在宅勤務・リモートワーク可能な会計事務所・税理士法人への転職・求人について

在宅勤務・リモートワークがしたい税理士・税理士科目合格者の転職

在宅勤務・リモートワーク可能な会計事務所への転職を希望される税理士の方や会計事務所スタッフの方が増えています。

家族との時間をしっかりとりたい、税理士試験勉強の時間の確保のためにリモートワーク環境のある会計事務所で働きたいなどリモート勤務・在宅ワークしたい理由は人それぞれですが、需要が高まっていることは間違いありません。

ここでは、そんな会計事務所業界のリモートワーク求人を見つけるためのポイントや転職マーケットにおける状況について見ていくとともに、リモートワーク可能な会計事務所求人の見つけ方のポイントなどもご案内していきたいと思います。

コロナ禍以降にリモートワーク可能な会計事務所・税理士法人の転職先がかなり増えた

在宅ワーク可能な会計事務所

コロナの影響により経済は大きな打撃を受け、求人・採用マーケットにも影響が出ましたが、そのコロナ禍のおかげで一つ良かったことを上げるとすればIT化・デジタル化が進みリモートワークが可能となった会計事務所が多くなったという事でしょう。

大手税理士法人やITに強い会計事務所では元々リモート勤務体制は整えられており、出産や育児などの状況に合わせて柔軟な対応ができるようにという事で整備されているところは既に増えている状況でしたが、所員数が少ない中堅・小規模会計事務所の場合はそのような状況に無いケースが大半でした。

ただ、コロナ禍以降においては、デジタルツールを活用した業務運営の変革を余儀なくされるケースも多かったため、結果的に体制が整ってきた会計事務所が増えているという状況です。

体制が整ってきた中で、各会計事務所ごとの業務特性・クライアント特性の他、リモートワークに対する価値観を所長等がどのように捉えているかという部分でその制度の利用可否が変わってくる状況となっております。
現状では入所直後からリモート勤務が許されるという事務所はまだ少ない印象ですが、一定期間の勤務後や信頼が得られるケースでは利用可能というケースも多いため、ご希望や許容範囲によってマッチする入所先会計事務所は変わってくるかなと思います。

なお、業務特性上複数のモニタ(マルチディスプレイ)が必要であったりネット回線の速度等の問題が業務効率に与える影響は大きいので、そういった意味から所員側から出勤を望むケースも多いのですが、出勤・在宅をうまく調整しながら働ける会計事務所、あるいは完全在宅勤務が可能でそうした設備面もサポートしてくれる会計事務所等条件は様々ですから、単にリモート勤務可と書かれているといったことだけでなく、各種条件と実態を確認の上転職されると良いです。

この辺りは各会計事務所ごとで方針が異なり、求人票だけからではなかなか情報が得にくい部分でもあるので、エージェントなどからしっかり情報を取得しておきましょう。

税理士におすすめの転職エージェントのページでエージェント情報は紹介しておりますので、エージェントに興味のあるケースではそちらもご覧ください。

リモート勤務可と求人票に書いてあってもあなたがリモート勤務できるかどうかは別問題

リモート勤務・在宅勤務の条件を確認しておく

昨今は多くの会計事務所の求人票にリモートワーク・在宅勤務可と記載されているケースが増えましたが、それらの勤務体系を利用するには条件を満たす必要があるケースもあり、あなたがその条件に当てはまるかどうかしっかり事前に確認しておく必要はあるでしょう。

まず、コロナ禍における一時的な処置として在宅勤務を認めているだけのケースも意外と多いのですが、基本的な勤務形態をリモートにしたいとお考えの場合にそうした会計事務所の求人に応募しても意味がありませんので、注意は必要です。

その他のケースとしては一定の勤務年数が必要であったり、一定の家庭条件(子育て中・介護等)の場合のみ認めるなど各税理士事務所により条件が異なるので事前にしっかり確認しておくことは重要です。

後は、昨今の世の中の声をとりあえず反映するために何となくリモートワーク可と記載しているだけ(制度としてはあるが実質的に使えない等)の場合もあるので、実態はどうなのか確認する必要はあるでしょう。人事評価者である所長がそもそもリモート・在宅勤務をよくないと思っているケースもあり、そういった場合はリモートを希望すると面倒なので、制度的な面では無く、所長の人柄的な面でも可能な範囲でチェックできると良いかと思います。

教育や研修などスキルアップを望む転職の場合はフルリモート勤務の会計事務所への転職は注意も必要

教育・研修環境やOJTの環境等についても事前に確認しておいた方が良いでしょう。

スキルアップを目的とした転職の場合は注意も必要であり、同じ環境で一緒に働くからこそ教われることも多いので、リモート勤務環境が必ずしも良いとは限りません。

動画などのオンラインでいろいろと研修教材を整えてくれている会計事務所も多いので、リモート環境・在宅勤務環境であっても知識の習得等は可能だったりするのですが、一緒に働くからこそ参考にできるスキルというのも多数ありますので、あなたが転職によって得たいモノによっては在宅・リモート勤務が良いとも言えないため、転職において何を実現することが重要なのかしっかり考えてみましょう。

在宅勤務・リモートワークができる税理士事務所の求人を見つけるにはどうすればいいか?

