公認会計士の事業会社の経理への転職|転職失敗する人が多い?

公認会計士の転職情報

監査法人からの転職を検討する若手の公認会計士は増えていますが、ここ数年特に多かったのが、事業会社の経理・財務部門への転職を検討する20代、30代前半の公認会計士です。
「監査法人は激務だからとりあえず転職したい」「事業会社の経理ならワークライフバランスがとれそう」「将来的に事業会社の経営企画にいきたいから」「監査以外のスキルを身につけたい」など前向きな理由、後ろ向きな理由人それぞれ様々あります。
いずれのケースにしても、事業会社とひとくちに言ってもその内情は企業により異なるため、事前の情報収集が転職失敗回避への近道でしょう。

事業会社の経理は残業が少ないと思い込んで転職に失敗する公認会計士は意外と多い

転職希望の公認会計士の方のお話を聞いていて、事業会社の経理であればワークライフバランスがとりやすい、と思い込んでいる方が非常に多かったです。
もちろん、企業によってはワークライフバランスに優れたところもたくさんありますが、その企業がおかれているステージや募集の背景、企業風土、直属の上司・同僚など様々な要因で変わってきます。

事業会社の経理へ転職したものの1年足らずで辞めてしまう公認会計士の方が結構多いのですが、「監査法人時代より忙しい」と言って辞めてしまう方も一定数いらっしゃいます。よくある要因として、「募集背景として実は企業側で複数名退職する人が決まっていたため補充のために採用したケース」、「会社のことをよく知ってもらうために、という名目で、経理部門以外の仕事も兼任させられてつぶれていくケース」などがあげられます。

いずれも、自己応募の際には見抜きにくい事項ではありますが、しっかりと企業の内情まで含めた情報収集を行っておけば防げる事項なので、パッと見で良さそうに見えてもしっかりと下調べをしてから入社承諾されることをおすすめします。

こうした事項は転職エージェントを活用していれば情報提供してくれるはずですが、事業会社への転職の場合、エージェント間でも情報保有量に差が出ます。

そのため、事業会社の情報に精通しているエージェントの活用が良いのですが、
会計士の事業会社への転職という点では、マイナビ会計士が転職サポート体制・情報提供ではもっともよかったと感じました。

会計業界に詳しいエージェントは多いのですが、会計業界のみならず事業会社にも詳しいとなると意外と数は限られています。

また、最近ではAIを活用した転職サービスを活用することで、思い込みによるミスマッチが防げるようになってきています。
最速転職HUPROの無料AI転職診断では、多くのデータとAIを用いてあなたにマッチするワークライフバランスに優れた事業会社の経理の求人を紹介してもらえます。

残業時間や休日日数、有給消化率等のデータを取り込んでいるため、キャリアとワークライフバランスの双方を両立させたいとお考えの方などにもおすすめです。
公認会計士の利用者も増えており、この機会に最速転職HUPROの無料AI転職診断を試してみても良いでしょう。

事業会社への転職という点では情報収集が難しいケースもありますので、会計士の事業会社の経理への転職に詳しいエージェントやAIを活用した転職サービス等をうまく活用し、しっかり情報収集しておきましょう。

社風が合わずに早期退職となる公認会計士も多い

監査法人との風土の違いや、体育会系のノリについていけず辞めてしまう方も多くいらっしゃいます。

監査法人は、繁忙期以外は比較的のんびりとした風土で有給取得など自分のペースで取れたり、アサイン先のチームも自己の希望を考慮してもらえる方も多いのではないでしょうか?
しかし企業の場合、出勤する時間はもちろんですが、毎朝必ず朝礼が行われていて出席が必須であったり、お昼の時間が決められていたり、企業によって独特の習慣があったりします。
こうした企業の風土や習慣に馴染むことができず、辞めてしまうケースも多いです。

想定していた業務イメージとのギャップによる転職失敗

「監査法人時代に培った財務会計スキルを活かして、企業内部から数字を作る仕事がしたい!」「会社全体の数字を俯瞰・管理し、企業の中から会社の成長に貢献する仕事がしたい!」と意気込んで転職する公認会計士の人ほど実際の業務とのギャップに苦しんで早期退職してしまうケースが多いです。

