監査法人や会計事務所に勤務しているのですが、将来が不安です【税理士・会計士の将来性】

昨今、AIの台頭により税理士や公認会計士、会計事務所の仕事はなくなると言われることが多々あります。
そのせいなのかわかりませんが、会計事務所に勤務する税理士や監査法人に勤務する会計士の方から、なんとなく不安で転職しようと思っています、という声を聞く機会も増えました。
確かに一部の仕事はなくなりつつありますが、その一方で活躍する若手の税理士や会計士も増えているのです。
資格だけに頼った働き方では、確かに今後安泰とは言い難いのですが、
税理士・会計士として、会計事務所や監査法人で培ったスキルや知識を活かして活躍していくことは、十分できるでしょう。

AIやRPAの活用により記帳代行業務などの単純業務はなくなる

ほぼ間違いなく需要のなくなる業務としては、記帳代行業務などの単純作業系の業務はなくなるであろうと考えられています。後は、監査業務もAIの活用の研究が進められており、簡略化されることはほぼ間違いないでしょう。
実際に税理士として働いている方々に聞いても、この記帳代行業務等の作業仕事はAIなどの機械の方がむしろ優秀であろうと考えている方が多いため、今後はこうした業務はテクノロジーの力を借りて簡略化し、業務を行う上で得られるたくさんのデータを活用したコンサルティング業務へとシフトしていく動きがみられます。

ただ、データを活用したコンサルティング業務そのものも実はAIの方が上手なので注意が必要です。
例えば融資のタイミングや資金繰り等に関するアドバイスを行っている会計事務所も多いかと思いますが、
AIが莫大な会計データを分析することで、業種ごとに、どのような入出金の動きをして、どのデータをどれくらい重視すれば企業の実質的な返済能力を判断できるか、いつどのタイミングで融資を受けるのが適切なのか等、AIが学習し、早期に融資の可否を判断できるようなものも、すでに存在しています。

そのため、案件やケースにもよりますが、単純なデータの分析によるコンサルティングというのも早々になくなる可能性というのもあります。

実際に、私も会計業界含め、マーケティングに関する業務を行っておりますが、
データの分析も分析した結果に対してどのようなクリエイティブ施策を行っていけばよいかも、ある程度自動で判断してくれるツールが存在しているため、私がやることと言えば、意思決定するだけです。
実際に顧客にもそのようなツールを使っているところは多いので、私の仕事もなくなるかもしれないと思っていました。

ただ、現実としては、思いのほか仕事はなくならず、むしろ相談は増えました。
それはなぜでしょうか。

相談や不安を解消するための業務はまだ残る。コミュニケーション・対話能力が極めて重要

AIは優秀で分析力に優れています。人間が分析するよりも間違いがないです。
ただ、現時点では完ぺきではありませんし、それをもとに企業の行く末を左右する意思決定を下せるほどの信用もまだないのです。
つまり、意思決定をする立場の人間も不安なのです。

そのため、AIなど含め、出てきた数値や材料を基に、お客様と対話を重ね、どのような決断を下すのか、どのように会社を進めていくのか、しっかりと顧問先と会話をし不安を取り除ける能力を持っている方は逆にどんどん仕事が増えていくでしょう。
実際に私も技術的にものすごく優秀なわけではないのですが、相談されることが増え、結果的に仕事が増えました。それでいて、面倒なことはある程度自動化しているので労働時間は減りました。

数値を集めたり分析したり、単純作業を行う部分に関しては機械の方が優秀ですが、人の心を動かすという点では、AIにはまだ難しい部分ではあります。

あと数年もすれば、もしかしたら状況が変わっていることもあるかもしれませんが、現時点では、顧問先と会話をするコミュニケーションスキルやAIの活用が当たり前になることを見越してそれらを活用してどのように顧問先の不安を取り除いてあげることができるのかを考えられる人はむしろ仕事が増えるのではないかと思います。

逆に、ただ記帳を行う等の単純作業を格安で切り売りしているだけの状況だと、この先厳しいでしょう。

そのため、現時点で会計事務所に勤務しているのであれば、まず前提として、税務・会計に関わる原理原則は学ぶ必要があるかと思いますが、それに加えて、この対話・コミュニケーションの部分が磨ける事務所で働くのが良いのではないかと考えられます。

もったいない税理士の方が多い

税理士の方からお話しいただくことの他に、経営者の方とお話しする機会も多いのですが、話を聞いていて、もったいないなあと思う税理士の方が意外に多いです。
どういう人かというと、オペレーション業務に徹する方が多いということです。
言ったことしかやってくれないといった方が良いかも知れません。

言われたことは完ぺきにこなすけど、言われていないところは提案しない人が意外と多くてビックリしました。もちろん、全ての税理士の方とお話ししたわけではありませんし、ほんのごく一部の経営者や税理士の方の話ですので、特異な例なのかもしれませんが、中小企業においては、税務・会計にそれほど力を入れていない企業も多く、軽視しているところも多いので、いろいろ提案することで喜んでいただける部分も多いと感じています。
実際に私も知らず知らず無駄なことをしていたこともあり、いろいろ教えてくれる税理士の方には感謝したものです。

せっかくの知識やスキルも、やはりアウトプットして誰かの役にたてなければ意味がありませんので、せっかく勉強して身につけたスキルがあるのですから、自信をもって提言した方が良いのではないかと感じております。そこから新たな仕事に繋がることも多いでしょう。

会計事務所に勤務していて不安になるのであればどうすればよいか

会計事務所に勤務する税理士や税理士科目合格の方で、将来が不安だという方も多いのですが、
総じて何が不安なのかわかっていないという方が多く、ただ単にAIが出てきて漠然と不安だという方が多いです。

