税理士・税理士科目合格者の転職失敗 会計事務所への転職での注意点

スキルアップやワークライフバランス、税理士試験勉強時間の確保を実現するため、
職場環境を変えようと転職したものの転職した先の会計事務所の方が劣悪だったというケースは意外と多いものです。

税理士や税理士科目合格者に限らず、どのような職種においても転職で絶対に失敗しない方法というものは残念ながらありません。

しかし、いくつかのポイントを押さえておくことで、転職失敗のリスクを軽減することは可能です。

税理士試験勉強の時間を確保するために転職したもののキャリア形成という点で失敗してしまうケース

昨今、労働環境という点においてはどの会計事務所も力を入れ始めており、
働きやすい会計事務所は増えています。
また、税理士を目指す若者が減ってきたという背景もあり、税理士資格取得に理解のある会計事務所も増えています。
そのため、税理士試験の勉強時間を確保するための転職や試験勉強に理解のある事務所への転職ということであれば、
転職エージェント等に相談すれば、どこかしらあなたに合う会計事務所の求人は紹介してくれるでしょう。
税理士試験勉強ができる環境への転職という点においては、失敗は少なくなってきています。

ただ、注意していただきたいのが、年齢にもよりますし、資格の有無も重要ではありますが、それ以上に経験が重要視されるという点には気をつけてください。

まだ20代の若手ということであればそれほど心配する必要はないかもしれませんが、30代前後や中盤あたりになってくると、業務経験の方がむしろ重要となります。
そのため、資格勉強を重要視するあまりたいした業務経験が積めない会計事務所や企業へと転職してしまうと、後々詰みます。

資格の勉強をしつつもどのようなキャリアを積んでいきたいのか、どのような税理士を目指したいのか、そこを意識して逆算して転職先を選ぶようにしてください。
もちろん現在の転職市況は売り手市場なので30代でもそれほど経験がなくても転職は可能ですが、
税理士科目合格者の中には、気がついたら30代後半、40代になってしまい、
たいした実務経験がないのですが転職できますか?という相談のケースも非常に多いです。
もちろん今の市況であれば転職はできるのですが、希望通りということにはなり難く、結果的に税理士試験に受かっても低年収のまま働かなくてはならないというケースもあるため、勉強で忙しいとは思いますが、キャリア形成にまで目を向けて転職先を選ぶと良いでしょう。

税理士試験勉強ばかりに目を向けず、キャリアについても考える時間をとると良いです。
こうしたケースでは転職エージェント等に相談すると、様々な税理士のキャリア形成の事例を持っているため、参考となる意見が聞けるでしょう。

所長との相性が合わないケースでの転職失敗

一部の大手税理士法人を除いてほとんどの会計事務所は従業員数名~30名未満と小規模なところが大半です。
そうした背景もあり、所長のキャラクターが事務所内の雰囲気に大きく影響することから、
所長と合わないと長く勤務するのが難しいです。

また、所長のみならず、少人数の組織において所内での人間関係が悪くなると居場所がなくなり、居心地が悪く転職せざるを得ないというケースもあります。

そのため、このケースにおいては、転職時の面接時に雰囲気を感じ取る必要があります。

小規模・中規模の会計事務所では所長が必ず面接を行うところがほとんどですので、所長との相性という点では面接時にある程度把握ができるものと思います。
会計事務所の所長というのは一般社会の常識とかけ離れた感性をお持ちの方も多く、
なかなか人が定着しないところも多いです。
所長の非常識さに飽きれてすぐ人が辞めてしまうケースも少なくありませんので、ハズレを引かないように気をつけましょう。

後は事務所の雰囲気という点においては、面接時に実際に仕事をしている所内を見せてもらえるか確認しておくのも一つの手です。
全ての事務所で執務スペースを見学させてくれるわけではありませんが、可能なケースも多いので、極力見ておきましょう。

執務を行う部屋にパッと入った時に感じる雰囲気や空気感等は非常に重要なので、あなた自身の感覚を頼りに確認を行ってください。

なお、現時点で勤めている会計事務所の雰囲気や所長と合わず、力が発揮できてなくて悩んでいるという方は、転職を視野に入れても良いでしょう。

職場環境が変わることで、大きく改善されるケースも多いですし、自身に合った事務所へ転職することであなたが正当に評価されるケースも多いです。

スキルアップができない・思っていた業務と違うというケースでの転職失敗

例えばBig4等の大手税理士法人に勤務されている方の場合、業務が分業化されていることから横断的に全工程に関われる環境で仕事がしたいと転職されるケースがあります。
しかし、転職した先でも結局ある業務の一部しか任せてもらえないといった状況に陥り、また転職活動をしなければならないということもあります。

その他、法人を中心に資産税にも関われる会計事務所に転職したいということで転職される税理士の方もいらっしゃるのですが、
いざ転職してみたら資産税の案件はほとんどなく、事実上法人業務しかできなかったというケースもあります。

こうした業務内容や経験できる業務が思っていたのと違うというものは、事前に情報収集しておけば防げることが大半です。
ただ、求人広告等の求人票を見ても、実際のところどうなのかというのは正直わかり難く、先ほどの資産税の例でも、
たまたま1件やっただけなのに、スポットで資産税にも関われます等と記載していまうところも実際あります。

そのため、会計事務所業界での転職をされるケースにおいては転職エージェントを活用することで失敗のリスクは下がります。
彼らもすべての会計事務所について詳しく知っているわけではないのですが、
多くの税理士・税理士科目合格者の方からの転職相談を受けることで、
どこの事務所でどのような問題が起こり転職に至っているのかよく把握しています。

各員が抱える悩み毎に最適な会計事務所を割り出すことができるので、転職失敗のリスクを下げることができます。

もちろん転職エージェントを活用すれば絶対に失敗しないのかというとそんなこともありません。

担当エージェントのレベルが低い(経験が浅いなど)と、あなたの悩みの本質を理解することができず、少し外れた転職先を紹介してしまうケースも残念ながらあります。
そうしたレベルの低いエージェントにあたってしまったケースにおいては、担当者を変えてもらうという方法も取れます。
実際に私も担当の方と相性が合わず、変更してもらったケースがありました。

税理士の方は真面目な方が多く、そうした行為は迷惑がかかるのではないかと考える方もいるようですが、あなたの人生を左右する大きな決断をする場面でもありますので、気を使いすぎず、担当を変えてほしいと伝えてみるのも良いでしょう。もちろん本人に伝えるのは拙いかと思いますので、サポートセンター等に問い合わせてみると良いです。

その他、2社ほどエージェントを活用することで、転職失敗のリスクを下げることができます。

どこのエージェントも保有している求人にそれほど差はありませんが、懇意にしている事務所が違ったりするケースもあります。
同じ求人先でも、Aエージェントからはスキル不足で応募ができないと言われたが、Bエージェントでは応募ができ、無事に内定がもらえたというケースもあります。
会計事務所の場合、所長の意向が強く反映されるケースもあるため、仲の良いエージェントが勧めてきているので会ってみるか、ということもあります。

そのため、転職エージェントを活用する際は、可能であれば2社ほど使うと良いでしょう。

MS-Japanジャスネットキャリアを利用される方が多いかと思います。
この2社を活用しておけば、だいたいの事務所はカバーできますし、長年会計業界で転職支援を行っているので、問題が無いかと思います。

一応、下記にも転職エージェントを紹介した記事を記載しておりますので、興味のある方はご覧ください。

会計事務所の転職に強い転職エージェントを紹介!

2018.09.28

どのような転職手法を取るにしても、極力転職失敗がないように、情報収集はしっかり行うようにしてください。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。