入社していざ仕事が始まってみたら、細分化された一部の業務しか任せてもらえないケース、ルーティンワークばかりでクリエイティブな業務がほとんどないというケースは結構多いです。
大手上場企業の場合、難易度の高い業務もある一方、部門によっては監査法人の時以上につまらない仕事ばかりということも往々にしてあります。

こうした場合、ワークライフバランスはとりやすい傾向にあるのですが、「成長」という点では、自身のスキルが伸びている実感が得にくいようで、結局再度転職活動を始める会計士も少なくありません。

まずは、そもそもなぜあなたが事業会社へと転職したいのか、軸をしっかり固めて、
その軸に合致した転職先を探すようにしましょう。

ネームバリューや求人票に書かれていることを鵜呑みにするのではなく、しっかり事業会社の転職に精通したエージェントから情報を取得しておくことを個人的にはおすすめします。

事業会社の経理への転職においては年収が下がるのは許容していたが、思っていたより昇給しなかった公認会計士の転職失敗ケース

監査法人から事業会社の経理部門等へ転職すると年収が大きく下がるのはご存知のことかと思います。

ある程度の年収ダウンは許容できる方が多いのですが、転職後に想像以上に昇給が遅いことで悩まれる方もいます。

事業会社へ転職した時はまだ20代で独身だったこともあり、それほど年収について拘っていたわけではないのですが、
30代になり結婚し、子供ができ、お金がかかる段階に来た際に悩む方もいます。

事業会社の場合、給与の上がるペースは緩やかである傾向が強いので、年収にこだわりがあるケースではおすすめできない場合もあります。

これを転職失敗というかは微妙なところですが、事業会社の場合、公認会計士だから給与が高い給与が支払われるわけではなく、あくまでその企業の一社員であるということを理解しておくべきでしょう。

給与・年収はその企業の評価制度・賃金テーブルに則って上がっていきますので、そのあたりも事前に確認しておくことをおすすめします。
こうした事項は転職エージェント等に聞けば、現在時点での目安はわかる事項です。

ちなみに、事業会社での業務経験もキャリアとしては活きますので、そこからまた年収を上げていくことも十分可能です。

公認会計士の転職と事業会社の経理の内情に詳しい転職エージェントを使えば失敗は少ないのか?

「事業会社に転職したいのですが転職エージェントに登録したほうがいいですか?」と会計士の方から質問されることが時々あります。

そもそもそういう質問をする時点で情報収集能力に欠けると言っても過言ではありませんので、転職エージェントは活用すべきでしょう。

冒頭にも述べましたが、転職では事前の情報収集が非常に重要です。
転職すること自体は今の市況であればできると思いますが、
転職した後の方が大事であると考えますので、自分で情報収集ができないのであれば登録したほうがよいでしょう。

ただし、エージェントに登録したから絶対に転職がうまく行くというわけでは無く、
しっかりコミュニケーションを取りながら進めていく必要があります。

事業会社を志望する会計士の中には、なんとなく事業会社、というフワッとした感じで選んでいる人も多いので、
そのあたりも正直に話してしまった方が良いでしょう。

なんとなく事業会社を選んだ経緯などエージェントからヒアリングされるかと思いますが、それをもとにどのようなところが合っているのか多くの会計士の転職支援をしてきた経験からアドバイスをもらうことができます。

その他にもわからないことがあれば、この部分がわからない、もっと詳しく知りたいとハッキリエージェントに伝えて手取り足取り教えてもらうことで、
先のキャリアのイメージが沸きやすくなります。

逆に具体的な希望があるのであれば、それをしっかり伝えることでどのようなところでその希望が叶えられるのか情報提供してもらうことができます。

なので、エージェントを使うにしてもきちんとコミュニケーションを取り、エージェント側が力を発揮できるように協力してあげることも重要となります。

逆に変な見栄を張って嘘をついたりするとミスマッチが起きるので気をつけましょう。

ベンチャー企業を志望する会計士は転職に際して注意が必要|大手・中小企業への転職であれば問題ない

事業会社といってもベンチャー企業から超大手の上場企業まで様々ありますが、
大手や中小企業への転職ということであれば、転職エージェントを活用することで間違いなく転職失敗のリスクを減らすことができます。

