Big4税理士法人から転職したいが年収で折り合いがつかない税理士の転職について

税理士の転職情報

Big4税理士法人に勤務する税理士の方から、転職はずっと前から考えているが、Big4税理士法人から出てしまうと大きく年収が下がってしまうので、転職を躊躇してしまうというお話をよく頂きます。

Big4税理士法人から転職したい理由としては、
縦割りの業務が多くつまらない、
顧客の顔が見えない、
激務なのでワークライフバランスを検討したい、
等が一般的です。

ワークライフバランスを考えた転職をお考えの方は、年収が下がることも許容される方が多く、転職先を探すのにそれほど苦労することはないのですが、
その他の理由で転職を検討し、いざ転職活動を始めてみたという方は、
想像以上にその他の企業やコンサルティング会社の年収が低く、転職を踏みとどまってしまうケースが多いです。

Big4税理士法人は、税理士にとって年収という面では最も優れた勤務先の一つとなるため、年収を気にされる方にとっては次の転職先がなかなか見つからないものです。

しかし、一時的な年収に惑わされず、将来まで見据えた年収の伸びなど様々な要素を検討し、転職をしてうまくいっている税理士の方が多いのも事実です。例えばBig4税理士法人から企業への転職を考えた場合、企業の賃金体系というのは大手上場企業であったとしても緩やかに上昇していくケースが多いので、転職した段階では下がることもありますが、長期的なスパンで見れば、福利厚生等も含めるとむしろ高くなることも多いです。

また、Big4税理士法人からの転職の場合、税理士の転職に強い転職エージェントを利用される方もいるかもしれませんが、
こうした専門特化型の転職エージェントを使うと、普通の案件しか出てこないケースが多いです。
その代わり、税理士じゃなければいけない求人を紹介してもらえるので転職はしやすいでしょう。

しかし、高い年収をもらおうと思ったら、コンサルティング案件や経営に近いポジションでの求人に応募する必要もあるため、
税理士としての知見・スキルを活かしてハイクオリティーな業務が要求される先へと転職する必要があります。

こうしたチャレンジングな転職活動を行えるかどうかもポイントになってきます。

転職により一時的に年収は下がっても良いが最終的にはBig4税理士法人と同程度の年収や待遇を得たい税理士の場合

Big4税理士法人から一般企業やコンサルティング会社への転職を考えた際に、目先の年収だけを見たら年収が下がってしまうため、躊躇してしまう方も少なくないでしょう。しかし、先ほど記載した通り、その企業の給与の伸びしろ等も考慮して考えた方が良いです。

経理部門への転職だと給与の伸びは期待できないことも多いですが、税務室や経理・財務部門の有力ポジションへの転職の場合、
当初の年収が700万円程度だったとしても、成果や勤務年数により大きく上がるケースも多いのです。
福利厚生も充実しているケースも多いので、一概にBig4税理士法人の時より下がるとは言い切れません。

ただ、ご自身でこうした情報を取得するのは難しいと思いますので、こういうときに転職エージェント・転職サービスを活用すると良いです。

このようなケースでは最速転職HUPROの無料AI転職診断を活用してみると良いでしょう。

膨大なデータとAIを活用して、あなたのキャリア・スキル・希望を加味した求人の提案がスピーディーに受けられます。

会計事務所のみならず事業会社やコンサルティングファーム等税理士が活躍できる求人先を多数保有しており、
幅広い選択肢の中から最適な転職先候補を見つけることができます。

キャリアやスキル、年収という軸だけではなく、
休日日数や有休消化率、残業時間等のデータも踏まえた解析を行っているので、
年収・待遇と仕事量のバランスを取りたいとお考えの方にもおすすめの転職サービスです。

年収が気になるという方はもちろん、
年収以外の要素も加味しつつどのような求人があるのか探ってみたいという方はこの機会に最速転職HUPROの無料AI転職診断を試してみてはいかがでしょうか。

年収UP、もしくは年収を下げずにBig4税理士法人から転職したい税理士はどうすれば?

