公認会計士がワークライフバランスを実現させるための転職で知っておきたいこと

公認会計士の論文式試験に合格して監査法人などで仕事を始めたばかりの頃は、補習所や日々の業務を忙しくこなすだけで精一杯なのが通常です。

職場での仕事に慣れてくると、私生活を犠牲にして仕事に打ち込みすぎているのではないか、家庭や子供の将来を考えるとより良い職場があるのではないか、といった疑問が浮かんでくることがあります。

そうしたことが契機となって、仕事と生活を上手に両立させるための、ワークライフバランスを真剣に考えるようになります。

それを実現するための方法の1つが、転職です。公認会計士が理想的なワークライフバランスを実現するためのポイントについて見ていきます。

自分の考えるワークライフバランスを具体化する

「ワークライフバランス」とひとくちにいっても、人により捉え方は異なります。
21時までに仕事が終わればワークライフバランスが取れている、と考える人もいれば、定時で帰れるということをワークライフバランスが取れていると考える人がいたりとその定義は人によりさまざまです。

そのため、ワークライフバランスについては、仕事と家庭の両立、という漠然とした範囲で意識するのではなく、「子育てを優先させるために18時に仕事が終わるようにしたい」、「勉強をする時間を確保するために残業は月20時間以内にしたい」などの具体的なレベルで明確化したほうが実現しやすくなります。

定時帰りを奨励する会社は多くても、子育てのための休暇や託児サービスまで充実している会社はそう多くありません。具体化によって、そうした細かい視点を漏らさずに会社を探すことができます。

自分の要望を具体化する際に重要なことは、現時点での希望だけでなく、数年後の未来を見据えた望みについてもあらかじめ考えておくことです。

例えば、今は子育てを優先したいとしても、子供が大きくなって余裕がでてきた頃には、自分のキャリアを維持して仕事に集中したい場合もあります。その場合は、産後の職場復帰に積極的な会社などが適しています。

自分にとってのワークライフバランスとは何かを明確にすることで、本当の意味での希望に沿った転職先を見つけやすくなります。

転職先の情報収集を熱心に行う

一般企業はワークライフバランスが充実しているイメージを抱きやすいかもしれませんが、企業の特徴は千差万別です。なんとなく事業会社であればワークライフバランスがとりやすそうという漠然とした考えで転職すると、勤務先の実情に失望してしまう場合もあります。

企業の現状を把握するためには、綿密な情報収集が重要になってきます。一般的な指針としては、上場企業などの大手の会社は環境が整っている傾向があります。
理由としては、法令遵守を重視した労務管理、充実した福利厚生、各種制度や設備などが整った労働環境、などが挙げられます。

もっとも、転職市場は売り手有利の傾向もあって、ワークライフバランスの充実に力を入れているのは大手企業に限りません。優秀な人材を確保するために、就業環境を整えている中小企業や監査法人等も増えてきています。

公認会計士の専門資格を活かしてワークライフバランスを実現できる転職先としては、性別や年齢などにこだわらず、従業員の個性を経営戦略に取り入れているダイバーシティ企業もおすすめです。

その他、予算の作成などをWEB上でやり取りするなど、在宅でも働きやすい事業会社、繁忙期の忙しさが軽減されている会計事務所なども選択の候補になります。

ただし、同じ企業内でも、部門によっては残業が定常化しているというケースもあるので、企業の内情に詳しい転職エージェントなどから情報収集するのも良いでしょう。

転職先候補である企業のニーズを理解する

自分と転職先の希望が合致しないと、せっかく転職してワークライフバランスを実現したいと思っても、そもそも採用されなかったり、採用後にミスマッチに気づいて後悔する場合があります。

そうしたリスクを防止するためには、採用する側の企業が何を望んでいるのか、応募する前にきちんと見極める必要があります。

企業の希望を見極める際のポイントの1つは、人材として即戦力と将来性のどちらを求めているのかを明確にすることです。

例えば、同じ経理のスタッフを募集していても、公認会計士の知見を現場に活用できる即戦力が欲しいのか、難関試験を突破したポテンシャルを持つ将来の幹部候補を希望しているのかによって、人材に求めるものは違ってきます。

