会計事務所から一般企業の経理へ転職 会計事務所での業務経験は生かせるか?

会計、税務、経理・財務分野の派遣・紹介予定派遣なら【ジャスネットスタッフ】

昨今、会計事務所から事業会社の経理等に転職したいと考える方が増えてきているようです。また、事業会社側でも、会計事務所勤務経験者を採用する動きは多くなっています。

10年程前までは、税理士資格を取得して「将来は独立」という考えの方が比較的多かったと思うのですが、昨今はサラリーマン志向の方が増えているようです。
会計事務所業界の将来性、税理士資格の将来性など様々な要因があるかと思いますが、会計事務所で培った「会計」「税務」の業務経験を活かして、一般企業の経理に転職できないのか、と相談が増えております。

実際のところ、会計事務所から企業の経理への転職は可能なのか?

それに対する答えとしては、決算や税務申告など、企業の経理業務に活用できる経験が豊富な会計事務所出身者は、事業会社の経理への転職を成功させるために十分な力を持っているといえます。

もっとも、転職をスムーズに成功させるためには、あらかじめ抑えておくべきポイントを把握しておくことが重要です。

ここでは、会計事務所から企業の経理に転職するために重要なポイントについてご紹介します。

一般的な会計事務所からの転職は、中小規模の企業の経理がオススメ

会計事務所から企業の経理部門に転職したい場合は、取り扱う業務の規模や福利厚生などから考えて、大手企業の経理部門を希望したくなるかもしれません。

しかし、一般的な会計事務所の顧問先は中小企業や零細企業、あるいは個人の確定申告業務であるケースが多いため、多くの人が小規模な業務の経験しかないという方が多いです。そのため、若くてポテンシャルのある一部の方を除いては、大規模な業務経験を求める大手企業への転職は難しくなる傾向にあります。

会計事務所から大手企業の経理で採用される方の傾向としては、税理士や公認会計士資格の保有者、Big4や大手税理士法人などで大手事業会社を担当していたケースなどになります。
例えば、公認会計士であれば大手企業の監査業務経験は評価されますし、連結決算や開示関連業務等において力を発揮することが期待されての採用となったりします。

そのため、一般的な会計事務所(顧問先が中小企業)に勤務している方が事業会社の経理へ転職を成功させるために狙うべきターゲットは、中小規模の会社の経理職です。

会計事務所時代に同じ規模の会社の決算や税務を多く経験していることがプラスとして評価され、採用されやすくなる傾向にあるからです。

最終的に大手企業を志望する場合でも、まずは中規模の企業に採用されて経理の実務経験を積むことが、大手企業へのステップの近道になります。

会計事務所の出身者が転職時にアピールすべきこと

企業の経理に転職を希望する場合に最もアピールすべきポイントは、決算業務についての経験があることです。

決算業務に携わった社数やその企業の特徴などを、自分の経験や活躍と絡めた具体的なエピソードとして語れるようにしておくと、高評価につながります。

企業の経理との関連性が高いその他の業務としては、税務調査への対応や銀行の融資交渉の立会いなどが、転職を希望する場合に評価されやすい経験になります。

会計事務所での経験については、携わった業務の内容だけでなく、どんなクライアントを相手にしてきたかも重要なアピールポイントになります。

個人事業主のクライアントを相手にしてきた経験よりも、転職を希望する企業と同規模の法人のクライアントとやり取りをしてきた経験を有する場合のほうが、より高い評価が期待できます。

こうした経験が不足している場合は、会計事務所に在籍している間に必要な経験を得られるように意識して行動することが、将来の転職の成功につながります。

経理未経験枠での応募?それとも経理経験者枠での応募?

会計事務所から企業の経理への転職を希望する場合、基本的には経験者を募集している枠に応募するのが一般的です。
そもそも会計事務所での就業経験しか無いのに経理の経験者として応募できるのか?という疑問もあるとは思いますが、会計事務所での決算業務や各種税務申告、資金繰り等のコンサルティング業務は十分に経理経験があるという扱いで転職をすることが可能です。中小企業であれば、場合によっては、管理職での採用も視野に入れて活動することができるでしょう。
逆に、企業の経理部門で未経験者を募集する場合は、経理そのものではなく、銀行口座の管理や伝票整理など、経理に関する事務を担当する人員を希望している場合が多いため、応募の際によく求人票の業務内容の項目をチェックしたほうがよいでしょう。
決算や税務申告などの実務経験を培ってきた会計事務所出身者にとっては、せっかくの経験を活用することができず、スキルに見合った待遇も期待できません。

会計事務所出身者のキャリアを活用することができる募集内容としては、決算業務、銀行との折衝、経理スタッフの取りまとめ、などを主な業務内容とする経験者枠になります。

また、経験者枠の場合は経理分野における将来の幹部候補を募集するケースも少なくないため、自身のキャリアアップの観点からも有効な選択肢になります。
ただし、こうした求人は非公開求人として募集するケースも多く、一般の求人媒体などに掲載されないケースもあります。
そのため、実際に転職活動する際は、求人広告サイトをチェックするのはもちろん、企業の経理や会計分野に強い転職エージェントの活用も視野に入れた方がよいでしょう。

転職エージェントの紹介

<PR>ジャスネットキャリア
これまで2万人を超える転職希望者(公認会計士、税理士など)のサポートを行っており、会計分野には特に強い転職エージェントです。会計事務所から経理職への転職実績も豊富で、や一人ひとりのキャリアステージに合った最適な求人先やキャリアプランの提案が受けられるでしょう。
転職ありきではなく、キャリアについて真剣に考えてくれるため、おすすめの転職エージェントの一つです。



<PR>MS-Japan
会計業界での転職はもちろん事業会社の経理や財務部門に特に強みを持った転職エージェントです。
求人の数がとにかく豊富なため、幅広い選択肢の中から最適な求人先を選ぶことができます。
会計事務所から事業会社の経理職への転職事例もたくさん持っており、事業会社へ転職したいとお考えの方には特におすすめの転職エージェントです。