税理士試験の合格科目数は転職に影響する?1科目でも転職できる?

税理士を募集している企業への転職を希望しているなら、税理士試験の科目合格が採用に影響するかどうか気になりますよね。

1科目での合格でも転職することは可能なのでしょうか。そこで、科目合格が転職に影響するかどうか詳しく解説します。

税理士試験の合格科目数が1科目でも求人はある!?

税理士を募集している企業や税理士事務所の募集要項を見ると、科目合格者を盛り込んでいる企業や税理士事務所は多いです。

結論から言うと、転職する時は1科目からでも求人はあります。

税理士試験は1科目から受験することが出来るので、税理士や税務会計スタッフを募集している企業にとっては1科目でも合格したということにとても大きな意味があるのです。

1科目だけの合格では不利かもしれないと自分で判断せずに、1科目合格でも募集可能な企業や税理士事務所を探してみましょう。

税理士試験の合格科目数は1科目よりも複数科目合格していた方が転職に有利?

税理士試験の合格は、1科目よりも複数科目合格している方がやはり転職には有利なのだろうかと不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

募集を見てみると、確かに税理士科目を2科目以上というのは多いように感じます。

それは、募集した企業や税理士事務所側からすると2科目以上の科目に合格しているということは、かなり本気で転職を考えているとその気概を感じてもらえたり、税理士としての最低限の知識は持っているだろうという考えからくるものです。

ですが、企業や事務所によって様々です。

科目合格していなくても問題ないという会計事務所もあるので、求人募集している企業や税理士事務所を探してみましょう。

後は転職を考えているなら、希望する企業や事務所がどのような科目合格者を希望しているのかを知っておくことも必要なのです。

求めている科目や評価される科目が分かれば、自分が持っている合格科目が有利なのかどうかを判断することが出来ます。

会計科目である簿記論・財務諸表論を除くと、評価が高い科目は法人税法や相続税法となります。

法人税法は難易度が高く、合格するのが難しい科目ではありますが、会計事務所の顧問先は基本的に法人であることが多いため、法人税法に合格していることで評価に繋がります。

また、資産税に関する業務がしたいとお考えであれば、こちらも難易度が高いのですが、相続税法を合格しておくと良いでしょう。

ただ、これらの科目に合格していなくとも現在の転職市況であれば転職は可能ですので、合格を目指して税理士試験勉強が整っている環境へ転職したいといった要望を叶えることなどは十分可能です。

転職において一番重要なのは実務経験

資格の有無や合格科目も確かに重要ですが、一番大事なのは実務経験です。

税理士試験に合格するまでに何十年と費やしてしまう方もいらっしゃいますが、合格したころには40代でたいした実務経験も無いという方もいらっしゃいます。

実務経験が浅く、年齢がかなり上がってしまっていると転職市場ではかなり不利なっている可能性があります。

そのため、税理士試験の勉強をしつつも、しっかりとキャリア構築ができる事務所で働き、大変かもしれませんが資格取得と実務経験の両方が必要となります。

更に、税理士事務所への転職を考えている場合、科目すべてに合格していると資格をとって独立するつもりではないかと警戒されてしまうことが以前はありました。

事務所としては2年という歳月を教育の場所と考えている場合もあります。2年もたてば実務を覚えて1人前になってくれると考えるのです。

ですがすべての科目合格していると、資格をとって事務所を辞めるのではないかと考えてしまう方もまだいらっしゃいます。

転職を有利にしようとすべての科目合格したことが逆に転職を不利にさせる場合も無いことはないです。

いずれにせよ、転職においては実務経験がもっとも重要な要素となりますので、現在お勤めの事務所でたいした業務経験が積めないようであれば、税理士試験勉強とキャリア構築の両方が実現できる事務所へと転職することを考えてみてもいいでしょう。

税理士試験の合格科目数よりも年齢と実務経験の方が重視されることも?

税理士試験の合格科目数も確かに大切です。

ですが、実際に転職の時に重視されるのは、上記で記載したとおり、年齢と実務経験の可能性もあるのです。

税理士を募集している企業や事務所としては、やはり年齢が若い方が将来性を感じるので採用する可能性も高いです。

40代、50代ともなるとなかなか採用されにくくなってきます。ですが、年齢で諦めるのは早いです。

年齢を重ねていても転職に有利になる場合があるのです。それは、業務経験があるということです。

実務経験があると、年齢的に新しいことにチャレンジすることは難しいケースにおいても、これまでの経験を活かした転職をすることが出来る可能性があります。

合格までに時間がかかってしまうというリスクはありますので、まずは経験したい業務ができる環境に身を置いてみるといったことを考えて、1科目しか合格していなかったとしても先のキャリアを見据えて転職をしてしまうのも良いでしょう。

未経験でも税理士試験1科目合格で転職に成功した実例はこちら!

男性で不動産業界で働いていたMさんは、26歳の時に税理士事務所への転職を決めました。

その理由は、不動産業界では相続税や贈与税など税金に関係している問題と直面することもありました。

そんな問題を目の当たりにしているうちに、税理士という仕事に自然と興味を抱くようになりました。

仕事をしながら税理士試験を目指し、1年後見事に簿記論に合格しました。

ですが、税理士業界の仕事は未経験であることと、合格した科目も1科目しかなかったことから転職に対する不安を抱くようになりました。

そんな時に、より転職のチャンスがつかめる転職エージェントに登録することを決めました。

Mさんは転職エージェントで、キャリアアドバイザーに自分の不安な気持ちをすべて打ち明けました。

キャリアアドバイザーによる丁寧な説明で、Mさんは1つでも科目合格していれば未経験でも税理士事務所へ転職することが可能だということを知りました。

いくつかピックアップしてもらった中で、Mさんは気になる求人を見つけました。

応募していた税理士事務所は未経験者を多く採用していたところで、自分でも転職出来る可能性があるのではと感じたのです。

キャリアアドバイザーは事前にMさんのことを税理士事務所に説明し、税理士事務所へ転職したいという意欲を伝えました。

そして、面接前にはその対策についても話し合い、Mさんは面接の時に役立つアドバイスをもらいました。

アドバイスの効果もあって、Mさんは見事に税理士事務所への転職を成功させました。

可能であれば税理士試験に2科目合格した状態で転職活動をすると良い

1科目でも転職すること自体は可能ですが、できれば税理士試験2科目以上合格した状態での転職先を探すと幅が広がります。

確かに、合格科目が1科目でも募集している企業や税理士事務所はありますが、やはり募集している転職先は限られてしまいます。

2科目以上合格していれば転職先の幅がグッと広がります。

事前に準備してから転職先を探した方が採用される可能性が高くなります。

転職において、科目合格数やご年齢的にどのタイミングで転職するべきか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

そうしたケースでは転職エージェント等に相談してみるのも良いでしょう。

多くの税理士科目合格者の転職支援を行ってきた実績から、アドバイスをもらうことができます。

以下の記事でおすすめの転職エージェント等を紹介しておりますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。

会計事務所・税理士に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。