ベンチャー企業のCFOとしてIPOを経験したい公認会計士の転職

公認会計士の転職お役立ち情報

将来ベンチャー企業のCFOとしてIPOにかかわりたいなど、IPOに関連した仕事がしたいと考える公認会計士は少なくありません。IPOに携われる公認会計士の転職ルートとしてはどのようなものがあるのか?簡単に見ていきたいと思います。

監査法人でIPO支援等を経験する

公認会計士は、多くの方が監査法人からキャリアをスタートさせるかと思いますが、監査法人にいるときからIPO支援に関する業務を経験しておくことは、当たり前ですが大きくプラスに働きます。
最近の傾向として、数年で監査法人から転職してしまうケースが非常に多いのですが、それでも監査法人にいるうちに可能な範囲でIPO支援に関する業務は経験しておいた方が良いでしょう。

いちスタッフとしての経験だけだとそれほど経験値としては評価されませんので、証券会社などの金融機関とやりとりする場に入れるくらいまでやっておくと良いです。また、実際に上場させた経験を持っておくと尚の事良いでしょう。

ただ、大手の監査法人にありがちなのですが、現在お勤めの監査法人だと多くの経験を積むのに時間がかかるということもあります。
そうした場合、中堅規模の監査法人に転職するのも良いでしょう。
中堅規模の監査法人の場合、大手監査法人より数年早くインチャージの経験やIPO支援業務のメインどころを担当することができます。実際に大手監査法人から中堅監査法人に転職し、数年経験を積んだ後(※監査法人勤務の後にコンサルティングファームに行く方も多いです)、ベンチャー企業のCFOとして転職されるケースも多いです。

監査法人から監査法人への転職ということであれば、今の市況であれば比較的容易なので、自身で転職先を探しても問題なく転職できるでしょう。

ただ、ベンチャー企業のCFOとしてIPOに携わりたいとなると、先のキャリアまで視野に入れた情報収集の必要がありますので、このようなケースでは転職エージェントに相談しておくことをお勧めします。

どのような経験を積んでおくべきなのか?という視点で転職先・転職先部門を選ぶ必要がありますので、そうしたアドバイスをもとにキャリアプランの相談ができるマイナビ会計士の利用がおすすめです。

また、最近はAIを活用した転職サービスの最速転職HUPROの無料AI転職診断というものがあります。
監査法人への転職というケースではAIを活用するまでもありませんが、以下で解説するコンサルティングファームや事業会社への転職も視野に入れるケースではおすすめです。

会計業界のみならず、ベンチャー企業を始めとする事業会社やそのほかコンサルティングファーム等も視野に入れている場合は注意が必要です。

監査法人からベンチャー企業のCFOとしてIPOに携わりたい公認会計士の転職について

監査法人の勤務経験しかない方で、いきなりベンチャー企業のCFOとして転職している方は、近年増えています。
ただし、うまくいっているケースとなると、半々ぐらいではないでしょうか。

スキルという点で行くと、一概に年数で測れるものではありませんが、監査法人で5年程度勤務されている方であれば、なんとかなっているように感じています。

CFOとして求められる役割は企業により異なりますので、一概には言えませんが、経理・財務体制の整備や資金調達、証券会社・監査法人の対応など、こうした業務は監査法人時代の経験がそのまま活かせます。証券会社、監査法人側の指導の意図なども把握しているため、対応にそれほど苦労はしないでしょう。

うまくいかないケースとしては、創業者との人間関係の悪化や業績等の悪化によりIPOを断念せざるをえなくなるケース、社内の人間関係で苦労するケース、そもそも会社を見る目がなかったなど様々です。

創業者との人間関係の悪化という点においては、経営方針の食い違いや、公認会計士のスキル不足が原因のものまで様々です。特に監査法人の経験しかない会計士の場合、第三者目線で物事を見る癖がついてしまっているケースもあり、冷静さを保つ意味で第三者目線でアドバイスをしているつもりだったのが、他人事のようにとられてしまい、経営者とうまくいかなくなるケースもあります。

また、癖のある経営者も多いので、そうした人間関係でうまくいかないケースが多いように感じます。IPOを果たすには、結局のところ、経営者のビジョンに共感できるかどうか、経営者との性格の相性が良いかどうかとなります。
スキルも大事ですが、ここが一番重要なように感じています。そのためヒューマンスキルやマインドセットも重要になるでしょう。

IPO関連の転職で失敗するケースで、それほど魅力的なビジネスをやっている企業ではなかったというケースもあります。
監査法人の経験しか無い場合、ビジネスモデルに触れてきた経験が圧倒的にかけており、そもそも企業選びに失敗してしまったというケースです。ベンチャー企業に入社する前段階では、投資家目線での判断も重要になりますので、そうしたスキルを磨いてから転職しても遅くはないでしょう。

監査法人からベンチャーのCFOへと転職してうまくいっている例は、知り合いの紹介など、しっかり人脈が作れている方のケースが多いです。そのため、可能な範囲で構いませんのでしっかり監査法人に勤務しているうちから人脈形成は意識しておきましょう。

