税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介!

税理士と言えば会計事務所での勤務が一般的でしたが、近年税理士のキャリアは多様化しており、転職される税理士の転職先も様々となっています。
これまでは独立を目指す税理士が多かったので、将来の独立を見据えた転職というものが多かったのですが、最近は独立志向の若手の方は減少傾向で、どちらかと言えばコンサルティング等の付加価値の高いサービスを提供するためのスキルを身につけたいということで、転職先を模索される方が増えているように感じています。

そこで、ここでは、税理士が活躍できるフィールドごとに税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

一般的な税理士の転職(会計事務所・経理・税務室・会計税務のコンサル)におすすめの転職エージェント

税理士の転職で最も多い転職先が会計事務所となります。
ついで、一般企業の経理、会計事務所系のコンサルティング会社となります。

税理士が会計事務所に転職される際、一般的な法人税務は一通りできるようになったのでより高度な税務を経験したいということで、スキルアップできる会計事務所への転職を目指されるケースは多くなっていますが、どのような会計事務所へ転職すればスキルアップできるのかというところで悩んでいる方は多かったです。

会計事務所の内情というのは情報がとり難いということもあり、なかなか自身で求人をサーチするのは困難なので、会計事務所の内情に詳しい転職エージェントを紹介します。
また、合わせて一般企業の経理への転職にも興味があるという方も多いので、税理士の経理への転職にも明るいところを選んでおります。

MS-Japan

近年は事業会社の経理への転職のイメージが強くなっていますが、会計事務所を含め税理士の転職にも非常に強いです。
会計事務所の求人保有数も非常に多く、特にスキルアップを目指す税理士向けの求人は多数保有しています。
より強みを持った税理士を目指すべく、新たに資産税(相続・事業承継)にチャレンジしたいという方や連結納税・組織再編等のスキルを身につけたいといった希望に対してあなたにマッチする会計事務所の求人の提案をしてくれます。
AIの台頭などにより何か強みを持った税理士になりたいと考える方は増えているため、
そうした希望に合った転職先の提案をしてくれるでしょう。
また、一般企業の経理や税務室への転職にもとても強いので、一般企業への転職も視野に入れているという税理士の方は必ず利用しておきたい転職エージェントです。
ジャスネットキャリア

税理士の会計事務所への転職にも強いのですが、どちらかと言えば企業の経理への転職に強いイメージです。
こちらの転職エージェントは公認会計士の方が創業したということもあり、会計・税務に関連した転職支援は非常に強く、転職相談にもしっかりのってくれるため今後のキャリアをどのように構築していきたいか悩んでいる方にはとても良いでしょう。
doda

総合型の転職エージェントです。
dodaに採用依頼をかける会計事務所も増えており、会計事務所への転職という点でも活用できるのですが、
税理士がこちらの転職エージェントを使って転職するケースでは一般企業の経理が多いのかなという印象です。
中小企業から大手上場企業まで求人を取り扱っており、優良企業も多いことから、経理・財務の求人を紹介してもらうという点ではとても良い転職エージェントです。
ただし、税理士のキャリアについてそこまで詳しいかというと、上記2社に比べるとどうしても弱くはなるため、初めて転職されるという税理士の方に関しては、dodaだけではなく、上記2社のどちらかと併用した方が無難ではあります。
上記3社はもう知っているという税理士の方が多いかも知れませんが、会計業界では古くから転職支援を行っており、非常に実績も豊富なので上手に活用して転職を成功させましょう。

海外子会社コントローラーや管理部門長等、税理士のハイクラスポジションへの転職

ハイクラスポジションを目指す税理士も多いかと思います。
特にBIG4税理士法人等に勤務している税理士の場合、なかなか年収で折り合いがつかず転職先が決まらないという方も多いです。
年収だけが全てではないと思いますが、ハイクラスポジションへの転職を検討している税理士の方向けの転職サイトを紹介します。

BIZREACH(ビズリーチ)

スカウト型の転職支援サービスで、こちらのサイトに登録すると企業やヘッドハンターからスカウトが届くサービスとなっています。
あなたの経歴に興味をもった方がスカウトを送ってくるため、あなたのこれまでの税理士としてのキャリア次第では条件の良い転職先からスカウトが届くでしょう。
スカウトが届く仕組みなので、自身の転職市場における価値を確認する手段として活用される方も多くなっています。
いずれにせよ、ハイクラスポジションへとチャレンジするのであれば必ず利用すべき転職サービスです。
ただ、税理士の転職支援を行っているわけではないので、キャリアの相談がしたいというケースにおいては、上記に紹介した転職エージェントを活用した方が良いでしょう。

外資系やグローバル企業等で英語を活かせる職場へ転職したい税理士におすすめの転職エージェント

英語を活かしてグローバルに活躍したいとお考えの税理士も多いです。
ただ、グローバル企業への転職は非常に難易度が高く、求人も非公開なものが多いので、転職を検討しているのであれば必ず転職エージェントに相談するようにしましょう。
なお、グローバルに活躍したいケースで、国際税務を取り扱っている会計事務所への転職をお考えの方もいるかと思いますが、そのような場合は最初に紹介した【MS-Japan】等を利用するようにしてください。

JAC

JACリクルートメントは外資系やグローバル企業へと転職するのであればとてもおすすめです。
税理士の転職精通しているわけではありませんが、JACのコンサルタントは非常にレベルが高いので、転職相談するだけでも価値はあるのではないかと思います。
外資やグローバル企業への転職となると面接対策等も重要になりますので、こうしたノウハウを持っているJACを活用して転職活動を行うことをおすすめします。

税理士の転職に強い転職エージェントまとめ

税理士のキャリアパスは広がっており、それゆえキャリアプランや転職先選びに迷ってしまうという方も少なくないようです。
具体的にどこに転職するのか決まっていないけど、転職はしたいと思っている、というような感じで迷ってしまっている方は、一度転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

彼らは転職支援のプロなので、あなたの悩みをしっかり聞き、過去の転職支援実績からいくつか参考事例を教えてくれます。
こうした第三者の意見も聞いてみることであなたの頭の中が整理されるということもあります。
このようなケースでは税理士の転職に明るい【MS-Japan】等の転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

以上で税理士におすすめの転職エージェントの紹介は終わりますが、本サイトには税理士の方に役立つであろう記事をいくつか記載しておりますのでご興味のある方はご覧ください。

税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える

会計士・税理士・会計事務所の転職お役立ち記事一覧へ