30代の公認会計士の転職 家族との時間?夢?高年収?環境の変化による転職が多い年齢

監査法人から転職しようと思い続けて気がついたら30代になっていた方、
事業会社に転職し働いていたもののなんかモヤモヤしている30代の会計士、
ハイクラスな転職を目指す30代の会計士、
結婚して悩み始める会計士、
いろんな30代の会計士がいますが、このあたりの年齢になってくると、
自分だけの問題ではなくなってくるので転職するにも注意が必要です。

30代で監査法人からはじめて転職する会計士の転職理由は家族との時間がテーマのことが多い

最近は20代で転職をする会計士が多いのですが、30代で初めての転職という方も少なくありません。
30代の方で監査法人からはじめて転職するケースで多いのが、
男性でも女性でも家庭の時間が取れないというものは非常に多いです。
子どもが産まれたのを機に、家族との時間を意識する男性の方も多いです。
以前と比べると労働環境は良くなりましたが、それでも人によっては長時間労働も多いです。

そこで、事業会社の経理であればワークライフバランスがとりやすいのではないかと考え転職を考える30代会計士の方が多いように感じました。特に女性はアンケート結果などから見てもワークライフバランス視点で求人を探される方も多かったです。確かに、ワークライフバランスという点では事業会社の経理への転職は、理に適ってはいます。
ただ、注意していただきたのが、経理だからといって必ずしもワークライフバランスがとれるとは限りません。経理部門にいる人も最近は転職するケースが多いのですが、意外と労働時間も長く、また企業によっては純粋に経理だけの仕事をしていればよいというものでもないことも多く、かえって忙しくなるケースもあります。

また、飲食業をはじめとするサービス業の経理へ転職すると土曜日出勤などがあるケースもあるので、こうなると逆に休みが減ってしまうこともあるので、慎重に転職先を選びましょう。

基本的に大手上場企業の経理部門であればワークライフバランスが考慮されているケースが多いので、失敗は少ないのですが、非公開の求人が多かったり、内情や同じ経理でも配属によってはワークライフバランスがとりにくいこともあるので、経理部門への転職に詳しいエージェントから情報収集されることを推奨します。

また、男性に多いのですが、なぜか奥さんに転職することを黙っている方も少なくありません。
事業会社への転職の場合、年収が下がることもあるので、奥さんに言い難いという方もいらっしゃいますし、
言う必要あるんですか?という方までいます。
奥さんの理解を得ないで転職した場合、後々家庭のトラブルに発展したり、内定承諾後にしぶしぶ内定辞退をしなければならなくなり、自身の信用を失ってしまったりと、問題が起きるケースも何件か見てきているので、
必ず家族と相談してから転職される方が良いでしょう。

嫁ブロックなんて言葉が一時期よく聞かれましたが、
年収が問題になるケースにおいては、事業会社であれば年収以外の福利厚生が充実していたり、一時的に年収が下がるものの、きちんと今後の見通しを説明することで説得できることも多いです。
このように、情報を得るのに適した転職エージェントは、以下を活用すると良いでしょう。

ジャスネットキャリア

公認会計士の方が創業したということもあり、会計士の転職には非常に強い転職エージェントです。
その中でも特に事業会社の経理部門への転職に強いため、
このようにワークライフバランス等を意識した転職という点でも、おすすめの求人を紹介してくれる可能性が高いです。
こちらの転職エージェントは転職相談にも力を入れているので、
いろいろ相談しながら転職しなければならないケースにおいては特におすすめです。
マイナビ会計士

若手の方が利用されるイメージが強いのですが、30代でもおすすめです。
普通のマイナビの転職サービスを使うと、若いエージェントが担当になることが多いのですが、
マイナビ会計士の場合、私のケースでは会計士の転職市場を熟知している落ち着いた方が担当だったので、安心して利用することができました。
事業会社の求人も豊富でワークライフバランスに優れた先を探すという点では問題ないでしょう。
女性の場合、今はどうかわかりませんが、女性のエージェントの方を希望したら女性の方にしてくれた記憶があります。
女性の方が話しやすいこともあるでしょうから、聞いてみても良いでしょう。

経理への転職という点では、MS-Japanが会計士の間ではかなり有名ですが、若い担当の方が多いのか、求人はたくさん出てくるのですが個人的に相談という点で行くと、上記のエージェントの方が個人的には相性がよかったです。ただ、これは相性にもよると思いますし、大きな会社さんですのでいろんな方がいるので、何とも言えない部分ではあります。

30代を機に新しいキャリア・スキルを身につけたいと転職する会計士もいる

監査経験しかないことに不安を覚え、30代前半から中盤あたりの年齢で、
新しい分野にチャレンジしようと考える方も多いです。
特に多いのが、コンサルに近い分野の業務やFAS業界へと転職できないか考える方が多い印象です。
また、FASの中に入りますが、フォレンジック部門などへと転職する方もいらっしゃいました。
30代で監査の経験しかないとなると、
監査法人系のFASがもっとも無難な選択になるかと思います。
あなたが今後どのような仕事をしていきたいかにもよるので何とも言えませんが、
いずれにせよ30代でもfasであれば十分転職できます。
fasであればエージェントを活用しなくても転職は可能です。もし利用するのであれば、先ほど記載したマイナビ会計士MS-Japanあたりが良いでしょう。
fasへの転職ということであれば、以下の記事も参考にしてみてください。

