面接で希望年収を聞かれた際に、つい低めに答えてしまう【会計士・税理士・会計事務所スタッフの転職活動】

面接の際に希望年収を聞かれることも多いかと思います。
特にまだ経験の浅い若手の方など、本当は年収UPを期待して転職活動をしていたにも関わらず、実際に面接の場で希望年収を聞かれるとつい現年収と同じかちょっと少なくても良い、というような趣旨の回答をしてしまうかたもいらっしゃるかと思います。

自信のなさから来ることが大半なのですが、実際のところどのように答えれば良いのでしょうか?

希望年収の質問はあなたの価値観を確認する意味も込められているので、答え方も大事

希望年収に関して、多くの転職サイトでは、具体的な金額の提示を避けた方が無難というアドバイスをしていることが多いかと思います。

企業が希望年収を確認する意味合いとして、
自社の採用条件にマッチしているかを確認するといった一般的な理由で行うケース、
客観的に自身の市場価値を評価できているか、
どのような価値観を持っているのか、
等を確認しているケースがあります。

いずれのケースにしても、最も無難且つさりげなく希望の年収を伝える方法としては、
何か基準となるものを設定し、それをベースに話を進めるというものになります。

例えば、よくある方法としては、
「現職では○○万円ですので、同等かそれ以上を希望させていただきます」というような趣旨の回答。
そこにプラスアルファで謙虚も伝えなければならないので
「最終的には御社の規定に従いますので具体的には相談のうえで決めさせていただければと思います」
などと、求人先に判断を任せる姿勢も見せているかと思います。

自信がなく、どうしても希望年収を低めに伝えてしまっているという方は、
このように現年収等の基準を設け、そこを軸にそれ以上欲しいということをさりげなくアピールしましょう。

なお、どうしてもゆずれない年収額があるのであれば、その金額を伝えてしまっても良いと思います。

よくあるのが、現在年収370万円くらいの方が、年収400万円以上を希望するケースです。

異業種・異職種への転職であれば難しいこともあるのですが、
常識の範囲内(現年収の5%~10%アップ)であれば、それほど問題になることはありません。

それに、年収UPを希望しての転職であれば、結局低い金額で年収が提示されても転職したくないと思いますので、
具体的に〇〇万円以上ということを伝えてしまっても実は問題ないです。

あるいは、すぐに希望の年収額に届かなかったとしても、次年度以降の年収の伸びや希望する年収額が入社後の昇給で問題なく到達できる金額なのか確認するのも良いかと思います。

謙虚な姿勢を見せるのはもちろん大事なのですが、あまりに謙虚すぎても自信の無い人と見られかねないので、
するべき主張はしても問題ありません。

どうしても自分で年収の交渉ができない、という方は転職エージェント等を活用しうまく調整してもらうことをおすすめします。

ただ、最近の傾向として、無理に年収交渉をしなくても、比較的年収UPでの転職はかないやすい市況です。
特にスタッフレベルの方の転職で、ステップアップのための転職であれば多くの場合で年収UPの事例を見ています。

異業種などへの転職の際は年収相場に注意しましょう

会計事務所から会計事務所への転職等、業界内での転職であれば、年収相場もある程度把握できるかと思いますので、問題無いかと思います。

一方で、Big4監査法人から事業会社へ転職するケースや、大手税理士法人から事業会社の経理へ転職するなど、
違う業種への転職の際は注意が必要です。

監査法人等は給与体系がかなり高いため、異業種へと転職する際に同年収を確保しようと思ってもほぼ不可能です。

また、監査法人や税理士法人での勤務経験しかない方の場合、一般的な企業の年収相場がよくわかっていないケースもあるでしょう。
同じ企業でも、ポジションにより年収相場は大きく異なります。

そのため、年収という部分を気にされるのであれば、転職エージェントから必ず相場観を確認しておいた方が良いでしょう。
以下の記事でも会計士や税理士の転職先ごとの年収の相場観は記載しておりますが、
昨今企業個別毎に大きく異なるケースも増えてきているため、異業種へと転職される方は転職エージェントやヘッドハンターを活用されるケースがかなり多いです。

転職エージェントの活用を視野に入れているという方は、以下の記事も参考にしてください。
転職エージェントは転職希望者と面談を行った上で、各人の希望に合わせて企業と交渉してくれます。
もちろん転職エージェント経由の転職でも年収が上がらないケースもありますが、
それはそれで現在のあなたの実力がそうだった、と認識する良い機会になるでしょう。

基本的にどのエージェントでも問題ありませんが、異業種へ転職される際などはエージェントごとに得意・不得意がありますのでお気を付けください。

■公認会計士の転職エージェントについて

公認会計士の転職エージェント・転職サイトを紹介!

■会計事務所業界での転職を希望される方

税理士の転職サイト・エージェントを紹介!

■税理士で一般企業へ転職される方

まとめ

希望年収を聞かれた際につい低めに伝えてしまうという方やうまく伝えられないという方は、
現年収等の基本となるものをベースにして、さりげなくそれよりも多く欲しいということを伝えましょう。
また、どうしても待遇などの交渉を自分で行う自信が無いという方は、転職エージェント経由での転職活動をおすすめします。

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!<広告>

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。

忙しい税理士のためのAI転職診断!<PR>

最速転職HUPROのAIを活用した最速転職診断なら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート! 税理士資格や簿記、税務・会計スキルを活かした転職先を効率的に見つけましょう。※会員登録(無料)後に転職診断機能等が利用できます。
ABOUT US
Avatar photo
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。 執筆者・監修者・編集者情報へ