公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

公認会計士が転職を考える場合に、有力な選択肢の候補となるのがFASです。

FASとは、ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスの略称で、財務・会計に関する専門的な助言を実施するコンサルティングサービスを意味します。

M&Aや事業再生など、FASが取り扱う案件の需要は年々増加しています。それに伴って、FASでは新しい人材を積極的に採用する傾向にあります。

その一方で、FASは専門性の高いハイレベルな業務を取り扱うことが多いため、転職を希望する場合には、業界に関する正しい知識と綿密な分析が重要になってきます。

ここでは、公認会計士がFAS業界に転職を希望する場合に押さえておくべきポイントをご紹介します。

FASの業務内容

FASの大まかな業務は、財務・会計に関する専門的なコンサルティングを実施することです。その中でも公認会計士が携わることが多い業務は、以下の3つになります。

公認会計士が携わることの多い主なFAS業務
M&A:財務DD(デューデリジェンス)、企業価値評価(バリュエーション)、買収スキームの検討

事業再生:財務分析、再生計画立案、金融機関リスケ対応、再生後のバリューアップ支援

フォレンジック(不正調査):不正リスク評価、不正防止対策、不正リスクマネジメント体制構築

中でも、M&Aと事業再生は、公認会計士出身者がFASに転職した場合に最も多く携わることになる部門です。

財務DDや企業価値評価などは業務の手順が監査と似通っているため、会計監査を多く経験してきた公認会計士にとっては、自分のキャリアを活用しやすくなっています。

フォレンジック(不正調査)は一見すると他の専門分野のように見えますが、不正リスク評価や不正防止対策などにおいて、公認会計士の業務の1つである内部統制監査の知識と経験を応用することができます。
なお、このフォレンジックはアメリカでは一般的ですが、日本ではここ数年大きく注目されている比較的新しい分野です。後述する、Big4系のFASを中心に各社力を入れている分野ですので、こうした新しい分野に飛び込んでみるのも面白いかもしれませんね。

FAS業界の構造

公認会計士が活躍できるFAS業界は、大手監査法人系FASと中小独立系FASの2つに大まかに分かれます。

大手監査法人系FASとは

いわゆるBIG4など、大手の監査法人に属するFASです。取り扱う案件の規模が大きいのが特徴で、大手上場企業、外資系企業、グローバル企業などが主なクライアントになります。

1つの案件に携わる人員数が多く、担当業務ごとに細かくチームが分かれています。複数のチームが連携して業務を遂行する場合もあります。

財務DDなど、公認会計士出身が比較的早期から活躍できる部門においては、監査経験のみの公認会計士でも、30歳程度までであれば多く採用しています。

企業価値評価や不正調査など、特別なスキルや経験が重要になってくる部門においては、関連する業務の職歴が要求されます。

そうした部門では、経験者であれば公認会計士以外の人材も採用します。監査経験しかない公認会計士の場合は、年齢が上がるにつれて、採用されにくくなる傾向にあります。

大手監査法人系のFASでは、所属する監査法人から人材を補充することができるため、監査法人の人員に余裕がある場合は、外からの転職が難しくなる傾向にあります。

逆に、監査法人で人員が不足している場合は、FASへの転職を成功させるチャンスになります。

そういう意味では、現在各監査法人では人材不足が続いており、転職しやすい環境と言えるでしょう。

中小独立系FAS

中小の監査法人、独立系の会計事務所、ファイナンス系コンサルティングファームなどに属するFASです。

中堅企業、成長企業、オーナー企業などがメインのクライアントで、1つのチームが1つの案件を一貫して担当するのが業務の基本形態になります。

依頼主に近い距離から直接助言を提供できるため、コンサルティング業務自体の実感や満足感を得たい場合に有効な選択肢になります。

中小独立系FASでは、監査経験のみの公認会計士については、30代前半くらいまでの年齢の人材が採用されやすくなっています。

一方、監査経験のみで年齢も高い公認会計士の場合は、直接FASに転職するのは難しくなってきます。

もっとも、中小独立系FASの場合、監査部門とFAS部門を厳密に分けることなく、並行して業務を実施している場合が多くなっています。

監査とFASを並行しているケースであれば、当初は監査要員として採用され、後にFAS業務にもチャレンジできる可能性が高くなります。未経験で年齢が高い場合におすすめの転職先になります。

FAS業界への転職まとめ

FAS業界は監査経験しかない公認会計士にとって最も転職しやすい先の一つとなるため、監査法人からはじめて転職する会計士に人気の分野です。
FAS系のコンサルティングファームで経験を積んだ後、戦略系のコンサルティングファームへ転職し、その後事業会社のCFOとしてキャリアを歩んでいる方もいます。
また、こちらの公認会計士の転職とキャリアパスの記事にて、FASや監査法人含め、公認会計士が活躍しているフィールドをまとめておりますので興味のある方はご覧ください。

FASはもちろん、その他の分野も含めどのようなキャリアの可能性があるのかもっと知りたいという方は、専門の転職エージェントなどから情報を手に入れてみるのもよいでしょう。
以下に一部の会計士の転職に強いエージェントを紹介します。

<PR>ジャスネットキャリア
公認会計士の方が創めた転職エージェントです。会計分野には特に強い転職エージェントで、一人ひとりのキャリアステージに合った最適なキャリアプランの提案が受けられるのが特徴です。FAS系のコンサルティングファームへの転職実績も豊富なため、FASに興味のある方は是非相談してみましょう。また、面接対策や書類の書き方等に関する指導はもちろん、資格者向けの実務に関するお役立ちセミナーなど様々な取り組みを行っており、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けられます。



<PR>マイナビ会計士
マイナビブランドということで、圧倒的な求人数を保有しています。FAS業界への転職はもちろん、その先のキャリアも見据えた転職先の提案をたくさん受けることができます。
転職に役立つ情報もたくさん保持しており、応募書類の書き方から面接で聞かれるポイント、面接官の特徴まで丁寧に解説してくれるため、はじめての転職でも安心です。

<PR>MS-Japan
FAS系コンサルティングファームはもちろん、その他のコンサルティング会社、事業会社に転職したい公認会計士におすすめの転職エージェントです。
求人数が豊富なので、監査の次のキャリアで悩んでいる方は、多くの選択肢の中から次のキャリアを考えることができます。
逆に監査法人に出戻り転職したい方にもよいでしょう。

<PR>DODA
総合型の転職エージェントです。公認会計士に特化しているわけではありませんが、会計業界はもちろん事業会社、FAS(財務・会計)系コンサルティングファーム、金融機関など幅広く求人を持っており、公認会計士の転職実績も豊富です。特化型の転職エージェントには無い非公開求人も多数保有しています。また、大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしているため、一度転職相談してみるのも良いでしょう。

<PR>BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス案件が多い転職サイトです。高年収を狙いたい方は登録しておきましょう。
財務・会計系のコンサルティングファームの求人案件やその他のハイクラス案件が多数あります。
上質なヘッドハンターや企業からスカウトが届きますので、ハイクラスの転職を狙うのであれば、登録しておいて損はないでしょう。