公認会計士の企業の内部監査への転職

公認会計士の転職お役立ち情報

公認会計士の事業会社への転職というと経理・財務部門への転職が人気で、内部監査へ転職したいという方はどちらかと言えば少ない傾向です。
監査法人に勤務する会計士が次のキャリアとして内部監査への転職を選択することはあまりありません。
求人自体も経理等と比べるとかなり少ないのですが、ライバルの数も意外と少ないということもあり、転職そのものは可能です。

内部監査のキャリア

内部監査へと転職した場合のキャリアパスは多種多様です。
一般的な監査業務だけ行っているケースではそれほどキャリアの広がりは望めませんが、監査体制の構築や海外子会社のコントロール・拠点の監査業務などを経験することでキャリアの広がりがもてます。
財務・会計に関する知識はもちろんですが、法務に関する理解も必要になり、企業全体を俯瞰してみる能力が身につくでしょう。

内部監査は、企業にもよりますが、財務・会計に関するチェックだけを行っていればよいというわけではなく、企業内で起こる様々な問題・リスクに対しての対応が必要になるので、柔軟さが必要となります。
財務に関連した業務を中心にやっていきたいとお考えの方は注意が必要でしょう。

内部監査への転職に際して、CIAやCCSAの資格取得で有利になるか?ということを時折質問されますが、資格を取得する価値はあるとは思います。
有利になるかどうかは一概に言えないのですが、これらの資格取得をする際に勉強した事項というのは、内部監査で必要とされる理論を一通り身についているとも言えるため、一定の評価は受けることができるでしょう。
実際に内部監査人にこうした資格の取得を推奨する動きはありますので、有利かどうかはハッキリ言えないのですが取得する価値はある、という回答になります。

ただ、公認会計士の場合、上記の資格を保持していなくても転職に際して問題はありません。

公認会計士が内部監査室へと転職するには?

公認会計士を求める企業は多く、内部監査への転職は比較的しやすい状況です。
昨今は金融機関等では規制が厳しくなっており内部監査を強化する傾向にあります。

金融の監査をしていた公認会計士であれば内部監査へと転職することは問題ないでしょう。

事業会社でも内部の不正や問題を監査する部門を強化する傾向にあり、今後も需要は増えていくことから、公認会計士の需要はますます増えていくでしょう。

また、公認会計士が事業会社へと転職するケースにおいて、年収を大きく落とさず転職できるのも魅力的であり、少しずつ転職者は増えています。

内部監査の求人はほとんどが転職エージェント経由での転職となります。
そのため、内部監査に興味のある会計士の方は転職エージェントに相談するのが最も手っ取り早い方法でしょう。

会計士の事業会社への転職ということですと、マイナビ会計士を活用しての転職が多い傾向です。
あるいは、会計士の転職支援を古くから行っていて事業会社の管理部門への転職に強い【MS-Japan】の利用でも良いかと思います。

会計士の内部監査への転職というところでいくと、正直どこにたくさん求人があるかというのはなかなか判断が難しいところですので、まずはどちらかに転職相談したうえで、不足しているようでしたら、もう片方に聞いてみるという方法が良いです。

また、内部監査のキャリアが気になるという方や転職に際してどのようなスキル・経験・資格が必要になるのかなどが気になる方もいらっしゃるかと思いますが、企業により求められるものも大きく変わってきますので、このあたりも事前の情報収集という点では、転職相談や転職サポート体制に定評のあるマイナビ会計士から一度情報を取得されることをおすすめします。

公認会計士の転職に役立つ記事

内部監査以外で公認会計士の転職やキャリアフィールドに関することを解説した記事は他にもありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

公認会計士の転職先とキャリアについて

2019年1月14日

会計士の経営企画への転職

2018年10月4日

公認会計士におすすめの転職エージェントは?転職先ごとにエージェントを使い分けよう

2018年9月9日

公認会計士の事業会社の経理への転職|転職失敗する人が多い?

2018年5月29日