ブラック会計事務所に転職しないために!会計事務所の見極め方

会計事務所の転職お役立ち情報

会計事務所への転職を考えているけれど、「会計事務所はブラックなところが多い」という話を聞いてしまい不安を感じている、という人も多いのではないでしょうか。

ブラック会計事務所への転職を避けるため、その特徴と見極め方を紹介します。

ブラック会計事務所の特徴は?

ブラック会計事務所には、「低賃金」「激務」「人間関係の悪さ」という特徴があります。

会計事務所は個人経営でスタッフが数名という小規模な組織が多いです。

そのため、スタッフ一人当たりの業務量が過剰になり、繁忙期・閑散期関係なく年中残業や休日出勤があるところも残念ながら存在しています。

ブラック会計事務所は離職率が高いため慢性的な人手不足になり、人が辞めるごとに残った人の作業量が増えるという悪循環に陥っています。

このような会計事務所には、労働法規を遵守するという概念はありません。

拘束時間が多いにもかかわらず低賃金であるところが多く、残業代が出ないのがほとんどです。

人間関係の悪さもブラック会計事務所の特徴の一つです。

会計事務所は小規模な組織であるため、所長税理士の人格がそのまま事務所の雰囲気に反映され、所長税理士の知識量がそのまま事務所の仕事レベルになっていることがほとんどです。

そのため、所長の人格や知識が優れていない会計事務所においては、人間関係が悪く仕事レベルが低いところが多いです。

ブラック会計事務所を見分ける4つの方法はこちら!

ブラック会計事務所は実際に就職してみないとブラックかどうかわからないのでしょうか。

就職前にブラック会計事務所かどうかを見分ける4つの方法をお伝えします。

きちんと見分けて、ブラック会計事務所に転職しないように注意しましょう。

平均年収から大幅に低くないか

ブラック会計事務所は、給与がやたらと低いのが特徴です。

会計事務所の平均年収は、未経験の場合は350万円~、経験者の場合は450万円~となっているところが多いです。

平均年収に自分の経験を加味した金額と比較して、大幅に低くないかを確認しましょう。

いくつかの会計事務所の求人票を比べてみるのもよいでしょう。

ブラック会計事務所はそもそも残業代がでないところ、管理職になったとたん残業代を出さなくなるところ(いわゆる名ばかり管理職)など労働法規に照らし合わせて明らかに違反していることが少なくありません。

何年働いても昇給がまったくないところもあります。

採用面接の際、給与体系と自分が任されるであろう作業量がきちんと釣り合っているかどうかを確認しましょう。

予想される仕事量は適正か。格安だけが売りの会計事務所は注意が必要

ブラック会計事務所では、一人ではとても回らない作業量を担当させられるところが特徴です。

もともとスタッフ数が少ないところが多いため、一人当たりの担当クライアント数が多くなる傾向にあります。

退職者が出ればさらに担当先が増え、作業量が雪だるま式に増えていきます。

確定申告などの繁忙期はもちろん、それ以外の時期でも帰りは終電が当たり前というところもあります。休日出勤もしょっちゅうあります。

誰かに手伝ってもらいたくても、スタッフ全員の手が空いていない状態です。

作業量の多さから、体調を崩して退職を余儀なくされる人もいます。

特に税理士試験の受験生は、勉強する時間も確保しなければなりません。

採用面接の際、クライアントの担当数と作業量がどのくらいあるのかを確認しましょう。

また、格安料金を大きくアピールしている会計事務所もありますが、こうしたところへ転職する際も注意が必要です。

一概に言えませんが、基本的に労働集約になりやすい会計事務所の業務において、料金が安いということはそれだけ作業量を多くこなさなければならないということになります。

こうした事務所では作業量が多くなり、残業が多くなる傾向もあるため、なぜ安い料金でサービスが提供できるのか、しっかり確認しておくべきでしょう。

きちんとした理由やシステム化により業務効率がなされている事務所もあり、そうした事務所はブラックでない傾向もあるため、理由を確認しておくと良いです。

会計事務所内の人間関係は良好か

ブラック会計事務所の人間関係は非常に険悪なところが多いです。

会計事務所は少人数なところが多いため、人間関係が密になります。

特に所長先生との相性は事務所内の人間関係を大きく左右します。

所長先生の家族もしばしば登場します。税理士資格はないが、長年働いている番頭さんが実権を握っているところもあります。

成長を望まない会計事務所であれば、スタッフもやる気がない人が多く事務所の空気が停滞しています。このような事務所に新しく入ってしまえば、閉鎖的な環境に馴染めずまたすぐに転職を考えざるを得ないでしょう。

