社会保険労務士の総務・人事への転職 企業に転職したらどのような仕事をするのか?

企業の人事や総務に勤務する方で、スキルアップやキャリアアップの過程として社会保険労務士資格を取得される方も少なくありません。
この場合、既に勤務されているので、おおよその仕事内容は把握していることと思います。

一方で、企業勤務者ではなく、社会保険労務士として開業されていた経験のある方や、社会保険労務士事務所に勤務されていた方が企業の総務や人事に転職されるケースもあります。
そのような場合、不安を抱えている方も少なくありません。
そのため、ここでは企業の総務等に転職した際にどのような仕事をするのか簡単に見ていきたいと思います。

なお、企業の総務部門に転職するにあたり、社会保険労務士の資格があったら有利なのではないか?と考え、これから資格を取ろうとしている方などは、
合わせて以下の記事も参考にしてください。
企業の総務部門への転職等の場合、資格そのものが大きく評価されるというよりは、実務経験やスキルが重要となります。

社会保険労務士の資格は転職で有利なのか?

2018.05.11

企業内で社会保険労務士が果たす仕事内容とは?

社会保険労務士は、労働保険・社会保険・労務管理の専門家ではあるのですが、
企業内の社労士として勤務される場合は、社内の何でも屋として働くことが求められるケースが多いです。

給与計算や保険手続等の労務管理や就業規則の作成、36協定等の作成・改訂といった、労働関係の法律に関する専門分野の業務ももちろんあるのですが、それらに加えて、一般的な総務業務、例えば備品の管理やコピー機の管理、従業員から上がってくる要望や不満等をまとめて解消していくような役割も求められます。

もちろん企業によってはプロフェッショナルとしての採用というのもあるかもしれませんが、
多くの場合、総務や人事のいち機能として働いてもらうことが前提となるでしょう。

ただ、専門的な知識を有しているので、業務の割合としては、専門領域の業務内容が多くなる傾向にはあると思います。

その他、働き方改革や従業員のモチベーションUPが課題となっている企業は多いので、
社内の制度の構築や改善を期待されるケースもあります。

なお、社会保険労務士事務所で勤務されていた方が企業へ転職する際は、
大きくマインドセットを変えなければならない点もあります。
あくまで社内の従業員のために働く、というところを意識する必要があります。

これまでは多くの企業の給与計算や各種保険の手続き等を行ってきたかと思いますので、
企業単位の大きな視点で業務を行うことが多かったかと思いますが、
社内の社会保険労務士ということになると、自社という1つの企業単位で見ていくことに加えて、
個人に注目して働いていくことも増えます。

企業の「人材」に関する意識は高まっていますので、こうした人にフォーカスした能力が高い方の需要は伸びている傾向にあるでしょう、

社会保険労務士が人事や総務に転職するにはどうすればいい?

社会保険労務士が企業への転職を検討する際の理由として、
仕事内容がどうとかいうよりも、給与の面だったり将来への不安などから企業を検討されるケースも多いです。

社会保険労務士事務所の場合、勤務であることを前提とするならば、それほど給与や待遇面で突出して優れた事務所は多くありませんのでわからないこともないのですが、
企業の総務や人事部門に転職したからといって必ずしもそうした面で優れているとは限りません。

また、常に社内で働くことになるので、その企業の内情によっては、非常に働きにくいということもあります。
そのため、企業の内情についてはよく調べてから転職した方が良いでしょう。人間関係が悪い企業も中にはあります。

その他、そもそも社会保険労務士事務所から企業へと転職できるのかという問題もあるかと思いますが、
現在の転職市況であれば転職自体は不可能ではありません。

社会保険労務士の資格そのものよりも業務経験がものをいうので、以前までは確かに転職は難しかったのですが、
プロフェッショナルとしてのスキルを求める企業も増えておりますので、転職自体は不可能ではないでしょう。

ただ、企業にもよりますし、募集も一般的な総合職と比べると少ないですので、
特に社会保険労務士事務所から企業へと転職されるのであれば、必ず転職エージェントを使って情報収集してください。
転職エージェントに関する情報は以下の記事でも紹介していますので、こちらをご参考ください。

社会保険労務士のおすすめの転職・求人サイトを転職先ごとに紹介【社会保険労務士の転職先】

2018.09.09

社会保険労務士の総務・人事への転職まとめ

社会保険労務士が一般企業の総務等に転職した際は、社内の何でも屋として働かなければならないことを意識しておきましょう。
特に、社会保険労務士事務所から転職されることをお考えの方は、
今後はある種授業員がお客様、といっても過言ではないため、マインドも少し変える必要があります。

社会保険労務士の資格をとって企業の総務に転職に有利にならないかなあと考えていた方は、
資格を取ったからと言って有利になるわけではないので、冒頭で記載した記事も参考にしてみてください。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。