20代の会計士が転職の際に気をつけるべきことは?20代前半と後半の違いもチェック!

公認会計士の転職情報


20代会計士で監査法人等で仕事をしているけれど、現在の仕事に不満があって転職を考えることはありませんか?
監査法人勤務の方の場合、修了考査前の1年目や2年目が終わるころから監査業務の単調さが肌に合わずに転職を考えだす方も多くいらっしゃいます。

ただ、『経験が少ない状態で転職しても上手くいかないだろう』と不安に思っている人は少なくないと思います。

しかし、実際は転職する場合は若い方が有利なことが多いのも事実です。

目次

20代公認会計士におすすめの転職・求人情報

まずはじめに、当サイトに掲載している20代の会計士にマッチしそうな求人をいくつかピックアップいたしますので興味のある方は是非ご覧ください。

公認会計士

【CFO/CFO候補】大手グルメサイトのWEB予約を一元管理する飲食店向けのサービスを提供する注目企業のCFOの求人

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【経営企画】金融情報配信事業での仮想通貨を取り扱う関連会社の経営企画の求人

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【財務・会計コンサルタント】ベンチャー企業の会計・経理に関するアドバイザリーの求人

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【会計・経理スタッフ】ベンチャー企業の会計・経理に関するアドバイザリー

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【M&Aアドバイザー(FA業務)募集/マネージャー】中規模M&A案件からベンチャーのM&Aまで多岐にわたる経験が積めます!監査法人・金融・商社出身者多数在籍!

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【M&Aアドバイザー(FA業務)募集/マネージャー】中規模M&A案件からベンチャーのM&Aまで多岐にわたる経験が積めます!監査法人・金融・商社出身者多数在籍!

求人詳細を確認する


20代の会計士が転職したい理由はキャリアアップのため?

20代の会計士が転職を考える理由は、スキルアップしたい・キャリアアップしたい・クリエイティブな仕事がしたい、など人によって様々です。

公認会計士の場合、特にキャリアアップが目的の人が多いようです。

20代の会計士は20代前半で監査法人へ入所し、20歳代中盤前後で公認会計士登録する場合が多いです。

公認会計士登録は、公認会計士試験を合格した後2年間業務補助や実務補習をし、修了考査に合格しなければ登録できません。ですので、当初から転職を考えているケースであっても、公認会計士登録を済ませた後に転職する方が多い傾向にあります。

監査法人では、最近は監査業務の複雑化により、手続き的な業務が煩雑になり人手が不足しがちです。

また、株式上場を目指す上場準備会社では、CFO候補等で公認会計士を雇うことが多くなってきましたし、M&A市場も活況なため、公認会計士を求めるフィールドはかなり増えている状況です。

今、転職市場において会計士は人気な人材なのです。会計士にとって今ほど転職に適した時期はないでしょう。

20代前半の会計士はポテンシャルが重視される!?若ければ若いほど有利!

転職する際に若すぎることを気にする方もいると思います。

しかし、大学卒業直後の社会人経験が少ない人はポテンシャルの高さが重視されます。

これは会計士に限った話ではなく、多くの職業に言えることです。ポテンシャルは若ければ若いほど高いとされるので、転職は若いほど有利なのです。

ポテンシャル以外には勤務態度・コミュニケーション能力・メンタルの強さなどが評価されます。

会社によっては勤務年数の短さが、マイナスになってしまうこともありますが、多くの会社はポテンシャルを重視します。

公認会計士の場合、監査法人から外に出て活躍していきたいとお考えのケースにおいては、公認会計士資格を取得後、過度に恐れず、思い切って転職活動をしてみることをおすすめします。

監査法人から転職してしまうと多くのケースで一時的に年収が下がるので、多少のリスクはありますが、もっと先のキャリアまで考えると、むしろ監査法人での仕事経験しかない方の方がリスクは高い傾向もあり、ある程度外の世界を知っておく方が良いです。

ただし、監査法人内でも最近はいろいろとチャレンジできる環境は整っていたりしますので、転職する前に積極的に手をあげて経験を積んでおくのも良いでしょう。

以下の記事にて監査法人にいるうちにやっておいた方が良いことに関する質問に回答しておりますので興味のある方はご覧ください。

転職を考えていますが監査法人にいるうちにやっておいた方が良いことは何かありますか?【20代会計士】

2020年3月9日

20代後半の会計士は監査法人での業務経験しかないと今後は厳しくなっていく!?