即戦力を求める場合は現在の知識や経験が重視され、ポテンシャル採用の場合は潜在的な能力や将来の指導力の素養などが求められます。

転職を希望する企業のニーズを分析することで、自分がどんな人材としての採用を望んでいるのか、企業の希望に沿った条件を満たしているのか、が見えてきます。

監査法人でもワークライフバランスがとれる転職先はあります

ちなみに、監査法人はワークライフバランスがとれないと思い込んでいる会計士の方も多いのですが、
そんなことはありません。
確かにBig4等の大手監査法人は比較的忙しいので、ワークライフバランスがとり難いと感じている方が多いのですが、
中小の監査法人であれば比較的ワークライフバランスはとりやすいです。
中小の場合、比較的自由度が高い点と、非監査業務を経験したい場合などでは、
監査とアドバイザリー業務の両方(監査の割合の方が多いですが)を経験できる転職先もあるので、
監査法人に勤務しつつワークライフバランスを実現し、さらに非監査業務もやってみたいという会計士にとってはおすすめの転職先ではあります。

ただし、規模が小さくなるので、年収も1割~2割程度下がってしまうことを覚悟しておいた方がよいでしょう。

そのため、ワークライフバランスを求めてBig4以外の監査法人へと転職される場合は、監査法人の内情に詳しい転職エージェント等から情報収集しておくことをおすすめします。

ワークライフバランスを実現しつつ年収も下げたくない会計士の転職

一部の大手上場企業や責任者ポジションでの転職を除いて、ほとんどの方がワークライフバランスを意識した転職をする際は年収が落ちます。
800万円くらいもらっていた方であれば、600万円前後になってしまう方が多いでしょう。

事業会社の場合、年収だけではなく、安定感もあるため、年収ダウンに納得して転職される方が多いのですが、
中には年収を大きく落とさずにワークライフバランスに優れたところに転職したいとお考えの方もいらっしゃいます。

限定的な話になってしまいますが、監査法人でIPO支援などの業務を行っていた方であれば、
IPO準備中にベンチャー企業なども意外と狙い目です。

ベンチャーというと忙しいイメージがあるかもしれませんが、意外とメリハリをつけて働くことを意識した方も多いので、ワークライフバランスがとれる転職先も実はあります。

経理・財務の業務とIPO実務ができるということで、ハマる方はハマるポジションです。

ただ、ケースとしてはそれほど多いわけでは無いので一例としてお考え下さい。
また、このケースでは、毎日定時で帰れるという意味のワークライフバランスというわけではなく、
18時~20時には帰れて、仕事と生活でメリハリをつけて働く、という視点にたったワークライフバランスになります。

ワークライフバランスもとりつつBig4にいたときからそれほど年収を落としたくないとなると、
やはり良い求人が出ているタイミングでうまく転職をする必要がありますので、
転職エージェント等に相談し、そうした求人が出てきた際にいつでも応募ができるよう準備を整えておくのが良いでしょう。
そうした先は人気があるので、あなたのスキルも当然重要になりますし、タイミングも非常に重要です。

公認会計士がワークライフバランスがとれる環境に転職するために

正直なところ、求人票やホームページを見ただけでは、本当にワークライフバランスが取れる環境の職場なのかわからないことが多いです。基本的に、企業や求人会社は良いところを前面に打ち出してくるからです。
監査法人内部の情報であれば、同僚や友人、昔の勉強仲間などから比較的情報をとりやすいかと思いますが、事業会社やコンサルティングファーム、会計事務所となるとなかなか情報が取りにくいかと思います。特に公認会計士が事業会社へ転職する場合、他の一般社員とは違った業務や成果を期待されるケースもあるため、ネット上に出ている情報だけでは不十分なことも多々あります。
そうした場合、転職エージェントの活用を視野に入れてみるのもいいでしょう。転職エージェントの言うことを鵜呑みにするのもよくありませんが、情報収集に不安のある方は、不安を軽減させるために使ってみるのもよいかも知れません。以下に会計士の方の転職で良さそうなところを一部紹介させていただきます。