Big4税理士法人から転職をして年収維持、もしくは年収UPを狙うのであれば、ハイクラスポジションへの転職をする必要があります。
Big4税理士法人からの転職の場合、企業からの受けも良く、ハイクラスポジションへの転職を実現される方も一定数いらっしゃいます。
Big4税理士法人にて税理士として3~5年程度の勤務経験があれば年収UP、ハイクラスポジションへの転職は十分に可能でしょう。
特に、移転価格をはじめとする国際税務を経験している方は需要も大きく、比較的高い待遇の求人が多い傾向です。

こうしたハイクラスポジションへの転職ということであれば、ビズリーチの利用が最も良いと考えられます。

税理士向けの求人もありますが、コンサルティングファームから事業会社の税務室や財務の責任者ポジション、海外子会社コントローラーポジションなど様々なハイクラス案件があります。
これまでのスキルを活かしてレベルの高い業務に就きたい方向けの求人サイトです。

ビズリーチはスカウト型の求人サイトで、登録すると企業やヘッドハンターなどからスカウトが届きます。
ヘッドハンターは多くの企業の経営者と繋がりを持っているため、知り合っておくと今後のためにもなります。
彼らは特別税理士の転職に特化しているわけではありませんが、ハイクラスのポジションにつくために必要なスキルやマインド、情報などをたくさん持っているため、彼らの意見を参考にするのも良いでしょう。
今すぐにうまく転職できなかったとしても、今後に生かすことは十分できます。
ただし、現年収が750万円に満たない場合、少々厳しい結果になりますので、ある程度スキル・年収が高いことが前提にはなります。

その他、人脈や伝手を使って転職される方もいます。
人脈の構築などは意識して取り組む必要がありますので、日々の業務で知り合った方との縁を大事にするのはもちろんですが、
積極的に会合や経営者の集まりに参加する必要があります。
人脈をつくるのは手間がかかるので面倒なのですが、
長い人生を見た場合、変な言い方になりますが、どこで誰が役に立つかわからないものです。
私自身、過去に知り合った方と10年後にビジネスでご一緒することになるということもあります。

Big4税理士法人から少数精鋭でハイクオリティーな業務を行っている会計事務所へ転職するのも手

会計事務所業界の中には、少数精鋭でレベルの高い業務を行っているところがいくつかあります。
こうしたところは非常に単価の高い仕事を行っている関係で、年収が高くなる傾向にあります。
ただ、HPを持っていないところも存在しており、自身で求人を見つけるのは難しいでしょう。
そして、少数精鋭でやっているので、常に求人が出ているとも限りません。

こうした会計事務所(もしくは会計系コンサル)では、人材採用を行う際に、人脈、あるいは転職エージェント等を活用することもあります。
このような事務所と出会うには、タイミングが合うかどうかに限りますので、常に情報収集をしておく必要があります。
この場合、転職エージェントの利用とヘッドハンターの利用の双方を活用しておくと良いでしょう。

また、こうした会計事務所の創業者はBig4出身者であることが多いので、
伝手を使った転職活動も視野に入れてみてください。

Big4税理士法人から転職したい税理士の転職についてのまとめ

Big4税理士法人から転職をされる場合、多くの場合で年収が下がります。
しかし、長期的なスパンで考えることで、懸念を払拭することもできます。目先の年収に拘るにもいいのですが、一つ深呼吸して長期的なビジョンも考えてみてはいかがでしょうか。

また、Big4税理士法人出身というと、スキルに係わらず企業からの受けはいいです。
そのため、ハイクラス案件にチャレンジしてみるというのも面白いですね。
いずれにせよ、現在の転職市況は上向きで、チャレンジしやすい傾向にあります。
また、万が一転職に失敗してしまったとしても、会計業界への出戻り転職は容易です。
もしチャレンジしたいとお考えの方は是非この機会にチャレンジしてみると良いでしょう!

転職エージェント等に相談したいとお考えの方は以下の記事もご参考ください。
以下よりご確認いただけます。

会計事務所・税理士に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

事業会社の経理等が気になる方は合わせて以下もご確認ください。

経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

Big4税理士法人からの転職に限らず、税理士が転職してどのようなところで活躍できるのかもっと知りたいという方は以下の記事もご参考ください。
税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。