ベンチャー企業の経理へ転職する前に知っておきたいこと!

経理・財務の転職お役立ち情報

経理職としてベンチャー企業への転職に成功したいと思っている人は、自分に適性があるかどうかをよく分析してみるのが大切です。

失敗例についてもよく学んでおき、職場選びで成功できるように転職活動を進めていきましょう。

経理でベンチャー企業に向いている人の特徴は?

経理職が担当する業務内容と職場の雰囲気において、大手企業とベンチャー企業ではかなりの差があります。

ベンチャー企業で働くのに向いている経理職とはどんな人なのでしょうか。

このような点が該当するなら適性があると考えられるポイントを六つ紹介するので、自分が該当するかを確認してみましょう。

安定していることよりも成長・スキルアップを重視している

仕事をする上で何を重視しているかと聞かれたときに自分を成長させることや新しいスキルを習得すること、あるいは今までできなかった業務や他の人にはできない仕事を担えるようになることと答える人はベンチャー企業に向いています。

事業利益が安定しないので職を失うリスクもあり、給料もあまり高くないのが一般的です。

それもあまり気にせず、新しいことにチャレンジする気概のある現場で働きたい人はベンチャー企業で重宝されるでしょう。

責任感のある重要な仕事をしたい

経理職として重要な仕事をして企業に貢献したいという気持ちが強い人もベンチャー企業に向いています。

大手企業と違って経理担当は一人だけということも多く、あらゆる経理業務を一手に引き受けて担当するのがむしろ普通です。

自分が正しく業務を遂行していかなければ経理が滅茶苦茶になってしまい、予算管理もできなければ経費精算も納税すらもできなくなるという状況になるでしょう。

このような重大な業務を任せてもらえる環境で精一杯頑張りたい人はベンチャー企業を目指すのが賢明です。

将来的に起業することを考えている

経理職として働いた後は起業したいと考えている場合にはベンチャー企業で経験を積んでおくと役に立ちます。

大手企業のように予め業務フローが決まっていて、経理システムも運用されている状況で働くのとは違うからです。

csvファイルベースの経理管理を行っている現場が多く、業務フローはこれから組み立てなければならない場合も少なくありません。

経営状況に応じて予算を確保できたら経理システムを選定して導入することにもなるでしょう。

その担い手としての経験を積むと起業の際に生かすことが可能です。

出世意欲が強い

これから大きな成果を上げて出世したいという人もベンチャー企業で働くのに向いています。

年功序列の考え方はあまりなく、実力主義の現場が多いのはベンチャー企業の特徴です。

経理職として大きな活躍をすればCFOとして抜擢されるケースもあるでしょう。

経理業務は人事評価が難しい職種なのは確かですが、他の職種を兼務することになる場合も珍しくありません。

その業務で数値化できる成果を上げ、本来の職能を考慮して経営陣に抜擢するといったキャリアパスも考えられます。

自分で考えて仕事ができる・仕事をしたい

マニュアル通りに仕事をしたり、上司の指示通りに業務をこなすよりも、主体的に働いていきたいという人もベンチャー企業でなら活躍できると考えられます。

ベンチャー企業では一つの業務に対して一人しかいないケースが多く、他の人も自分の業務以外の知識は持っていない場合がほとんどです。

経理職として採用されたら全て自分で考えてより良い形で業務を行えるようにしていくことが求められます。

つまり、むしろ自分で考えて仕事ができる能力を持っていないと成功するのは難しいでしょう。

トレンドに敏感

世の中のトレンドに敏感な人もベンチャー企業で成功を勝ち取れる可能性が高いでしょう。

ベンチャー企業は新しい価値を生み出して世の中に出していくことで大手企業も揺るがすような実績を生み出すことを目指しているのが一般的です。

トレンドを考慮して最適な方法を選び出して業務を行っていくのが当たり前となっている現場が多くなっています。

そのため、経理業務でも同じことを求められ、従来のやり方にとらわれずに働ける人が重宝されているのです。

経理でベンチャー企業に転職して失敗してしまった人の例がこちら!

中小の機械メーカーの経理で働いてきた人が技術開発ベンチャー企業に転職して失敗してしまった例があります。

今まではっきりとした業務フローが決まっていて、それに従って忠実に、かつスピーディーに業務をこなせることが高い評価につながっていました。

しかし、ベンチャー企業に転職してみると経理業務のやり方が全く定まっていなかったのです。

まずは業務フローを作ることから始めなければならず、持ち前の迅速な経理処理を生かせないまま月日が経っていくことになってしまいました。

前職の業務フローを外挿してみようとしたものの、発生する経費の種類がかなり違っていて、精算申請の形も整っていないので頭を抱える状態になってしまったという失敗例があります。

創意工夫をして現場に合ったシステムを作ろうという気持ちが強い人には向いていたのかもしれませんが、この人の場合には業務を正確かつ迅速にこなすことに長けていました。

それなのにベンチャー企業を選んでしまったために転職に失敗したのです。

ベンチャー企業の中にも上場が目前になっていて経理フローが決まっているところもあります。

自分の適性に合わせて職場を選ぶという視点が欠けていたのが問題点だったと言えるでしょう。

ベンチャー企業の経理に転職したいなら転職エージェントを活用しよう!

ベンチャー企業の経理に転職して自分の適性に合っている職場で活躍できるようになりたいと思ったら、どんな現場なのかを正確に把握した上で転職先を決めることが肝心です。

その情報網を広く持っていて、適切なマッチングが可能な転職エージェントを活用するのが成功への近道になります。

エージェントに相談して自分が今まで経理職としてどんな活躍をしてきたか、これからどのようにして仕事をしていきたいかを伝えると、その考え方にマッチしているベンチャー企業を探し出して紹介してくれるのが魅力です。

事業内容にこだわりがあるなら、それも加味した上で候補を絞り込んでくれるのもメリットなので積極的に活用しましょう。

経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

経理がベンチャー企業に転職する際は自分がベンチャー企業に向いているかしっかり考えよう!

ベンチャー企業での経理職の立場は大手企業とはかなり違いがあります。

今まで大手で成功してきた人もベンチャー企業に転職して失敗することもあれば、窓際族になりそうだった人もベンチャー企業で成功できることもあるのです。

自分に適性があるかどうかをよく分析し、転職エージェントを活用して最適な職場に転職するようにしましょう。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。