30代の公認会計士の転職 家族との時間?夢?高年収?環境の変化による転職が多い年齢

公認会計士の転職お役立ち情報

監査法人から転職しようと思い続けて気がついたら30代になっていた方、
事業会社に転職し働いていたもののなんかモヤモヤしている30代の会計士、
ハイクラスな転職を目指す30代の会計士、
結婚して悩み始める会計士、
いろんな30代の会計士がいますが、このあたりの年齢になってくると、
自分だけの問題ではなくなってくるので転職するにも注意が必要です。

30代で監査法人からはじめて転職する会計士の転職理由は家族との時間がテーマのことが多い

最近は20代で転職をする会計士が多いのですが、30代で初めての転職という方も少なくありません。

30代の方で監査法人からはじめて転職するケースで多いのが、
男性でも女性でも家庭の時間が取れないというものは非常に多いです。
子どもが産まれたのを機に、家族との時間を意識する男性の方も多いです。
以前と比べると労働環境は良くなりましたが、それでも人によっては長時間労働も多いです。

そこで、事業会社の経理であればワークライフバランスがとりやすいのではないかと考え転職を考える30代会計士の方が多いように感じました。
特に女性はアンケート結果などから見てもワークライフバランス視点で求人を探される方も多かったです。

確かに、ワークライフバランスという点では事業会社の経理への転職は、理に適ってはいます。

ただ、注意していただきたのが、経理だからといって必ずしもワークライフバランスがとれるとは限りません。

経理部門にいる人も最近は転職するケースが多いのですが、意外と労働時間も長く、企業によっては純粋に経理だけの仕事をしていればよいというものでもないことも多く、かえって忙しくなるケースもあります。

また、飲食業をはじめとするサービス業の経理へ転職すると土曜日出勤などがあるケースもあるので、こうなると逆に休みが減ってしまうこともあるので、慎重に転職先を選びましょう。

基本的に大手上場企業の経理部門であればワークライフバランスが考慮されているケースが多いので、失敗は少ないのですが、非公開の求人が多かったり、内情や同じ経理でも配属によってはワークライフバランスがとりにくいこともあるので、経理部門への転職に詳しいエージェントから情報収集されることを推奨します。

また、男性に多いのですが、なぜか奥さんに転職することを黙っている方も少なくありません。
事業会社への転職の場合、年収が下がることもあるので、奥さんに言い難いという方もいらっしゃいますし、
言う必要あるんですか?という方までいます。
奥さんの理解を得ないで転職した場合、後々家庭のトラブルに発展したり、内定承諾後にしぶしぶ内定辞退をしなければならなくなり、自身の信用を失ってしまったりと、問題が起きるケースも何件か見てきているので、
必ず家族と相談してから転職される方が良いでしょう。

嫁ブロックなんて言葉が一時期よく聞かれましたが、
年収が問題になるケースにおいては、事業会社であれば年収以外の福利厚生が充実していたり、一時的に年収が下がるものの、きちんと今後の見通しを説明することで説得できることも多いです。

企業ごとの細かいこうした情報は転職エージェントに相談することで教えてくれますので、
情報を取得したい方はエージェントの活用も視野に入れてみると良いでしょう。

30代を機に新しいキャリア・スキルを身につけたいと転職する会計士もいる

監査経験しかないことに不安を覚え、30代前半から中盤あたりの年齢で、
新しい分野にチャレンジしようと考える方も多いです。

特に多いのが、コンサルに近い分野のアドバイザリーやFAS業界へと転職できないか考える方が多い印象です。

FASの中でもフォレンジックに興味をもつ会計士の方も多く、監査法人での経験を活かして新しい分野へとステップアップされる方もいらっしゃいます。

現在の転職市況であれば30代で監査法人での業務経験しかなくてもアドバイザリー部門やfasへは十分転職ができます。

ただ、FASといってもBig4系の規模の大きな案件を取り扱っているところから少数精鋭でコンサルを行っている独立系のコンサルまで様々あり、取り扱っている案件の内容次第で、求められるスキルや積める業務経験も大きく変わってきます。

コンサルの次のキャリアパスにも影響してくるため、しっかりエージェント等から情報収集しておくべきでしょう。
30代の他の会計士がどのようなキャリアを歩んでいるのか、どのようなところに転職してどのような働き方をしているのか、多くの転職実績をもとにした確かな情報を得ることができます。

30代ともなると単に業務内容だけを確認するのではなく、労働時間や転職後のキャリア等も含め確認しておく必要がありますので、しっかりリサーチしておいてください。

fasへの転職に興味のある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

2018年4月24日

M&Aなどの分野のコンサルティングに興味がある方は以下もご参考ください。

M&A業務がやりたい公認会計士の転職について

2018年11月25日

また、ファンドなどへの転職を検討される方も多いですが、この場合、M&Aアドバイザリー等を経験しておくと転職しやすくなります。
ただ、監査経験しかない方でも転職されたケースもありますので、転職を検討している方は確認してみると良いでしょう。

30代前半、中盤までであれば、現在の転職市況であれば新しいことには十分チャレンジできますので、しっかり情報収集を行いチャレンジしてください。

ハイクラス・高年収の転職先を考える会計士も

20代、30代で様々な経験を積みハイクラスポジションや高年収ポジションへの転職を検討される方も多いです。
事業会社の経営に近いポジションや投資銀行など希望は様々ですが、
あなたの経歴次第では十分に転職が可能です。
ただ、投資銀行の場合、学歴等も重要視されるのでご注意ください。