公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

2018.04.24
また、ファンドなどへの転職を検討される方も多いですが、この場合、M&Aアドバイザリー等を経験しておくと転職しやすくなります。ただ、監査経験しかない方でも転職されたケースもありますので、確認してみると良いでしょう。
30代前半、中盤までであれば、現在の転職市況であれば新しいことには十分チャレンジできます。

ハイクラス・高年収の転職先を考える会計士も

20代、30代で様々な経験を積み、ハイクラスポジションや高年収ポジションへの転職を検討される方も多いです。
事業会社の経営に近いポジションや投資銀行など希望は様々ですが、
あなたの経歴次第では十分に転職が可能です。
ただ、投資銀行の場合、学歴等も重要視されるのでご注意ください。

このようなハイクラスの案件や高年収の求人は転職エージェントに相談しても、それほど多くの求人は出てきません。
特に会計士に特化している転職エージェントの場合、「公認会計士でなければならない仕事」を中心に求人を取り扱っているため、公認会計士でなくてもよいハイクラスのポジションとなると、別の方法を考えなければなりません。
このようなケースでは、多くの会計士が会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』を利用しています。

BIZREACH(ビズリーチ)

ハイクラスや高年収案件への転職を希望する会計士は、だいたいビズリーチを使っています。
企業からだけではなく、厳選されたヘッドハンターからもスカウトが届くため、
ヘッドハンターから情報を聞いてみるのも面白いです。彼らは一般の転職エージェントには無い面白い求人をたくさん持っており、ハイクラスを目指すにあたり、現時点で足りない能力などがあれば教えてもらうこともできます。
後は、やはり自身の人脈を使って転職されるケースも増えてくる年齢です。

将来起業したい、独立したいと夢を追いかける会計士も結構いました

起業や独立を考えていたものの、日々忙しく業務をこなすうちに30代になってしまった方もいます。
起業や独立を見据えた方がすぐに独立せず、1ステップ踏むケースとしては、
コンサルを経験しておきたい、税務のスキルを身につけておきたい、等のパターンがあります。
いずれのケースにしろ30代前半までであれば問題ないでしょう。
特に税務の経験となると、完全に税務に特化した会計事務所の場合、大きく年収も下がってしまうので、
税務+会計士のスキルが活かせる業務が経験できる会計事務所(税理士法人)への転職をお勧めします。
このようなケースでは以下のエージェントを活用しましょう。

MS-Japan

MS-Japanに登録している、という会計士が一番多かったので、恐らくあえて紹介する必要はないのかもしれませんが、
やはり求人の幅・量という点ではトップクラスだと思います。
会計事務所の求人も豊富で事業会社の求人も豊富というエージェントはそんなにありません。
そのため独立を視野に入れて税務を経験しておきたいというのであれば、こちらの転職エージェントが良いでしょう。
なお、会計士向けのコンサルティング会社の求人も豊富なので、こちらに登録しておけば恐らくほとんどの求人はカバーできると思います。
マイナビ会計士

会計事務所、という視点で見ると、イマイチな印象がありました。これはもしかしたら担当者によるところもあるかもしれませんが、会計事務所マーケット、特にマニアックな領域になってくるとそんなに詳しくないです。
ただ、会計士の転職の場合、事業会社志望が多く、マニアックな会計事務所への転職を希望される方が少ないということもあるのでしょう。
悪いことを書いてしまいましたが、事業会社とコンサルという視点でいくとおすすめです。
起業に向けてワンステップ踏むという方には良いでしょう。
ただ、個人的に自身がビジネスをやるのであれば、コンサルという立場で見るのではなく、
監査法人からそのまま起業した方がはやいのにと思いますが。

30代公認会計士の転職まとめ

30代になるといろいろ環境の変化や心境の変化が起こってくる年齢です。
実際に私も30代で2回転職しました。
家族との時間を増やそうと、ワークライフバランスを意識した転職をし、
実際にワークライフバランスが取れたのですが、
仕事に刺激がなく、結局忙しい業界にまた出戻り転職したことがあります。

ただ、後悔はありません。やはり子供が小さいうちは、家族との時間がとれてよかったと思っています。
今は、仕事バリバリできて良かったと思っています。

公認会計士の場合、完全に職を失うリスクは少なく、最悪の場合、監査法人へと舞い戻ればいいのです。
今なら簡単に戻れます。この先しばらくは大丈夫でしょう。

なので、ワークライフバランスにしろ夢を追いかけるにしろ、今はチャンスの時だと思いますので、
思い切った選択をしてみるのも良いでしょう。ただ、家族との相談は忘れないようにしてください。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。