公認会計士はモテますか?公認会計士試験勉強中の学生より

公認会計士に興味のある学生です。
モテたくて会計士を目指したいわけではありませんが、会計士になるとモテますか?
気になるので教えてください。

会計士は税理士と混同されることもある

一般的に、事業会社の経理で監査を通じて会計士と関わる方を除いて、会計士と仕事をする機会のある方はほとんどいらっしゃらないかと思います。

税理士の方が税務を通じて一般的には知られていることが多いと感じられます。

例えば、飲み会の席でも何でもいいのですが、仕事の話になった時に、公認会計士であると自己紹介した時に、「税金の計算をやっているんですか?あれ、それは税理士?税理士とは違うのかな?」等と尋ねられることもあります。
※どのような方々とお話しするかにもよりますが。。。

この際に会計士の特徴として、会計士と税理士の違いを丁寧に説明する人もいますが、相手もそこまで詳しく知りたいわけではないケースが多いので、詳しく説明するとその時点で少し距離を置かれてしまうこともあります。

私も経験があります(笑)

転職やキャリアを考えた際は比較的モテる時期であった

一昔前、公認会計士が余っていた時期はありましたが、ここ数年は会計士が不足していたことと、IPO等も盛んだったことから会計士を求める企業はかなり多かったように感じています。

ベンチャー企業のCFOやCFO候補等で転職する会計士もいましたし事業会社へ転職する会計士もたくさんいましたので、そういう意味ではここ3、4年くらいはモテる時期だったのかなという印象です。

ただ、このあたりは需要と供給の問題もありますので、公認会計士資格そのものがモテるとは断定できません。

会計士に限りませんし昔からそうなのかもしれませんが、近年は会計やファイナンスの知識に加えてコミュニケーション能力やビジネスへの関心が高い方が転職市場ではモテる傾向でしょうか。

会計士の資格や知識は活かしつつ、監査法人以外の様々なところで活躍している会計士が増えているので、業務フィールドは広がっており、キャリア的にはモテると考えてもいいのかもしれません。

いずれにせよ、資格に頼らなくてもモテる人間になりたいものです。

武石
公認会計士といってもモテる人、モテない人両方います。
ただ、難関試験を突破したという事実を評価してくれる方は多いので、そういう意味ではありがたい言葉を頂くこともあります。
無難な回答で申し訳ありませんが、人としての魅力を磨いてモテるようになりたいものです(笑)
プロフィール
監修者:武石大介(公認会計士試験合格者)

エルキャリ合同会社 代表社員

新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)退所後会計・監査で培ったスキルを活かして様々な事業を展開。

公認会計士のベンチャー企業への転職やコンサルティング会社、ファンド、事業会社への転職支援も行っており、起業まで含めた幅広い経験・キャリアを活かした転職相談を行っている。

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!<広告>

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。
ABOUT US
Avatar photo
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。 執筆者・監修者・編集者情報へ