税理士試験後の転職活動 情報収集力が転職成功のカギ

税理士を目指している方にとって、税理士試験は1年に1回のビックイベントですね。税理士試験後は転職活動が活発になることから、求人側も採用活動に力を入れる時期です。業務経験が浅い方やもっと税理士試験勉強に理解のある会計事務所に転職したい方、将来を見据えて実務経験を重要視していきたい方にとっては環境を変える絶好の時期です。
しかし、昨今の転職市場はこれまでとは少し違ってきているのが現実です。
そこで今回は税理士試験後の転職活動の進め方について解説していきたいと思います。

税理士試験前から転職の準備が必要?

税理士試験直前は最後の追い込みの時期のため、転職活動に時間を割くのは難しいですよね。転職活動どころか、転職やキャリアについて考えている余裕もない方が多いでしょう。

従来、税理士試験が終わった直後から各専門学校では就職合同説明会が開催されるなど、転職市場が活発になり、求人数、転職希望者共に最も多い時期となるのが通例です。そのため、税理士試験が終わってからじっくり転職について考えればいいというのがこれまでの一般的な考え方でした。

ただ、ここ数年は少し状況が変わってきています。税理士試験後に転職マーケットが活発になることに変わりありませんが、採用側の会計事務所の動きは少し変化しており、1年中転職チャンスに溢れているというのが実情です。

最近の会計事務所の採用状況

昨今、会計事務所は人手不足が続いており、転職マーケットは売り手市場となっています。
これまで採用要件が税理士試験科目3科目以上など条件を厳しく設定していた会計事務所などでも、1科目、あるいは合格科目無しでも採用する傾向になっています。

これは、税理士を目指す若者が減っていることにより、ポテンシャルがありそうな若手を早めに囲っておきたいという理由や仕事の依頼はたくさん来るが、人手が足りないため依頼を断らなければならないといった事態が発生しているなど、人材不足による転職者有利の状況が続いているからです。
そのため、会計事務所側は、年間を通して「良い人がいたら採用する」という方針をとっているところも少なくなく、必ずしも税理士試験後に「良い求人」がたくさん出てくるわけではなく、1年の中で求人が動いているというところは押さえておいた方が良いでしょう。

働きやすい会計事務所、税理士試験勉強をサポートする会計事務所は増えている

上記で述べたように、売り手市場が続いていることから、税理士資格取得を目指している段階の人の採用も強化しており、会計事務所側も福利厚生や労働環境を徐々に整えているところも多くなってきています。
例えば、税理士試験受験のサポートを手厚くしている会計事務所も増えており、必ず定時での帰宅ができたり、税理士試験勉強のための専門学校費用の負担をしてくれる会計事務所があったりなど、良い環境を整えようとしているところは増加傾向です。
こうした会計事務所は税理士試験後はもちろんですが、年間通して比較的人気の転職先となるため、定期的に情報収集していないとなかなか巡りあうことのできない求人先だったりします。

税理士試験前後だけではなく、定期的に求人に関する情報の収集をした方が良い

上記で述べたように、定期的に会計業界の転職情報を仕入れることで、良い求人先に巡り合うことができる可能性が高くなることがおわかりいただけたかと思います。
転職活動を行う前の事前の情報収集で差がつくことが多いため、極力転職や求人に関する情報収集は事前にじっくり行っておくことをおすすめします。

しかし、税理士試験の勉強をしながらこうした情報を集めるのは至難の業です。
そこでうまく活用したいのが、会計業界に強い転職エージェントの存在です。
転職エージェントは日々求人先と情報交換を行っており、最新の情報を持っているため、転職サービスに登録することで、日々情報が送られてきます。会計業界に詳しい転職エージェントであれば、業界特有の事情も熟知しているため、転職を急かされたりすることも無いので安心して使えるでしょう。
転職エージェントの利用は避けたいという方は、勉強仲間や先輩などから情報収集を行うのも良いでしょう。

そうは言っても日々の仕事や勉強で忙しいので、税理士試験後でないと転職について考えられない

ただ、やはりまずは税理士試験に突破するのが第一の目標かと思いますので、転職マーケットの情報収集に関して事前に情報収集をしようという考えに至る余裕は無いという方もいらっしゃるかと思います。もちろん、税理士試験後からの動き出しでも問題なく転職先は見つけられますが、以下の点に注意しながら転職活動を行うと良いでしょう。