なお、転職エージェントにワークライフバランスがとれる環境で働きたいと伝える際には、
冒頭にも記載しましたが、あなたが思うワークライフバランスがとれる環境とはどういうものなのか、しっかりと伝えましょう。
私の感覚だと毎日20時に仕事が終わればワークライフバランスがとれているという感覚なのですが、
人によっては、残業が多くブラックな環境と感じるようなので、言葉の定義には気をつけましょう。

また、自信のある方や転職エージェントは嫌いだという方は、実際の面接の場で直接確認してみるのも良いでしょう。企業側もミスマッチを防ぎたいと考えておりますので、働き方や求められていることに関する質問をしたからといって選考で不利になることはあまりありません。

ワークライフバランスを実現したい公認会計士向けのおすすめの転職サイト

マイナビ会計士
マイナビブランドということで、圧倒的な求人数を保有しています。
監査法人のみならず事業会社の経理など幅広い選択肢の中からワークライフバランスに優れた転職先を紹介してもらうことができるでしょう。
特にワークライフバランスを求めて事業会社の経理などへの転職を検討していたのであれば、
本記事でも記載しましたが、経理だからワークライフバランスが取れるわけではなく、企業の内情によるところも大きいため、
必ず転職エージェントから詳細な情報を手に入れておくことをおすすめします。
その他転職に役立つ情報もたくさん保持しており、応募書類の書き方から面接で聞かれるポイント、面接官の特徴まで丁寧に解説してくれるため、はじめての転職でも安心です。
ワークライフバランスを重視したい会計士の方におすすめの転職エージェントです。

ジャスネットキャリア
ワークライフバランスを転職目的とするのであれば、こちらのエージェントも良いと思われます。
公認会計士の方が創めた転職エージェントで、監査法人から事業会社の経理への転職支援にとても強いこともあり、事業会社でワークライフバランスを実現したいとお考えの会計士の方にはおすすめです。
転職相談は、一人ひとりのキャリアステージに合った最適なキャリアプランの提案が受けられるのが特徴です。ワークライフバランスを重要視する公認会計士の方は増加傾向にあり、そうした方の転職実績も豊富なため、一度相談してみるのも良いでしょう。また、面接対策や書類の書き方等に関する指導はもちろん、資格者向けの実務に関するお役立ちセミナーなど様々な取り組みを行っており、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けられます。
また、アカウンタンツマガジンという冊子を登録者向けに発行していますが、ここでは、様々な業界で活躍する会計士のキャリア感や活躍する会計士に焦点を当てた記事を読むことができるのでとても参考になります。
アカウンタンツマガジンは今後のキャリアを考えるうえでもとても参考になるので、これのためだけに登録する公認会計士もいるくらいとても参考になる冊子なので、これだけでも登録する価値はあります。



MS-Japan
監査法人はもちろん、事業会社に転職したい公認会計士にもおすすめの転職エージェントです。
求人数が豊富で、ベンチャー企業から大手上場企業までワークライフバランスの取れる環境の求人も多数保有しています。
中小の監査法人の求人もたくさんありましたので、バランスよく求人を見たい方には良いでしょう。
また、たくさんの転職事例を見てきているでしょうから、転職相談することでいろいろな気づきがあるかもしれません。

doda
総合型の転職エージェントです。公認会計士の転職に特化したサービスがあるわけではありませんが、有資格者の転職実績も多数あります。求人の幅が広いため、特化型の転職エージェントには無い求人もあり、ワークライフバランスのとりやすい求人先も見つかりやすいかも知れません。また、大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしているため、一度転職相談してみるのも良いでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス案件が多い転職サイトです。高年収を狙いたい会計士の方は登録しておきましょう。
事業会社やコンサルティングファーム等からスカウトが届きます。
上のクラスの転職を狙うのであれば、登録しておいて損はないでしょう。
ハイクラス案件の中にも実はワークライフバランスに優れたものは多いです。
ただ、見極めは非常に難しい点と求められる能力は非常に高いので、基本的には上記に記載した転職エージェントを活用することをお勧めします。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。