M&A業務がやりたい公認会計士の転職について

M&Aに携わりたいとお考えの公認会計士の方は以前から非常に多いです。
企業の内部でM&Aの戦略立案から携わりたいという方もいらっしゃいますし、
コンサルティング会社等で様々な案件に携わりたいという方まで様々いらっしゃいますが、
会計士がM&A業務が行える先へと転職するにはどうすればいいのでしょうか。

FASや監査法人のアドバイザリー部門、再生系のコンサルティングファームへ転職しM&A業務を行う

会計士がM&Aを行う上で最も転職しやすい先となります。
M&Aの戦略立案、財務デューデリジェンス、バリュエーションなど様々な業務があります。
M&Aに係わる財務デューデリジェンスやバリュエーション業務は監査法人での業務経験が活かしやすく、比較的入っていきやすい業務となります。
財務・会計スキルを活かした業務が多く、
そのため、監査法人にて監査の経験しかない会計士でも転職することが可能なケースが多いです。

注意点としては、デューデリジェンスもバリュエーションもM&Aに関する業務の一部にすぎないということです。
全体を横断的に関わりたいと考えていたのに、デューデリばかりやる部門に配属されて、結果的に監査法人時代同様にルーティンワークばかりでつまらない、という方も一定数いらっしゃいますので、同じFASやアドバイザリーでも転職先はよく選ぶようにしてください。
こうしたケースでは、大手のFASではなく、中小のFASに行くのが良いでしょう。

FASやアドバイザリーでの経験を積んだ後、事業会社内部のM&A戦略担当として転職される方や、ベンチャー企業のCFOとして活躍される方も多く、会計士としてキャリアパスに広がりが生まれます。

経営コンサルを行うコンサルティングファームへ転職しM&Aを行う

経営コンサルを行うコンサルファームの場合、FAS等と異なり財務・会計のスキルだけが求められるわけではなく、ビジネススキル全般が求められます。
財務デューデリジェンス等の業務はそれほど多くはなく、どちらかといえばM&A戦略立案やPMI等の業務が多くなります。

このポジションの場合、年齢にもよりますが監査業務経験しかない会計士の転職は難しくなります。
事業会社にて経営企画やM&Aを担当していた方やコンサルティング会社等でM&A業務を行っていた方が転職されるケースが多いでしょう。

財務・会計、ファイナンスのスキルはもちろん強みの一つとして一定度評価されますが、それらに加えてビジネススキルの高さが必要です。M&A戦略の立案にあたってはビジネスデューデリジェンスも必要となりますが、多くのビジネスモデルに触れてきた経験がないと、かなり厳しいと考えられます。

事業会社内にてM&Aに携わる

企業内部のM&Aの担当者の求人も近年多くなっています。Webサービス等を展開するベンチャー企業やIT系の企業が比較的多くなっています。
募集要件は企業によるため、求められるスキルは一概に言えないのですが、即戦力を求める傾向が強い上に、募集人数も1名ということが大半ですので、転職の難易度は高いでしょう。

M&Aの部分的な業務を行うことが求められるケースもありますが、多くの場合が、事業展開を見据えたM&Aの戦略立案を求められますので、
コンサルティングファーム等にてある程度経験された方の転職や引き抜きによる採用が多くなります。

事業会社にてM&A戦略立案を行いたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、先まで見据えた転職・キャリア構築をしていくことが必要となります。
こうしたケースにおいては、多くの会計士の転職支援を行っている転職エージェントやヘッドハンター等から情報収集しておくと良いでしょう。

会計士がM&Aに携わるための転職をするために必要となるスキルは

監査法人での勤務経験しかない方でも、事業会社のM&Aポジションへ転職される方もいますので、
一概にどのような経験がないと転職できないとは言い切れません。

財務デューデリジェンスやバリュエーション業務をひたすらこなすというものでいいのであれば、それほど転職は難しくありません。

ただ、M&Aに携わりたい方の多くは、戦略立案までをお考えかと思いますので、
ビジネススキルを磨いていくことは必須でしょう。
財務・ファイナンスのスキルだけではどうしても弱いので、そうした部分を意識すると良いと思います。
会計士の場合、このビジネススキルやセンスという部分が弱い方が多く、不採用の要因となることは多いです。

また、海外展開等のグローバル展開に伴うM&Aも多いので、語学力も必要となるケースが多いでしょう。

求められるスキルは転職先により大きく異なりますので、会計士の転職に強い専門の転職エージェント等から情報収集しておくことをおすすめします。
事業会社への転職ということであれば、内部に既にプロフェッショナルの方がいるケースでは、経験の浅い方の採用を検討する企業もあるので、そうした求人が出てきた際にすぐに動けるように、エージェント等から情報収集しておいた方が個人的には良いと感じています。

会計士がM&Aに関わる転職をするならエージェントの活用が必要になることが多い

会計士がM&Aポジションへと転職する際には、転職エージェントやヘッドハンティングサービスを活用されることをおすすめします。
FASや監査法人のアドバイザリー部門への転職であればエージェント等を使わなくても転職は可能ですが、一般的には求人が公開されていなケースが多く、自身で求人のサーチをするのが困難だからです。

また、先のキャリアまで意識した転職をしたいのであれば、なおのことエージェントの活用が良いでしょう。
M&Aといっても、単純な財務やビジネスのスキルだけではなく、どのような業界・業種のM&Aを担当していたかによって、先のキャリアは変わってきます。
先のことも見据えた転職をしたいのであれば、一度は相談しておいて損はないと思います。

監査法人から初めて転職されるという会計士の方や20代、30代前半までの若手の方であれば、マイナビ会計士の利用が良いでしょう。

はじめての転職者向けのアドバイスが豊富という点と、コンサルティング会社・事業会社への転職にとても強いので、はじめに相談する転職エージェントとしては最もバランスの良い会社となります。

既にコンサルティング会社や事業会社でM&A業務を行っているという方など、ある程度スキルがある方は、会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』ムービンの利用も良いでしょう。

ある程度自身で求人や転職先の判断ができるかと思いますので、そういう方はヘッドハンターサービスや会計士専門ではない転職エージェントを活用しても大丈夫かと思います。

ただ、経験の浅い方は、個人的には会計士専門の転職エージェントを使った方が良いかと思います。
M&Aやコンサル以外のキャリアに気づくことも多いようで、視野を広く持つ(会計士として)という意味において、最初はマイナビ会計士等の会計士の転職に詳しく、尚且つ幅広い業種を扱っているところに相談した方が良いでしょう。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。