というのも、エージェント経由で転職した方が複数いらっしゃるので、転職エージェント側に情報が蓄積されているケースが多く、
社内の雰囲気や、入社後に誰が上司になるのか?その企業独特のルールなどの気を付けた方がよいポイントなどを把握しているケースが多いです。

一方でベンチャー企業の経理や財務、CFO候補などで転職する場合は注意が必要です。
ベンチャー企業の場合、数か月で社内の状況が一気に変わってしまうからです。

転職エージェント側も情報把握には努めていますが、組織内部の変化のスピードがかなり速いので、
エージェントどうこうの問題ではなく、入社前・入社後いずれのケースにせよ状況が変わることがあるということを理解した上で転職されることをおすすめします。

公認会計士であっても、財務や会計に関することをやっていれば良いというケースは少なく、人事や総務に関連した雑務業務を行っている会計士は多いです。
変化を楽しめない方は向いていない職場と言えるでしょう。

なので、ベンチャー企業へ転職する際は、経営者がどのような人物なのか?という視点を重視して情報収集しましょう。
経営者の性格の傾向や経営方針を知ることでどのように変化していくのか予想することができるケースもあります。
また、経営者と性格が合わないとうまくやっていくことは難しいので、そのあたりを確かめるためにも重要なこととなります。

ベンチャー企業へ転職する際にエージェントを利用する際は、可能な範囲で経営者や経営陣について聞いておくと良いです。

ちなみに、私の周りでベンチャー企業へ転職してうまくいっているケースというのは、知り合いや先輩会計士からの紹介など人脈を使って転職しているケースです。
経営者含め、働いている人の人柄が掴みやすいので、人脈形成もしておくと良いでしょう。

ここでは人脈形成については深堀せず、転職エージェントを活用したケースについて記載しますが、
公認会計士の転職と企業の経理への転職に明るいエージェントで、転職実績・転職サポート体制など総合的に見て実績が高いのがマイナビ会計士です。

公認会計士の転職サポート体制が厚くなっており、現状かなりおすすめできる転職エージェントです。
ここ最近でかなり良くなったと感じました。

後は既に利用者が多いかもしれませんが、MS-Japanは実績が高いです。
ただ、一般的な経理スタッフの求人も多く、紹介される求人も多種多様なため注意は必要です。
転職相談やサポートというよりとにかく求人を大量に見たいという方には良いでしょう。

また、冒頭部分でも記載しましたが、最近は監査業務にもAIが取り入れられてきておりますが、転職業界でもAIの活用が進んでいます。

大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断サービスを展開する最速転職HUPROでは1万件以上のデータを基に、公認会計士の事業会社の経理への転職に最適な求人のマッチングを行っています。
精度も高く、AIによる解析で希望に合った求人先をすぐに紹介してくれるので、この機会に試してみても面白いでしょう。

公認会計士が事業会社に転職するケースでは、会計士の転職に詳しいだけでなく、求人も幅広く取り揃えているエージェントを活用する必要があります。
下記にそのようなエージェントの情報をまとめておきますので、転職失敗リスクを下げるためにエージェント活用を検討しているのであれば下記をご参考ください。

経理へ転職した会計士の方の声を紹介

実際に経理部門へと転職した経験のある会計士の方の口コミが2件投稿されましたので、紹介したいと思います。
経理の転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

<監査法人の時より仕事が単調>
監査に飽きたので転職を考えたのですが、なんとなく事業会社で働いて見たいと思い、経理部門へと転職しました。
転職した当初は新鮮味はあったものの、正直監査法人の時よりルーティンワークが多く、割とすぐ飽きました。
企業にもよると思うのですが、業務が縦割りなのは監査法人と同じであまりクリエイティブな仕事ができる環境とは言えず、2年程で退職してしまいました。
その後、会計系のコンサルへ転職しました。
経理といっても企業ごと、企業規模ごと、業種ごとで求められるものも違うと思いますが、大手にいくと結局分業化されているので、飽きは来ると感じました。
<年収が上がらない>
福利厚生は良いのですが、年収が上がらなくてちょっと嫌になりました。
3年働いていますが、監査法人時代の年収に追いつくまでに後5年はかかるなと感じています。
年収が落ちるという話は知り合いから聞いていたのですが、もう少し情報収集してから転職するべきだったと感じています。