20代前半では、社会人経験が少ないためポテンシャルが大きなポイントとなってきます。

一方で、20代後半になると社会人経験があるためポテンシャルだけでなく経験が評価されるようになってきます。


監査法人に就業する前などの前職で経理・財務などにかかわる仕事をしていたり、コンサルティング業務に従事した経験があれば、そうした経験は評価されますが、監査法人での勤務経験しかない場合、今後年齢を重ねるにつれて、監査法人以外の勤務先での転職は厳しくなっていくと考えられています。

監査法人での経験が全く評価されないわけではありませんが、監査法人から外に出ていくことを考えている場合、3~5年程度の業務経験を積んでいれば十分評価されますので、ポテンシャルが評価される若いうちにコンサルティング会社や事業会社等への転職を目指してみるのも良いでしょう。

監査法人からの転職の場合、20代後半になっていると一時的に年収ダウンしてしまう可能性が高いのですが、長い目で見れば外での経験は大きなプラスになります。

いずれにせよ、20代後半であれば、コンサルティング会社や事業会社、金融機関(投資銀行除く)、ベンチャーキャピタル、ファンド等様々な転職先へと転身できる可能性がありますので、チャレンジをしたい方はできれば20代後半から30代前半までには転職しておきたいところです。


20代の会計士で実際に転職に成功した事例がこちら!

ここからは、実際に20代の会計士で転職に成功した人の事例を見ていきましょう。

27歳で監査法人から金属メーカーに転職したKさん

監査法人で三年弱働き、一般事業会社へ転職を希望したKさんのケースを紹介します。

Kさんは大学卒業後に公認会計士試験に合格し、大手監査法人に就職しました。

仕事をしているうちに外部の立場ではなく内部の立場から仕事に関わりたいと思ったそうです。

監査法人では外部の人間としてクライアントと関わっていくことになりますが、企業と直接かかわる仕事をしたかったKさんには合わなかったのでしょう。

転職当時は27歳で、主査・インチャージといった仕事を経験していない状態で転職を決意したそうです。会計士の転職市場では主査経験者の方が評価が高い傾向があるので、少し厳しい状態での転職でした。

また、前職は3年ほどしか勤務していなかったため、転職先もすぐ辞めてしまうのではないかというネガティブなイメージを持たれていたそうです。

6~7社応募した結果、書類選考を通ったのは2社だけでした。

最終的に内定をもらった1社は地方配属になることが条件で、その条件を受け入れられる人材は少なかったそうです。

そんな中、Kさんは勤務地にこだわりがなかったため無事内定を取ることができました。面接で質問されることを事前に聞いていたため、スムーズに面接に臨めたことも内定を取れた一因だとKさんは言っています。

ポテンシャルの高さで一流企業へ転職を成功させたNさん

ポテンシャルの高さを売りにして転職を成功させたNさんのケースを紹介します。

Nさんは大手監査法人に4年勤務し、事業会社へ転職を希望しました。

Nさんのように監査法人から事業会社に転職する人は多いが、彼はその中でも転職する時期が早かったそうです。

しかし、Nさんが転職活動をしていた当時は事業会社の管理職は人手不足で、若くて経験が乏しい人でもポテンシャルが高ければ採用するというスタンスをとっていました。

Nさんは大学在学中に公認会計士試験2次試験に合格しており、CFOを目指したいと将来の展望を述べるほど上昇志向が高い方で、ポテンシャルはかなり高い方でした。

それが功をなし、Nさんの希望にぴったりの転職先に無事転職することができました。Nさんの場合、転職エージェントの方とNさんの相性が良かった点も転職成功の一因でしょう。

転職事例をもとにした会計士の転職先やキャリアについて記載している記事もございますので以下もご参照ください。

公認会計士武石

転職事例をもとに公認会計士のキャリアパスを考えてみる

2020年3月9日

20代の会計士に人気の転職先はこの3つ!

