税理士の転職と年齢 30代どころか40代、50代以上と何歳まででも転職できる

税理士の転職情報

税理士・会計事務所業界は超高齢化しており、平均年齢が65歳前後となっております。
国税OBの方も含んだ数字のため、比較的高めに出てしまいますが、
それを除いたとしても一般社会と比べると若い人が少なく、70代、80代で活躍している方も多いのが実情です。

転職という視点で見ると、一般企業においては、売り手市場が続いているので年齢が高い方の転職も増えているものの、40代や50代となるとなかなか転職が厳しいというケースも多くなります。

一方で、会計事務所業界で見てみると、40代、50代でも比較的転職がしやすいマーケットであり、まだまだ転職が可能な状況です。

ただ、それでも転職が出来る方、出来ない方に分かれてくる傾向にあるため、年齢による税理士の転職動向について簡単に見ていきたいと思います。

20代税理士は希少価値が高く、転職市場で超有利

はじめに20代税理士について見ていきたいと思います。

冒頭に記載した通り、税理士業界は高齢化が進んでおり、20代税理士はかなり貴重な人材となっています。

税理士有資格者は全体でおよそ7万6千人ほどいるのですが、そのうち20代はわずか0.6%(450人前後)しかおらず、転職市場においては希少価値が非常に高い存在となっています。

そのため、希望通りの転職を実現しやすいと言えるでしょう。

逆を言うと、若手が非常に少ない業界ということもあり、採用難が続いている会計事務所が多いことから、年齢がある程度上でも十分転職できるという風に考えられます。

30代税理士もどこにでも転職できる可能性は十分にある

どこにでも転職できると記載すると語弊があるかもしれませんが、30代税理士はかなり若手に位置づけられるため、会計事務所業界における転職であれば、かなり希望通りに転職ができるのではないでしょうか。

Big4税理士法人や一般企業の要職となるとなかなか厳しいケースもありますが、どこにでもチャレンジできる年齢ではあります。

気をつけて頂きたいのが、35歳を超えてくると、マネージメント経験、あるいはより深い専門性などの高度な専門スキルが求められてくる傾向にあります。

もちろん未経験分野へチャレンジすることもできるのですが、やはりある程度の即戦力性は求められてくるため、キャリアの積み方に注意が必要となってくる年齢になってきます。

なお、最近は一般企業の経理部門などへ転職する税理士も増えています。
ポジションや業務内容にもよるのですが、
以前までは公認会計士が経理へ転職するケースが多かったのですが、最近では特に監査法人に勤務する会計士においては年収で折り合いがつかず話がまとまらないケースも増えており、監査法人勤務の会計士ほど年収の高くない税理士を採用する傾向も増えています。

一般企業への転職だと、プロフェッショナル・専門家としての勤務というよりは、一社員としての勤務になるケースが多いのですが、会計事務所と比べると当然待遇も安定しており、福利厚生も良いことから割と人気は高くなっています。

一般企業でキャリアを積んでいく道も当然開かれているので、もし会計業界以外で働きたいとお考えの方がいたら、転職エージェント等に相談してみると良いでしょう。

いずれにせよ、30代から40代に向かっていくにあたり、自身がどのような分野を伸ばしたいと考えているのかしっかり考えてキャリア構築していく年齢となりますので、これまでキャリアについてあまり考えてこなかった方は一度振り返ってみると良いでしょう。

税理士の転職やキャリアについてまとめた記事がございますので、キャリアに関して興味のある方はご参照ください。

税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える

40代税理士は転職できる人出来ない人に分かれてくる

40代税理士の転職市場も活発なのですが、転職できない人はいつまでたっても出来ないというような状況になる年齢です。

2019年の税理士試験合格発表の内訳を見ると、実は40代の合格者が一番多いのです。
そして、40代で転職を実現している人はたくさんいます。

そのような中で転職できない40代税理士というのは、「適応力・柔軟性」、これに欠ける方です。

面接の場などで、前の職場のやり方、これまでのやり方に固執する人なんだと思われ、コミュニケーション能力や柔軟性に欠ける人と判断され、面接等で落とされるケースをよく見ています。
経験豊富でスキルがあったとしても、基本的にチームで仕事をしていくことが多い時代なので、うまく調整を取って働いて行けなさそうな方の採用は避ける傾向があります。
こうしたことは、自分だと気がつき難い事項で、なぜ面接で落ちるのか気が付かずに落ち続ける方がいますので要注意事項です。

スキルや実績をアピールすることは重要なのですが、それ以上に現場への適応力、変化への適応力もあることをしっかりわかってもらうように努めましょう。
40代になるとあなたより若いチームメンバーも多くなってきますが、職場が変われば当然自分より若い人に教えてもらうことも多くなってきます。
コミュニケーションが取れ、メンバーと円滑に業務を進めていける人物であることを理解してもらいましょう。

高い専門性や実績がある方は、管理職ポジションでの採用も多くありますが、やはりこのケースでも上記に記載したとおり、適応力や柔軟性があることを伝えるようにしましょう。

50台税理士の転職は可能?

50台以上の税理士の転職マーケットも需要が大きくなっています。
なお、ここでは、国税OB等のポジションは省いて考えるものとします。

人手不足の問題もあり、経験を積んでいて、一定の業務を確実にこなしてくれる経験豊富な50台税理士は意外と転職需要があります。

複雑高度な税務業務の経験を求められるポジションでの採用はもちろん、一般的な業務においても採用されるケースは多いです。

これまでの知見を活かして仕事をしてもらいたいという要望と、若手社員への指導や教育などをにらんだ採用もあります。

様々な形でこれまで積み上げてきたスキルを活かしてほしいという希望があるので、意外と採用意欲は高くなっています。

ただ、40代税理士と同様に、50台の税理士も頑固なイメージを持たれたり、説教臭い面倒な人だと思われたりするケースもあるので、面接の場では、やはり柔軟性・適応力があることをしっかりアピールできると良いかと思います。

転職先のフィールドは会計事務所のみならず、一般企業、コンサルティングファームなど様々なところへの転職実績があるので、スキルだけでなく、コミュニケーションや柔軟性が伝われば採用されるケースは高いため、転職をお考えの方は是非チャレンジしてみてください。

税理士は比較的高年齢でも転職がしやすい

税理士は年齢が高めでも比較的転職がしやすい職種なので、もし40代、50代以上でも転職したいとお考えの方がいましたら是非チャレンジしてみ頂きたいものです。
実際に50代以上で転職される方も多い状況であり、極端な言い方をすると、何歳まででも働くことはできます。

最近は一般企業の経理部門で採用需要は高くなっており、専門性を活かしたキャリアチェンジ(会計事務所業界から別の業界への転職)も多くなっていますので、まず自身の可能性について知りたいという方は転職エージェント等に相談してみても良いでしょう。

以下の記事で税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介しておりますので、エージェント活用をご検討の方は参考にしてみてください。

会計事務所・税理士に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

人気記事税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。