上記は少し転職して後悔しているという声ですが、もちろん転職して良かったと感じている人も大勢います。

一つ言えることとしては、なんとなく転職するにしても、動機の部分をしっかり整理し、自分が何を求めているのか少し考えて見ると良いかと思います。
それと並行して情報収集を行うことで後悔のない転職ができるかと思います。

本ページで記載してきた通り、事業会社の経理と言っても企業ごとで全然役割は違います。

ベンチャーが合う人もいれば大手企業で分業化された仕事をやっているのが合う人もいます。
また、戦略を立てるのに近い部分で仕事をする人が向いている方もいるでしょう。

自分の頭の中の整理は自分でできるかもしれませんが、情報収集においてはエージェント等もしっかり活用して総合的に判断しながら転職活動すると良いかと思います。

会計士の経理の転職に強いエージェントについて

マイナビ会計士

公認会計士向けの事業会社の経理の求人がとても豊富で、
様々な可能性の中から転職先を選ぶことができます。

求人の量・質だけではなく転職サポートや転職相談にも力を入れていて、
応募書類の作成から面接対策までキッチリやってくれるので選考の通過率は比較的高い傾向にあると考えられます。

事業会社への転職というケースでは、選考突破のための対策に加えて、転職後に後悔しないために企業の内情に関しての情報収集も重要になりますが、
マイナビ会計士では企業の担当者等としっかりやりとりをしているので、そうした面でも安心感があります。

まずは情報収集だけがしたいという会計士の方が利用する際にもとても良いでしょう。

特に初めて転職されるという会計士の方は不安もたくさんあるでしょうから、
求人の紹介だけでなく、しっかり転職サポート・転職相談にのってくれる同社はとてもおすすめです。

最近の傾向として、マイナビ会計士を利用して事業会社の経理・財務への転職を成功させる方がとても増えているため、
事業会社への転職に興味のある方は必ず登録しておきましょう。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断が行えます。

10,000件以上のデータに基づいた解析を行っており、
有給消化率や残業時間、休日日数等のデータも踏まえているので、
「キャリア志向」の方だけでなく「ワークライフバランスを保ちつつもキャリアアップ」を目指したい方や「結婚や出産等のライフイベントを機に働く環境を見直したい会計士」の方にもおすすめです。

事業会社の経理・財務の求人保有数もかなり多く、ベンチャー企業から大手上場企業まで幅広く求人を保有しているため、
あなたにマッチした最適な求人が見つかるでしょう。

AIによる転職診断だけではなく、
多くの公認会計士の転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができるので、転職相談を重視したい方にもおすすめです。

転職相談もしつつ、効率的に求人をサーチしたいとお考えの会計士の方には特に相性が良いかと思います。

たった5分のAI転職診断であなたにぴったりの転職先を見つけることができるので、この機会にAIによる転職診断を試してみてはいかがでしょうか。

公認会計士の事業会社の経理への転職について

会計士が事業会社の経理・財務へと転職する際は、情報収集が重要であることがおわかりいただけたかと思います。
ただ、転職エージェントといっても、それぞれごとに懇意にしている企業が違うケースもあるため、可能であれば2社程度は登録しておいた方が良いかと思います。

事業会社の経理のみならず、もう少し幅広く転職先を探しているという会計士の方は合わせて以下の記事もご覧ください。
監査法人から転職することを前提に記載しておりますが、会計士の転職全般に言えることですので参考にしていただいても問題ありません。

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

2018年4月5日
以上となります。この記事が転職成功の役にたてば幸いです。

監修
監修者:武石大介(公認会計士試験合格者)

株式会社エクスペース代表取締役
新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)退所後、ウェディング関連サービスの開発を手掛ける。
会計・監査で培ったスキルを活かして様々な事業を展開。

問い合わせ・相談はこちらからお願いします。

«次へ
前へ»