在宅勤務・リモートワーク可能な会計事務所の求人を見つけるにはどうすればいい?

リモートワーク可能な求人を探すにあたっては求人広告サイトの利用とエージェントの利用の双方が不可欠と言えます。

会計事務所は求人サイトへ広告を出稿するケースも多くありますが、会計事務所が在宅勤務可能な求人を表立って掲載すると応募が多くなる(採用基準に合致しないレベルのダメ元応募が多くなる)ことから、求人広告媒体への掲載を避ける傾向も有り、一定度のレベル感の人材を求めているケースも多いので、そうしたことからエージェントに採用依頼を掛けるケースも多いです。

求人サイトにしか出さない、エージェントにしか依頼しない、こういった会計事務所も多いので、必然的に双方を利用する必要が出てきます。

リモート勤務可能で良い条件の会計事務所求人はすくにクローズするのでタイミングと機会の創出増が重要

在宅ワークOKで条件の良い税理士事務所の求人は人気なのですぐに募集が埋まってしまうことも少なくないです。

そのため、求人が出た際にすぐにエントリーできるように準備しておく必要があり、エージェント担当者との打ち合わせを行い、応募書類なども有る程度形を作って備えておき、良い求人があった際に素早く動けるようにしておくのが良いでしょう。

また、どのエージェントあるいはサイトから良い求人が出るかわからない部分も多いので、可能であれば2社ほど登録しておくことをおすすめします。

実際に登録を検討するにあたってはお好きなところに登録して頂くのがよろしいかと思いますが、とりあえずどこに登録すればいいかわからないといったケースでは、昨今の会計事務所業界の転職において、例えば税理士試験勉強時間確保のためにリモート可能な職場を探しているといったケースや子育て中の税理士の方がキャリアと家庭を両立するために良い会計事務所の求人は無いかといった形で条件等を付した形で転職先を探していくケースでは「テクノロジー」と「人」をうまく活用したサービスである最速転職ヒュープロの利用が一つおすすめできると言えるでしょう。

各会計事務所の働き方に精通したエージェント担当者からの情報提供と独自開発したアルゴリズムやAI等を活かした転職診断コンテンツが利用でき、求人広告サイトとエージェント機能の両方が合わさったようなハイブリッド型の転職サービスなのですが、リモート求人の数も税理士業界向けサービスとしてはかなり多く(2022年8月5日時点においてリモート求人250件)、それ以外の条件でのマッチもしっかりしていて、ここ1,2年は実績がかなり高くなってきていることから参考情報としてご案内させていただきます。

税理士業界において在宅勤務に焦点を当てた転職を促すサービスはそこまで多くなく、実績もそれほど聞かない中でこうした打ち出しができるというところから一定の自身と実績があることがわかります。

リモート勤務案件をお探しのケースでは利用しておきたいサービスの1つと言えます。

同サービスの特徴等は以下よりご確認ください。

最速転職ヒュープロの公式サイト(リモート関連実績等)を見る

最速転職HUPRO(ヒュープロ)の評判・口コミと特徴を見る

税理士試験勉強中の方の在宅勤務・リモートワーク転職

税理士試験勉強中の方の場合もリモートワーク可能な会計事務所へ転職することで試験勉強時間と実務経験の双方がバランスよく取れるようになります。

実務経験や高度な税務スキルもキャリア的には重要な要素ですが、まずは資格取得をしないと始まらないため、そこを優先したいという方が多いでしょうから「時間の確保」という部分を念頭に置いて週にどの程度リモート勤務が可能なのか、リモート勤務中における監視体制(カメラをオンにしないとダメ等があるとストレスが溜まるので要注意です)、同じように税理士試験勉強中の方の在籍の有無などを確認し、税理士試験勉強時間が確保できる勤務先の転職を狙っていきましょう。

気を付けるべき点は、「孤独」な状況が続くことによるメンタル不調という事例も多数報告されています。

効率性を重視するあまり、人との接点が無くなってしまうといった方も少なくありませんので注意は必要です。

これは勉強中の方だけでなく、リモート勤務中心になってから淡々と一人で業務をこなす環境に嫌気がさしてメンタルを崩すといった傾向も増えていると聞きますので、出勤とリモートがバランスよくできるなど融通がきく職場も増えているので、ご自身の性格・価値観などと照らし合わせて慎重に検討しましょう。