現在人脈が乏しく、なかなか自分で情報収集できないという方は、
ベンチャーでの具体的なキャリアパスや働き方、キャリア事例が知りたいという方は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職相談を重要視したい方は、合わせて会計士専門の転職サイトでキャリアに関する情報収集をするのが良いでしょう。

監査法人から投資銀行やベンチャーキャピタル、コンサルティングファームを経てベンチャー企業のCFOとして転職

ベンチャー企業のCFOとしてIPOを狙う上で、一番無難な経路が、監査法人からコンサルティング会社などを経てベンチャー企業のCFOへと転職するケースです。

コンサルティングファームでは、顧問先(投資先)の経営陣と密にコミュニケーションを取って業務を進めていくことになります。

また、経営状態がおもわしくない先があれば、ハンズオンで顧問先(投資先)の経営を行っていくこともあり、非常に濃密な経験を積むことができるでしょう。

監査法人の時よりもビジネスに近い現場で仕事ができるため、多くのビジネスモデルに触れることができるのも魅力です。

このような経験を積んでいくことで、人脈を形成することもできますし、自身の会社や経営者の見る目も養われるため、自身がIPOに携わるときの助けになるのはもちろん、そもそもどの会社に入るべきか?という点でも見る目が養われます。

こうした経路をたどっている方が一番失敗が少ないのではないかなと感じています。

なお、監査法人からコンサルティングファーム、投資銀行、VC等に転職するに際しては、マイナビ会計士、もしくは最速転職HUPROの無料AI転職診断が良いでしょう。

自身のある方はヘッドハンティングサービスの会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の利用も検討しても良いかと思います。

ビズリーチで求人を見つつ、会計業界・コンサルファーム・事業会社のいずれの転職にも強い転職サービスを利用し、転職市況や求人情報等について情報収集することで、転職失敗のリスクを少なくすることができます。

繰り返しになってしまいますが、転職サイトを利用しつつも、やはり人脈による転職が実現できるのであればそれに越したことはありませんので、
どのような選択をとるにせよ、この先のキャリアのことも考えて人脈構築なども忘れずにおこなうと良いでしょう。

最後に、公認会計士がベンチャーのCFOを目指す上で情報収集や転職先を探すのに良さそうな転職サービスをまとめておきますので、興味のある方はご覧ください。

マイナビ会計士

ベンチャー企業・CFOを目指す転職においてマイナビ会計士は押さえておきたいエージェントです。
CFOは公認会計士が必ずなるポジションというわけではありませんので、CFO職への転職に特別強いというわけではありませんが、「ハイクラス」+「会計士」という2軸での転職相談が可能であり、単なる求人の紹介ではなく、会計士がCFOとして転職する際に役立つ情報の提供や注意点まで頂けるので、他のサービスを活用するとしても、抑えで登録しておきたい転職エージェントです。

先々ベンチャー企業のCFOとして転職したいという方においても、どのようなスキルが必要になるのかなど情報収集するのにいいでしょう。
コンサルティング会社への転職実績も豊富なので、どのようなファームに行くのがベンチャー企業への転職に良いかなど事例を交えた情報がもらえるかと思います。

若手(20代後半~30代前半)公認会計士が転職するケースにおいては、勢いはあるものの、スキル不足が露呈するケースもあるため、必ず会計士の転職事情に詳しくて尚且つハイクラスな転職に対応できるマイナビ会計士に一度は相談しておきましょう。

BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス案件が多い転職サイトで、ベンチャー企業などからもスカウトが届きます。
コンサルティングファームを始めとして、上のレベルで転職をするなら必ず利用したいサイトの一つです。
たとえ転職できなかったとしても、レベルの高いヘッドハンターからスカウトが届くので、
こちらのヘッドハンターから話を聞いてみるのも面白いです。
彼らは面白い企業とのコネクションもたくさん持っており、どのような人材が求められているのか、足りないものは何なのか、
一般のエージェントからはなかなかもらいにくいアドバイスをくれることもあるため、登録しておくのも有りでしょう。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)
大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断が行えます。

10,000件以上のデータに基づいた解析を行っており、
有給消化率や残業時間等のデータも踏まえているので、「CFO」を目指すキャリア志向の公認会計士の方にはもちろん「ワークライフバランスが実現できる企業でキャリアアップしていきたい」とお考えの方などそれぞれの希望に合った求人が見つかります。

特にベンチャー企業のCFOを目指すケースにおいて、多くのベンチャー企業ではAIを始めとするテクノロジーを活用したサービスや業務フロー改善を行っているため、転職においてこうしたサービスに触れておくのも良いでしょう。

たった5分のAI転職診断であなたにぴったりの転職先を見つけることができるので、この機会に転職診断を試してみてはいかがでしょうか。

ベンチャー企業への転職に関する情報をもっと知りたいという方や監査法人に現在勤務していてベンチャー以外のキャリアにも興味があるという方は以下の記事もご参照ください。

ベンチャー企業に転職する公認会計士が増えているのはなぜ?

2018年8月18日

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できるフィールドは?

2018年4月5日