監査法人を辞めたい・・・【公認会計士の転職事情】

公認会計士の転職情報


公認会計士試験合格後、ほとんどの会計士が監査法人に勤務することと思いますが、
5年から10年程度で半数以上程度の方が監査法人から出ていくこととなります。

理由は様々ですが、
近年は若手の公認会計士が将来への不安や激務からの不満により監査法人を辞めたいと考え転職するケースも増えております。
きっかけは様々ですが、監査法人を辞めたいとお考えの潜在的な転職予備軍は多いのが現状です。

監査法人側としては多様なキャリアパス、労働環境の見直し等は進んでおり、一時に比べれば環境は良くなっておりますが、
それでも監査法人から離職される方は多いのが現状です。

ここでは、監査法人を辞めたいとお考えの方向けに転職やキャリアに関する注意点などを紹介したいと思います。

監査法人を辞める理由は「ワークライフバランス」「将来への不安」「飽きた・つまらない」というものが多い

数年前に比べると監査法人内部の業務改善は進んでおり、労働環境という点では改善が進んでいると言えるでしょう。
ただ、それでも特にBig4等においてはまだまだ忙しく、ワークとライフのバランスが崩れている方も少なくありません。

ワークライフバランスを求めて監査法人辞める

監査法人勤務の会計士の中には激務から心や身体を壊してしまう方もいらっしゃいます。
繁忙期の忙しさは言うまでも無いかと思いますが、終電に間に合わずタクシー帰りが多くなり、休日出勤も当たり前という状況が長く続きます。
特にインチャージとして複数のプロジェクトを抱えていたりすると自分の時間はどんどんなくなっていくでしょう。
また、スタッフ層は残業時間が制限されていることもあり、シニアやマネジャー等の管理職層の方は業務カバーが必要となり、激務となるケースがあります。
人手を増やそうにも公認会計士の人数自体が急に増えるわけではありませんので、採用活動をいくら強化したところで限界もあります。

AIやRPAの導入なども進められていますが、先々監査業務は簡略化されるでしょうが、まだまだ実用化には時間がかかり、今すぐ改善されるものでもありません。

そのため、監査法人にて一定度勤務してきた方は、ワークライフバランスを求め事業会社の経理等への転職を考え始める傾向にあります。

特に20代後半の女性に関しては、先のライフイベント見据えて福利厚生が充実している企業の経理部門への転職をされるケースも多いです。

ただ、ワークライフバランスを考えての事業会社への転職は方向性としては良いと思うのですが、事業会社へ転職したからといって必ずしもワークライフバランスや福利厚生が充実しているわけではありませんので、事前にしっかり情報収集を行っておきましょう。

将来への不安から監査法人を辞める

AIやRPAの台頭により、会計・監査業務がなくなってしまうのではないか?
監査業務はつぶしがきかず将来が心配である、
といった漠然とした不安から監査法人からの転職を考える会計士は多いです。

実際問題監査経験しかない公認会計士は転職市場ではそれほど市場価値は高くありません。
30代中盤になり監査経験しかない公認会計士が転職を考え始めた際、
監査経験しかない会計士が経理・財務職へと転職するのにハードルが上がります。

パートナーまで上がれば監査法人での経験しかなくても事業会社の監査役ポジションでの転職等も可能ですが、
現在監査法人は上のポジションが詰まっており、パートナーまで上がるのも困難な状況となっています。

そういった様々な要因から20代中盤~30代前半くらいまでの方が将来を考え、監査法人を辞めることを考え始めます。

財務・会計に関する知見に加えてプラスアルファのスキルを身につけるべくコンサルティング会社やベンチャー企業も含めた事業会社への転職を検討する会計士が多くなっています。

現在の市況であれば監査法人へと出戻ることもできるので、思い切って監査法人の外に出てみるという選択肢が取りやすいのも要因の一つでしょう。

監査に飽きたから辞めたい

監査法人を辞めるにあたって監査に飽きたというものが最も多い理由でしょう。
監査法人入所当初は覚えることも多いため、新鮮な部分もあるかと思いますが、
4,5年程度経ってくると、ルーティン業務が多くなり、作業をしている感覚に近くなってくるため、飽きが来るのです。

そうしたこともあり、最近はアドバイザリー部門への異動等が可能となってきているので、アドバイザリー部門へと異動される方も多くなっています。
監査法人でも人手不足が続いていることから以前に比べると異動はしやすくなっています。

ただ、監査法人以外のキャリアも気になるという方が多いため、アドバイザリーも視野に入れつつ、外部のコンサルティング会社や事業会社へ転職した場合とキャリアパスはどう異なってくるのかといったことも気になる方も多いため、転職エージェントに相談される方も多くなっています。

監査法人の次のキャリアとしてどのようなものがあるのか

監査法人の次のキャリアとして事業会社の経理・財務を選択する方が非常に多くなっています。
FAS等も一般的な転職先の一つとなっています。

監査法人を辞めたいと感じたら、まずはどのような転職先があるのか調べてみると良いでしょう。
以下の記事で監査法人の次の転職先やキャリアをまとめておりますので興味のある方はご確認ください。

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

2020年3月9日

公認会計士の転職先とキャリアについて

2020年3月9日

転職活動をしてみる

監査法人を辞めたいという場合、転職活動はエージェントやヘッドハンティングサービスを活用することをおすすめします。
人脈などがあり、人伝で転職される場合はもちろん利用しなくても問題ありませんが、
公認会計士を対象とした求人は非公開のものが多いという点と、
そもそも監査法人に勤務する会計士が転職活動に不慣れという方が多く、書類応募や面接等で失敗し不採用となってしまうケースも多いからです。

そのような失敗を避けるべく、特に初めて転職される方に関しては、求人情報の提供から応募書類・面接対策等をしっかり行ってくれる転職エージェントを活用すると良いでしょう。

また、監査法人を辞めたいと思っているが、監査法人以外でどのようなキャリアがあるのか情報収集したいとお考えの方も多いかと思います。
すぐに転職しないケースにおいても、情報収集しておくことで、監査法人にいるうちにやっておくべきことなども見えてくるでしょう。

そのため、まだ具体的に転職を考えていないケースにおいても、情報収集の一環として転職エージェントに聞いてみることをおすすめします。

その他、キャリア以外の視点を重視する公認会計士も多いのですが、
例えば自分の時間を確保するために転職したい、
結婚や出産を機に制度がしっかりしている事業会社に転職したいという方もいらっしゃるかと思います。

そうしたことも含め、キャリア情報や転職エージェントに関する情報をまとめた記事もありますのでご参考ください。

公認会計士がワークライフバランスを実現させるための転職で知っておきたいこと

2020年2月25日

公認会計士におすすめの転職エージェント 転職先ごとに転職エージェントを使い分けよう

2019年12月23日

公認会計士の事業会社の経理への転職|転職失敗する人が多い?

2020年3月9日


CFO・経理・財務・IPO・M&A関連の転職に強み!
転職エージェントサービスの紹介!

IPO準備企業のCFO求人や各種IPO支援を行うファーム、M&Aに係わるコンサルティング、事業会社の経理・財務等会計士がキャリアアップやキャリアチェンジを目指した転職支援を行っています。
労働環境を良くしたいとお考えの方の転職サポートももちろん行っておりますので、転職をお考えの方はお気軽にご利用ください。
«前へ
次へ»