つまり、不安になるということは、それが何なのかよくわかっていない状況だから不安なのであって、
しっかりとAIや自動化などにより起こりえることを理解し、それに伴いどういったことを顧客に提供できれば良いのか、しっかりと向き合うことで不安は解消され自分の進むべき道はわかるはずなのです。

それと同時にわかると思うのですが、人の不安を解消する仕事というのはなくなりません。
例えば経営者もどんなにAIが発達して経理業務が単純化されても資金繰り等の不安が解消されることは、あまりないです。

そのため、やはりそうした対話能力というのはとても重要になってくるでしょう。
現在お勤めの会計事務所でそうした能力が身に付きそうもないということであれば、今の市況であれば転職は比較的簡単です。
こうした良い市況の時にチャレンジしてみるのがよいでしょう。

資格に頼らないキャリアを積んでいる公認会計士・税理士も増えている。会計士や税理士の転職先も変わってきている

公認会計士や税理士の転職先と言えば、監査法人や会計事務所、会計系のコンサルティングファームがこれまで多かったのですが、最近ちょっと変わった転職をする会計士・税理士も増えています。

転職エージェントの方に聞いた話になるのですが、例えば、公認会計士の方であれば、昨今事業会社の経理やベンチャーのCFOを目指す方が増えたという傾向に加えて、一見すると会計とは全く関係のないキャリアへと転身される方も少しではありますがいらっしゃるようです。
例えば、マーケティング部門へと転職される方、あるいは企画営業職へと転職される方など様々です。

こうした方は、公認会計士・税理士として、多くの企業を見てきた中で、もっとこうすればいいのに、という考えを持った方が多く、もっとこうすればいいのにを説得力をもって提案・実現するために自分に足りないスキルを模索して転職されるケースもありますし、自身の分析力を活かして、新しいキャリアを構築されていく方も少なくありません。

こうした方のすべてがうまくいっているわけではないと思いますが、このようにチャレンジして新しいことを模索することは決して無駄にはなりません。
違う目線での業務感を身につけることで、結果的に会計業界に戻ってきたとしてもその経験を活かすことはできるでしょう。
また、幸いなことに、公認会計士も税理士も、業界への出戻り転職は比較的容易です。
そのため、一度飛び出したからといって、生活が苦境に陥ることは、他の職種に比べれば少ないので、ある意味とても良い資格を保持しているなあと感じるところではあります。

最後に会計士・税理士向けの転職サイトのご紹介

最後に、会計士・税理士向けの転職サイトを紹介して終わりたいと思います。
不安から転職を検討される方も多いのですが、どうせ転職するのであれば目的をしっかりともって転職活動されることをおすすめします。他の人がどういうキャリアを歩んでいるのか?などいろいろ気にされる方も多いので、そうした方は転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。
彼らは転職やキャリアに関する不安を取り除くプロなので、ある意味対話能力を磨くのを勉強するのに面談してみてもよいかも知れません。違う仕事をしている人の良いところを取り入れていくことも大事です。

マイナビ会計士
マイナビブランドということで、知らない方はいないかと思います。
多くの選択肢からキャリアを選択したいとお考えの方や、迷っているという方は、一度登録してみるのも良いでしょう。
大手なので、幅広いキャリアの可能性を模索したい人にも良いのではないでしょうか?

ジャスネットキャリア
会計士・税理士の転職には非常に強いです。特に、一般企業の経理・財務部門への転職に強いイメージです。一人ひとりのキャリアステージや状況に応じてレベルの高い転職相談が受けられるのが特徴で、面接対策や書類の書き方等に関する指導はもちろん、資格者向けの実務に関するお役立ちセミナーなど様々な取り組みを行っており、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けたい方にお勧めです。そのため、会計に関する仕事での転職という点では、こちらのエージェントも良いでしょう。転職相談の評判は比較的良いので、相談するっていうのがどういうことなのか見てみるという点でもよいかも知れません。
また、アカウンタンツマガジンという冊子を登録者向けに発行していますが、ここでは、企業のCFOとして活躍する会計士のキャリア感や会計業界で活躍する会計士に焦点を当てた記事を読むことができるのでとても参考になります。
アカウンタンツマガジンは今後のキャリアを考えるうえでもとても参考になるので、これのためだけに登録する公認会計士もいるくらいとても参考になる冊子なので、これだけでも登録する価値はあります。



MS-Japan
会計業界はもちろんのこと、事業会社への転職も視野に入れているという公認会計士・税理士に特におすすめの転職エージェントです。
求人数はかなり多く、事業会社のみならず、会計事務所や会計系のコンサルティングファームにも強いので、幅広い視野で転職先を探すことができます。転職事例も豊富で様々なケースの転職を支援していることから、相談することでいろいろな気づきがあるかもしれません。

doda
総合型の転職エージェントですが、最近dodaを使って転職したという会計士や税理士の話もチラホラ聞くようになりました。特化型の転職エージェントには無い非公開求人も多数保有しているようです。大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしてそうなイメージがあるので、一度転職相談してみるのも良いかもしれません。また、会計士や税理士としての転職ではなく、全く違う仕事をしてみたいという方はこうした総合型の転職エージェントに登録してみるのがよいかも知れません。私は会計士でも税理士でもないので、なんとも言えませんが、個人的には、dodaさんの面談担当者は良かったです。

BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス案件が多い転職サイトで、ベンチャー企業などからもスカウトが届きます。
高年収や上のクラスでの転職を狙うのであれば、登録しておいて損はないでしょう。
ただし、転職エージェントではありませんので、キャリアの相談などはできませんが、
ヘッドハンターからスカウトが届くので、ヘッドハンターの方とお話しすることで勉強になることは多かったです。
彼らは話術も巧みですし、情報もたくさんもっています。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。