各専門学校の就職合同説明会での注意点
専門学校での就職合同説明会は、多くの会計事務所がブースを出展し、税理士試験受験者に事務所の魅力や特徴をアピールする場となっています。一見、転職先を見つけやすそうなのですが、多くの事務所の中から自分に合った求人先を見つけるのは結構難しいです。出展している事務所全てを見て回ることは到底不可能ですし、事務所側も事務所の良い部分しかアピールしないため、見極めるのは非常に難しいです。そのため、合同説明会に行く前にある程度アタリをつけてまわるのが良いでしょう。また、合同説明会の前日、あるいは後でも良いのですが、ここでもやはり転職エージェントをうまく使うのも良いです。彼らから該当する会計事務所の情報を収集してから参加しても良いでしょう。
合同説明会の当日、あるいは翌日すぐに面接を実施してくれる事務所も多いため、もし合同説明会でピッタリ合う事務所が見つけられたら、かなりラッキーです。
就職した後のキャリアパスや給与、実際の業務がどうなのか気になる
求人先である会計事務所の雰囲気や組織体制、想定される業務内容、年収、残業時間など、実際に転職活動を始めると細かい情報まで気になるものです。これらの情報を個人で集めるのはかなり難しいです。勉強仲間や先に転職している先輩などから情報収集するのも良いのですが、ここもやはり転職エージェントをうまく活用してみるのも良いでしょう。説明会やパンフレットには良いことが書いてあっても、実態と異なるケースも残念ながらあります。多くの会計事務所への転職実績を持つ転職エージェントをとにかくうまく利用して、効率的に転職活動をすることをおすすめします。
税理士試験後に転職活動を行う場合は、上記の注意点を含めて、やはり転職エージェントを使うのが個人的にはおすすめです。転職エージェントというと無理やり転職させそうなイメージを持っている方も多くおり、あまり良いイメージを持っていない方もいるかと思いますが、そのようなことはありません。一部ではそのようなところもありますが、多くの転職エージェントは、しっかりと個人にあったプランを提案してくれます。各会計事務所ごとの比較や面接対策など親身になって行ってくれるでしょう。

まとめ:転職は必ずしも税理士試験後がベストというわけではない

結局のところ、税理士科目合格者の転職活動のポイントは、情報収集と自身の希望・志向の整理、転職するタイミングを見誤らないことです。
少し長くなってしまったので、要点をおさらいすると、

・税理士試験後は転職マーケットは活発になるので、この時期に備えて事前の情報収集は重要である。
・一方で、会計事務所業界は売り手市場が続いており、年間を通して「良い人がいたら採用する」という事務所も多いことから、求人情報等をキャッチアップしながら、年間の中で転職を検討することで、他者と転職時期が被らず、有利に進められる可能性もある。
・情報収集の仕方がわからない方や、忙しくて時間が無いという方は、転職エージェントの利用も検討してみる。転職エージェントが代わりに情報収集してくるため、効率的に動くことができる。
・自身の志向を固めておく必要がある。
上記のような状況であるため、必ずしも税理士試験後の転職がベストであるとは言えない状況ではあります。
税理士試験後の就職・転職活動に出遅れてしまったとしても、1年間を通してご自身の志向の整理と情報収集を行いながら活動することで、希望に合った会計事務所への転職は叶えられますので、安心して転職活動を行いましょう。
情報収集などで心配な方は、下記に会計事務所業界に詳しい転職エージェントを紹介しますので、気になる方は転職エージェントの利用も検討してみましょう。

転職エージェントの紹介

<PR>ジャスネットキャリア
これまで2万人を超える転職希望者(公認会計士、税理士など)のサポートを行っており、会計分野には特に強い転職エージェントです。そのため、税理士試験の合格状況や一人ひとりのキャリアステージに合った最適な求人先の提案が受けられるでしょう。
転職ありきではなく、キャリアについて真剣に考えてくれるため、おすすめの転職エージェントの一つです。



<PR>MS-Japan
税理士法人・会計事務所への転職はもちろん、
事業会社の経理や財務部門などにも興味のある方におすすめの転職エージェントです。
求人の数がとにかく豊富なため、幅広い選択肢の中から最適な求人先を選ぶことができます。
税理士科目合格者や税理士試験受験者向けの求人も数多く扱っているため、たくさん求人が見たいという方には特におすすめです。