、事業会社での経理・財務の経験などがあれば転職が可能なため一定の人気の転職先となっています。

ただし、年齢的に比較的若い方が採用される傾向にあるように感じます。
20代~30歳中盤までのイメージがありますが、このあたりの年齢感は近年緩和されつつあるので、もし30以上で監査法人のアドバイザリー部門へと転職をお考えの方がいましたら、転職エージェント等に相談してみてください。

監査法人へと出戻ってくる会計士の転職状況はどうか?

2014年~2016年にかけて、氷河期時代に監査法人に就職できず、事業会社などで就業していた方がBig4監査法人へと転職されるケースが目立ちました。
監査法人の人手不足がピークになった時期でもあり、ある程度年齢の高いかたでも、事業会社での勤務経験がある方は比較的転職は容易でした。

合わせて、監査法人から事業会社やコンサルティング会社へと転職したものの、どうもうまくいかないということで、監査法人へと出戻ってくる会計士の方の転職も増えた時期でした。

よく情報収集せずに、イメージだけで転職したものの、事業会社の雰囲気やコンサルの忙しさに耐え切れず出戻ってくる会計士は結構多かったです。

現在は、冒頭に記載した通り少し状況は落ち着いているように感じていますが、ある程度スキルが想定できる出戻り会計士の転職を歓迎する監査法人は多いという点と、外で身につけた感覚やスキルは重宝される傾向にあるため、現在でも監査法人への出戻り転職は比較的簡単であると考えられます。

年収に関してもそれなりに考慮したものを提示してくれる傾向にあるようです。

なお、監査法人への転職における情報収集はレックスアドバイザーズ一択かなと思いますのでこちらを利用しておくと良いでしょう。既に登録済みの人が大半かもしれませんが、会計業界にかなり詳しいです。

ワークライフバランスを求めて中小監査法人へ転職

Big4監査法人では業務フローの見直しなどにより、一時よりは激務ではなくなっているようです。
ただ、一方で不正防止に伴う手続きの煩雑化により、手続き的な業務は一時増えたようです。

また、スタッフ層の業務量が制限されていることから、マネジャー層は激務となっており、相変わらず世間一般に比べれば忙しいようです。
そのため、ワークライフバランスを求めて転職される方はそれなりに多いです。

残業や労働時間が要因となっている転職においては一般的に事業会社を志向される会計士の方が多いのですが、中小監査法人へと目を向ける方もいらっしゃいます。

監査に飽きたという方が多い中で、監査がやりたいという方もいらっしゃいます。
そうした方は中小監査法人に目を向けることで、ワークライフバランスを保ちながら監査法人で働くことができるでしょう。
また、中小ではアドバイザリーと監査の両方が経験できるところもあるため、転職先として一定の人気はあります。

こうした監査法人に転職したい場合は転職エージェント等を活用した方が良いでしょう。

なお、ワークライフバランスを中心に転職をお考えの方は以下もご参考ください。

会計士が転職でワークライフバランスを実現するポイント

希望の監査法人へ転職するには

ここからは公認会計士や監査法人の転職マーケットに詳しい転職エージェントの紹介をさせていただきます。
監査法人といっても様々あり、Big4監査法人の中でも雰囲気に違いはあります。
トーマツが体育会系だとしたらEYは昭和のマッタリ感があるといったように、風土にも違いがあります。

また、Big4以外の監査法人にも目を向けたいという方は、転職する監査法人によって経験できる業務が大きく違ってきますので、
しっかり情報収集してから転職しましょう。

各監査法人ごとにそれぞれ特徴があります。

また、監査法人を軸にどのような転職先があるのか情報収集がしたいという方もいらっしゃるかと思いますので、
転職エージェントからしっかり情報収集してミスマッチを避けるようにしましょう。

レックスアドバイザーズ
レックスアドバイザーズ

監査法人も含めた会計業界の転職と言えばレックスではないかと思います。
Big4監査法人は当然ですが、中小・中堅監査法人の情報にも明るく、転職実績も豊富です。
情報提供能力に長けており、違いの分かりにくい監査法人各社の情報がしっかり手に入るのでおすすめです。
監査法人から先のキャリアの相談も可能なので、トータル的に良いと言えるでしょう。

マイナビ会計士
マイナビ会計士
監査法人の監査部門のみならずアドバイザリー、コンサル、事業会社も含めて幅広く次のキャリアを模索したい方にはおすすめの転職サイトです。
転職サポートも手厚く、単なる求人の紹介だけではなくキャリアや転職に関する相談にも定評があるため会計士が転職するケースにおいては最もおすすめの転職エージェントとなります。

また、ワークライフバランスを考慮しつつ監査もやっていきたいとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、そのような個別の悩みに寄りそった転職相談が可能なので希望を叶えた転職ができるでしょう。

監査法人への転職に興味のある方はもちろん、どのようなキャリアパスがあるのか、その後のキャリアパスまで含めた転職相談も可能なため、最初に利用するエージェントとして活用してみてはいかがでしょうか。


MS-Japan
会計士・経理等管理部門の転職エージェントMS-JapanのHP
監査法人はもちろんのこと、事業会社への転職も視野に入れているという公認会計士に特におすすめの転職エージェントです。
資格者(税理士なども含めます)向けの管理部門の求人数は恐らくトップクラスなのではないでしょうか。たくさんの求人を見ながらいろいろ見て検討したいという方にはおすすめです。転職事例も豊富で様々なケースの転職を支援していることから、相談することでいろいろな気づきがあるかもしれません。
中小規模の監査法人の情報にも詳しいため、こちらの転職エージェントであれば監査法人への転職という点では間違いはないでしょう。

監査法人の次のキャリア・転職をお考えの会計士も多い

近年は監査法人から転職することが当たり前となっており、監査法人の次のキャリアに悩む会計士の方も多くなっています。
士業Jobでは会計士の監査法人の次のキャリア・転職先に関して解説した記事もありますので、このような方はこちらの記事もご参考ください。

監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

監査法人ではシステム監査やITリスクコンサルタントの需要が大きい

システム監査やITリスクコンサルタントの採用にも監査法人は力を入れています。
このあたりは会計士の方にはあまり関係ない領域かも知れませんが、昨今IT化やシステムの活用は避けては通れないため、
IT・AI・RPA・セキュリティリスク等の知識は頭に入れておいた方が良いでしょう。

ITコンサルやベンダー等でシステムエンジニアとして勤務していた方が監査法人へと転職されるケースは増えており、
IT知識のみならず内部統制や経営に関する知識も身につけられるということで、人気、とまでは言えませんが、システムエンジニアのキャリアパスとして認知され始めております。

まとめ:監査法人の転職市況は2022年も売り手市場

2022年は市場環境の変化が激しいので言い切るのは難しいのですが、監査法人へ転職という視点だけを切り取るのであれば割と売り手市場だと考えられます。

むしろ事業会社等の方がより一層市場変化に影響されやすいと言えるので、現在事業会社にいて監査法人などの会計業界へ転職したいというケースでは今のうちの考えておくのも悪くないと思いますので会計士に強い転職エージェント等に相談しておきましょう。

いざ転職したいと思ったときにすぐに動けるように事前に情報収集しておくことも重要です。特に繁忙期に差し掛かってしまうとなかなか時間は取れないので、時間のあるうちにやっておくことをおすすめします。

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!<広告>

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。
ABOUT US
Avatar photo
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。 執筆者・監修者・編集者情報へ