20代の会計士の転職先としては、大手事業会社・外資・ベンチャー・コンサルティングファームなどがあります。

スキルアップしてより上へ行きたい人、目先の給与よりも長い目でみて安定する職場に行きたい人など、人によって転職先に求めるものが違います。

ここではおすすめの転職先を3つ紹介しますが、自分が何を求めているのか熟考した上で、転職先を決めましょう。

ベンチャー企業

現状、大型資金調達を実現するベンチャー企業は多くあり、資金が潤沢にあるベンチャーは多くなっています。そのため給与の面でも割と悪くない金額が貰えるケースも多くなっています。

また、万一転職したベンチャー企業と相性が悪かったとしても、監査法人は人手不足のため、いつでも出戻りできるという安心感もあり、ベンチャーへの転職にチャレンジする会計士は増えています。

しかし、これは現状の話です。いつまで潤沢な資金を保てるか不明ですし、監査法人の人手不足も一部では解消され、人が余っている法人もあるそうです。

ベンチャーにはリスクが付き物だということをしっかり覚えておきましょう。

ベンチャー企業への転職に興味のある方は、会計士のベンチャー企業への転職に関する記事と、ベンチャー企業でCFOとしてIPOを経験した会計士の転職の記事をしっかりご覧ください。

コンサルティングファーム

上昇志向が強い人にはコンサルティングファームがおすすめです。

以前はコンサルティングファームには即戦力になる人しか転職できませんでしたが、現在は人材確保を優先している場合が多いので転職しやすいです。

そのため、コンサルティング未経験の若い会計士でも転職の見込みがあります。

完全に未経験の場合は、学歴・英語が得意などアピールポイントがあると転職できる確率がグッと上がるでしょう。

また、CFOを目指したいという公認会計士の方は多いのですが、ビジネススキルが足りないという理由で不採用になるケースは非常に多いです。
そのような方の場合、コンサルティングファームにて業務経験を積むことで、経営・ビジネススキルを磨くことができるので、CFOや企業の経営企画等の要職としての転職も可能となります。

事業会社の経理

ワークライフバランスや安定を重視する公認会計士の方は非常に多くなっており、そうした方が事業会社の経理を志望することもあり、人気の転職先の一つとなっています。

事業会社の経理への転職に興味のある方は以下の記事もご参考ください。

公認会計士の事業会社の経理への転職|転職失敗する人が多い?

2020年5月21日

20代の会計士の需要は高い!思い切って転職してみよう

20代前半・中盤の会計士で転職を成功させている人は今では珍しくありません。

監査法人から転職して活躍している若手の会計士は本当に近年増えています。

転職に少しでも興味があるなら、転職活動を始めてみるといいでしょう。

転職は若ければ若いほど多くの選択肢・可能性があるので、若いからと言ってためらわずにチャレンジしてみると思いがけないキャリアと出会えたりするものです。

それに今後はいかに多くの経験・体験をしているかということが重要な要素となってきますので、様々なチャレンジを行っていくと良いかと思います。

転職ありきではなく、まずは自身にどのような可能性があるのか知る意味でも転職活動をやってみても良いでしょう。

なお、20代公認会計士の転職ではマイナビ会計士を活用して転職を実現される方が非常に多くなっています。

また、監査法人での勤務経験や起業経験のあるコンサルタントが運営しているエルキャリでは、自身の経験を活かした転職アドバイスや独自の人脈を活かした求人先を多数保有しており、若い会計士の方が転職を考える上で利用するのにとても良いと考えられます。

先々転職を検討しているという方はキャリア事例等の情報も参考になるかと思いますので、情報収集も兼ねて相談してみると良いでしょう。

その他転職においては、成功体験のみならず失敗体験等も参考になりますので以下の記事なんかもご覧ください。

公認会計士におすすめの転職サイト・転職エージェント【転職に失敗しないコツも】

2020年5月21日


CFO・経理・財務・IPO・M&A関連の転職に強み!
転職エージェントサービスの紹介!

IPO準備企業のCFO求人や各種IPO支援を行うファーム、M&Aに係わるコンサルティング、事業会社の経理・財務等会計士がキャリアアップやキャリアチェンジを目指した転職支援を行っています。
労働環境を良くしたいとお考えの方の転職サポートももちろん行っておりますので、転職をお考えの方はお気軽にご利用ください。
«前へ
次へ»