採用面接の際、これからの事務所の展望を確認しましょう。

また、会計事務所を訪れた際には執務室を見学させてもらい、スタッフの対応や事務所の雰囲気を自分で感じ取るのもよいでしょう。

所長の人格は良いか

会計事務所は少人数なところが多く、事務所を代表する所長税理士の人格が事務所の雰囲気を左右するといっても過言ではありません。

所長の中には、仕事はすべてスタッフにおまかせで自分はゴルフばかりしている人、自分が偉いと思ってスタッフをバカにする人、勉強しないため最新の税務についていけず実務はしないで申告書にハンコを押すだけの人、スタッフに怒鳴って当たり散らすパワハラまがいな人、事務所内の異性とトラブルになる人など、残念な人がいるというのが実状です。

所長は何年も同じやり方で事務所を経営してきたため、これが普通であり自分の事務所がブラックであるという認識はまったくないかもしれません。

採用面接の際、小規模な会計事務所であれば必ず所長が同席するでしょう。

「この人と本当にうまくやっていけるのか」を考えながら、じっくり話を聞いてみましょう。

ブラック会計事務所の一番良い見極め方は離職率?

もともと会計事務所は所属する税理士が独立したり、キャリアアップのために大手税理士法人に移ったりするなど、人の移り変わりが激しい業界です。

しかし、ブラック会計事務所の場合、その労働環境に耐えられずに数ヶ月で辞める人が続出する状況にあります。

ブラック会計事務所を見極める一番良い方法は離職率です。

採用面接の際に離職率の状況を聞くことができれば一番良いのですが、正直に答えてくれるところはなかなかないでしょう。

前の担当者がなぜ退職したのか理由を聞いてみてはいかがでしょうか。

離職率を見極める一つのポイントとして、求人広告がずっと掲載されているかを確認することです。

中には事務所拡大のため求人広告を頻繁に出して積極的に採用活動をしているところもありますので見極めが大切です。

よく求人広告を掲載しているのにスタッフ数が増えていないところは、離職率が高い可能性が高いと考えられるでしょう。

格安な顧問料を売りにしている会計事務所も要注意です。顧問料が安いということは、安いクライアントがたくさんいるということです。

作業量が多く、給料が安いことが想像できます。

ブラック会計事務所の特徴を覚えてしっかり見極めよう!

ブラック会計事務所の特徴は、「低賃金」「激務」「人間関係の悪さ」です。

ブラック会計事務所に転職してしまっては、自分のキャリアを築くことができず、時間のムダになるばかりです。

採用面接時の雰囲気や話の内容のほか、募集広告や周りの評判などあらゆる手段を使って就職前に情報を手に入れ、ぜひ優良な会計事務所に転職しましょう。

転職エージェントを活用した情報収集も

所長の人柄や所内の雰囲気、離職の傾向などご自身で情報サーチをするのは困難です。

そのような場合、転職エージェントを活用して情報収集してみると良いかと思います。

また、そもそも転職エージェントはブラックな会計事務所へ人を紹介すると、後々のトラブルにつながる可能性が大きいため、あまりブラックな求人は紹介しない傾向にあります。

そのため、転職エージェントを通じて求人サーチを行ってみるのも良いでしょう。

税理士・会計事務所の転職エージェントのまとめ
最速転職HUPROの無料AI転職診断
※膨大なデータとAIを駆使してあなたにピッタリマッチする求人をスピーディーに提案してくれる転職サイトです。
残業時間や有給取得日数、休日・休暇等のデータも加味した分析を行っているため、
働きやすい環境の会計事務所をサーチするのにとても良いサービスでしょう。
AIによる分析のみならず、専任のエージェントに電話やメールで相談することもできるので、安心して利用することができます。
簿記3級レベルの方から税理士有資格者まで幅広く転職支援しており、キャリアアップもワークライフバランスも両方取りたいといった希望を叶える求人も探しやすく、どなたにもお勧めのサービスです。

MS-Japan
※会計業界で最も有名な転職エージェントかと思います。
近年は管理部門の転職に力を入れていますが、昔から会計事務所の転職支援を行っている実績の高い転職エージェントです。
各会計事務所の風土や所長先生の人柄等も把握しており、情報収集するにはとても良い転職エージェントです。

ジャスネットキャリア
転職相談を重視しているため、現在お悩みを抱えているケースにおいては親身に転職相談にのってくれ、環境の良い職場への転職が実現しやすいでしょう。

«前へ