在宅勤務・リモートワークの場合オンとオフが明確にならず労働時間が増える傾向も

仕事の始まりと終わりが自由であったりすることも珍しくなく、また、オンとオフの区別がつきにくいので

タスクが明確であれば仕事の終わりは区切りやすいのですが、コンサル要素が強い業務内容であったり、クライアントからの質問を多数さばかなければならないポジションの場合はどこで仕事を区切るか判断をつけにくく、延々と来るチャットツールの通知やメールに対応しすぎて気が付いたら夜中になっていたというケースも多く見られます。

ポジションや業務内容によるため一概に言えない部分もありますが、時間を有効に使いたいから在宅勤務したいというケースは、こうした部分にも気を配っておきましょう。

在宅ワークにより家庭内で不和が生じたケースも

家族との時間を大切にしたい、増やしたいといった希望から在宅勤務を選択したのに実際にやってみたらかえって家庭環境が悪化したというケースも税理士に問わずあります。

夏休み等の子供が長時間にわたって自宅にいるような時期に関しては部屋の中がうるさい、仕事を邪魔されるといった形になり、数カ月、半年と時間が経つにつれてストレスが溜まって来て奥さんあるいは旦那さんにあたってしまうといったケースも見受けられました。

子どもがいない家庭であっても、夫婦双方テレワークをしてずっと顔を併せていると些細なことから喧嘩をしたり不仲になったりといったケースもあります。

もちろん全てこうなるというワケではありませんが、家の中は本来仕事をする場所ではないので、やり始めてみたら意外とうまく行かなかったというケースもあります。

特にフルリモート勤務だとこのケースがあるので柔軟に対応できる環境を選択した方がメリットは高いかなと感じます。

在宅勤務・リモートワークを行っている税理士の転職事例やキャリア事例を聞いてみた方が良い

私はエンジニアなどの職種の転職支援も行っていましたが、こうした職種の場合、本当の意味でのリモートワーク(全国どこに住んでいてもOKで時間・場所問わず等)がだいぶ前から実現できており、働き方の事例、キャリアの事例、情報交換の機会など多く存在していました。

一方で、税理士業界ではリモートワークや在宅勤務というのは実質的にコロナ禍以降から始まったと言えるかと思いますので、リモートワークやってみて実際のところどうかといった事例はまだそれほど多く無い状態です。

私自身も少ない事例しかまだ把握はしていないのですが、意外と出勤の方が良かったという声も聞くので、あなたももし何となくリモートワーク環境がいいなと思っている程度でしたらミスマッチする可能性もあるので、可能な範囲で事例を集めておくと良いでしょう。

それにあたって、先ほども記載しましたが、エージェント経由での転職はかなり増えているので、エージェントの方から実際のところどうなのかといった情報を取得するのも有用です。

SNSの活用等も有ですが、SNSはポジショントークが多いので、情報の偏りという点で注意して閲覧するようにしましょう。

在宅ワークのメリット・デメリットをしっかり押さえ転職を検討しましょう

在宅で働くメリットと同時に、デメリットなども紹介してきましたが、在宅ワーク・リモート勤務が必ずしもあなたにベストマッチな選択とは限らない可能性がある他、転職先の会計事務所の風土・制度によっては希望する働き方が実現できないケースもありますので、しっかり各会計事務所のリモートワークの実態等も含めて情報を取得されるのが良いでしょう。

エージェントなどからの情報収集だけでなく、面接時などでの質問でも確認することができますので後悔の無いよう

税理士のリモートワーク・在宅勤務を目指す転職まとめ
  • リモート勤務可能な会計事務所は増加傾向
  • IT/デジタル化は規模の大小問わず進んできており、働きやすい環境は増えている
  • リモート勤務可と求人に記載されていても細かい条件等があるケースも多いため情報収集しておく必要がある
  • 最速転職ヒュープロではリモートワーク可能な会計事務所の求人数は豊富であり実績も高いことから転職活動時に利用したいエージェントの1つと言える
  • リモートワークの良い面だけでなく、デメリットも理解する

純粋にワークライフバランスを求めている状況において本記事に辿り着いたというケースにおいては、別途会計事務所への転職におけるワークライフバランスについての記事もご参照ください。

その他、本ページではエージェント・転職サービスのご案内もしましたが、リモート勤務にとらわれず、全体的な視点でどういったエージェントを利用すべきかなどを検討したい場合は税理士におすすめの転職エージェントの項目もご覧ください。

忙しい税理士のためのAI転職診断!<PR>

最速転職HUPROのAIを活用した最速転職診断なら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート! 税理士資格や簿記、税務・会計スキルを活かした転職先を効率的に見つけましょう。会員登録(無料)後転職診断機能等が利用できます。
ABOUT US
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。