このようなハイクラスの案件や高年収の求人はあなた自身のスキルのみならずタイミングも重要なので、
常にアンテナを張っておいてください。

また、ハイクラスポジションは公認会計士でなくてもいい募集が大半で、その他の分野のプロフェッショナルの方々と競合になることもあるため、ハイクラス向けの転職サイト等も併用しながら転職活動されると良いでしょう。

基本的に人脈による人伝の転職が多いポジションですが、ベンチャー界隈の責任者ポジションではVC経由でヘッドハンターへ案件が出ていたりするので、ヘッドハンティングサービス等も必要となるかもしれません。

いずれにせよ、このクラスの転職だと転職後も人脈は重要なので、人脈の構築は行っておきましょう。

なお、ヘッドハンティングサービス等に関しては、本記事の最後にまとめておきますので気になる方はご参考ください。

将来起業したい、独立したいと夢を追いかける会計士も結構いました

起業や独立を考えていたものの、日々忙しく業務をこなすうちに30代になってしまった方もいます。

起業や独立を見据えた方がすぐに独立せず、1ステップ踏むケースとしては、
コンサルを経験しておきたい、税務のスキルを身につけておきたい等のパターンがあります。

いずれのケースにしろ30代前半までであれば問題ないでしょう。
特に税務の経験となると、完全に税務に特化した会計事務所の場合、大きく年収も下がってしまうので、
税務+会計士のスキルが活かせる業務が経験できる会計事務所(税理士法人)への転職をお勧めします。

また、独立という視点で行くとコンサルティングファームでの業務経験を積んでおきたいと考える会計士の方もいらっしゃいます。

最近だとM&Aに関するコンサルティングは需要・人気ともに大きいので、M&Aに関するアドバイス等を経験しておくのも良いかと思います。

M&A業務がやりたい公認会計士の転職について

2018年11月25日

30代公認会計士の転職事情

30代になるといろいろ環境の変化や心境の変化が起こってくる年齢です。
実際に私も30代で2回転職しました。

家族との時間を増やそうと、ワークライフバランスを意識した転職をし、
実際にワークライフバランスが取れたのですが、
仕事に刺激がな、結局忙しい業界にまた出戻り転職したことがあります。

ただ、後悔はありません。やはり子供が小さいうちは、家族との時間がとれてよかったと思っています。
今は、仕事バリバリできて良かったと思っています。

公認会計士の場合、完全に職を失うリスクは少なく、最悪の場合監査法人へと舞い戻ればいいのです。
今なら簡単に戻れます。この先しばらくは大丈夫でしょう。

なので、ワークライフバランスにしろ夢を追いかけるにしろ、今はチャンスの時だと思いますので、
思い切った選択をしてみるのも良いでしょう。

ただ、家族との相談は忘れないようにしてください。

どのようなケースの転職にしても、しっかり情報収集を行っておく必要があるかと思いますので、
情報収集や30代公認会計士が転職するのにおすすめの転職エージェントを最後にまとめておきます。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断が行えます。

10,000件以上のデータに基づいた解析を行っており、
有給消化率や残業時間、休日日数等のデータも踏まえているので、「キャリア志向」の方にはもちろん「家庭の時間を大切にしつつもキャリアアップできる環境で働きたい」とお考えの方や「子育てに理解のある企業へ転職したい」などそれぞれの希望にマッチした求人が見つかります。
事業会社の経理の求人を始めとして、監査法人・会計事務所・コンサルティングファームまで幅広い業界の求人を保有しているため、多くの選択肢の中からあなたの希望に合う求人の提案が受けられるでしょう。

AIによる転職診断だけではなく、
多くの税理士や会計事務所スタッフの転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができるので、転職相談を重視したい方にもおすすめです。

たった5分のAI転職診断であなたにぴったりの転職先を見つけることができるので、こちらを利用するメリットとしては、
まずは求人をサーチしたいという場合に良いでしょう。


マイナビ会計士

公認会計士の転職市場について熟知している落ち着いた方が担当だったので、安心して利用することができました。
転職相談や転職サポートが手厚いため、情報収集を目的とした利用という点でもおすすめですし、
転職活動において不安な点があるかたにもとてもおすすめできます。

30代ともなると人により状況は変わってくるものです。
初めての転職で不安だという方、ワークライフバランスを考慮した職場で働きたいとお考えの方、ハイクラスを目指すための転職をお考えの方など様々な方がいらっしゃいます。

マイナビ会計士では現在置かれている状況に合わせた転職サポートをしてくれますし、大手の人材紹介会社ということもあり、取扱求人の幅が広いので、様々な選択肢の中からキャリアを選択していけます。

あなたの状況に合わせた転職サポートを行ってくれるため、
落ち着いて転職活動を行いたいとお考えの方は是非登録してみましょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

ハイクラス案件が多いヘッドハンティングサービスです。

転職サイトではないので、あなたの経歴や希望を見たヘッドハンターからスカウトが届くサービスです。

ハイクラスポジションでは公認会計士ではなくても良いポジションも多いため、こうした多くのプロフェッショナルが集まるサイトの利用も必要になるケースもあります。

希望通りのスカウトがもらえるかどうかはあなたの経歴にもよるところがあるため、
現時点での転職マーケットにおける市場価値を客観的に確認してみたいという場合においても登録してみても良いでしょう。