30代・40代の経理が転職で求められるものは?管理職としての採用が多くなる?

経理として一定の経験を積み30代を迎えている方、40代となり経理・財務部門の管理職として勤務されている方などある程度年齢を重ね、経験も積んできた方がよりスキルアップ・キャリアアップするために、あるいは職場環境や待遇改善のために転職を考えるケースは多くあります。

昨今は経理・財務人材が不足しており、企業側の採用意欲は高い傾向にあり、入社時の待遇も悪くない傾向にあります。
しかしながら、人手不足だからといって、30代、40代の経理部門管理職クラスの採用では妥協するケースは少なく、一定のスキル・経験・マインドは厳しくチェックされることとなります。

そこでここでは、30代・40代経理が転職することを考えた際、どのようなことがポイントになるのか見ていきたいと思います。

管理職(候補)としての転職が多くなる年代でもありますが、プロフェッショナルとして活躍したいという意識も強い職種なので、いろいろなケースで見てみましょう。

30代の経理は管理職候補として即戦力採用選考されるケースが多くなる

30代となると転職市場では基本的には経験者として即戦力であることが求められます。
30代前半ですと早い人であれば既にマネージャー(課長以上)という人もいるかと思いますが、一般的な上場企業規模だと、将来の管理職候補として5年以上程度の一定度以上のレベルの経理実務経験があることが必須要件となることが多いでしょう。

特に決算に関連した業務経験の有無は見られますので、そうなると一定程度の年数(2、3年)は企業に在籍していないと重要業務に深く携わっていないと判断されがちなため、経理経験年数と共に一つの企業での在籍年数も重要な指標となります。

その他企業にもよりますが、監査法人対応や税務調査対応、管理会計スキル等企業が抱える課題に応じて必要スキルは変わってくることもあります。

経験以外における客観的なスキルを証明する指標としては、多くの一般事業会社においては簿記2級程度の資格があれば問題ありません。

経理転職においては重視させるのは経験値であり、転職先の業界により、例えば金融業界での経理実務、建設業界・製造業での経理実務、上場企業での経理経験(四半期決算・開示等)等、その業界あるいは規模での実務経験が求められることが多いです。

しかしながら、30代であれば業界での経験はなくとも一般的な経理業務全般がこなせれば問題ないという企業も多いため、管理職候補での転職であったとしても道が開けている年代であるため、可能性は広く持つことができます。30代での選択が先の経理としてのキャリアに大きく影響してくるため慎重に検討するようにしましょう。

その他転職するにあたっては何かしらのマネジメントに関連したものを仕事あるいはプライベートでも良いかと思いますので準備しておくとアピール材料となります。

30代中盤・後半以降になってくると、具体的に管理職としての採用も増えてくるため、部下数名のマネジメント経験が求められることもあります。

チームメンバーにしっかり気を配り適宜コミュニケーションを取りながら業務を遂行していける能力が問われますので、経理実務に関するスキル確認のみならず経理部門の管理職としてコミュニケーション能力の有無が大きく問われます。

どのようなケースにしろ30代経理の場合、マネージメントだけということは少なく、プレイヤーでありつつ部下数名をまとめるといったプレイングマネージャー的なポジションが多くなるので、実務経験についてはしっかりアピールできるように準備しておきましょう。

30代経理でプロフェッショナル路線を目指すのも不可能ではない

基本的に大半の企業で30代以降は経理管理職(マネジメント)を求める傾向にあるのですが、プレイヤーとして高みを目指すことも可能です。

例えば、経理財務に関連するコンサルティングサービスを提供するファームへ転職するといった方向性も無きにしも非ずです。

既に経理として一定度以上の経験がないと難しいのですが、会計系コンサルであれば経理実務経験者を求める求人も一定度存在しており、IFRS導入、決算早期化プロジェクトなど各種経理経験を活かしたコンサルティング業務が行えるファームへの転職も可能です。コンサル経験後のキャリアは広がるので、30代前半であれば数年コンサルというのも考え方次第ですが悪くないとも言えます。

ただ、一般的な経理としてのキャリアルートではないのでリスクもあることから、様々な方向性でキャリアを模索していきたい30代経理はエージェントなどに相談しておきましょう。

30代という年齢からして、「最後の転職」という位置づけをする方も多いのですが、意外と30代で2回転職してキャリアを伸ばす方もいたりするので、様々な可能性を知っておいた方が良いです。

管理職としての転職にせよプロフェッショナルとしての転職にせよMS-Japanに登録しておくと良いでしょう。

というのも、事業会社の求人を上場企業まで含め幅広く持っているほか、会計系コンサルへの転職支援実績も豊富で、本当の意味でのプロである会計士資格者の転職支援も高い実績があるので、様々な視点・路線でのキャリアプランを知っているエージェントなので、求人サーチの意味でも転職相談の意味でもとりあえず登録しておくと良いかと思います。

30代経理だけど経験が浅く不安を感じているケース

30代の経理の方全員が管理職になれるほどの経験を得ていたりプロフェッショナル路線に行こうと思うほど高いスキルを持っているわけではありません。

ただ、年齢を重ねていくと上記までで記載した通り、実務的にも一定度のスキルが求められ、加えてマネジメント経験が求められるので、今の職場でどの程度キャリアアップできるかは考えるべきでしょう。

そもそも論として、どういった領域での経理としてのキャリアを考えているかにもよりますが、30代(前半と後半でも全然違いますが)を超えてくると以下のようなスキルが求められてくる傾向にあります。

月次・年次決算の経験
連結決算
連結納税
開示(上場企業等を目指す場合)
上場準備・監査法人対応等
マネジメント経験
管理会計

一通りの通常経理業務を滞りなく行えるだけでなく、専門性が高い業務に関する経験があることも必要です。

近年では経理や会計のシステム導入も進められているため、新規業務システムの導入を現場で経験している人も重宝されています。

大手企業の場合には担当業務が決まっていて分業されていることも少なくありませんので各領域で強みを持っている必要性があるケースもあります。

ただ、確実に求められるのは決算業務経験です。

どの企業でも決算業務は必要になり、30代ともなるとこの辺りの的確かつ正確に業務をこなしていけるスキルがあることは採用の可否を分ける最低限のポイントです。

今の職場では何が原因でキャリアアップあるいはスキルアップができないのかを整理する必要がありますが、もし現在の職場が原因でスキルやキャリアアップが望みにくいということであれば早いうちに適した環境へ転職しキャリアを高める努力をする必要はあるでしょう。

40代になると流石に厳しくなってくるので、30代の早いうちに転職を実現した方がよろしいケースが多いです。

いずれにせよ、先ほど記載した通り、どのようなキャリアを思い描くか次第の部分もあるので、エージェント等に相談しておくのも良いかと思います。

40代の経理の転職では明確に管理職としての採用が多くなるほか経理・財務責任者(CFO)等の経営により近いスキルが評価に

40代経理の転職市場もかなり需要が高くなっており、一定の経験を積んでいる方であれば引く手数多です。

経理・財務に関する実務の他、経理・財務部門を通して全体で課題解決に取り組んでいくような業務が求められることも多くなりますので、実務経験は当然重要なのですが、会社全体、部門全体を見通した経営に近い動き等が求められることも多くなります。

40代の経理・財務の転職ではマネジメント経験で差が出る

プレイヤーとして実務に長けている経理の方は多いのですが、マネージメントが苦手であるという方も多くいらっしゃいます。

もちろんプレイヤーとして、プロフェッショナルとして積み上げていくキャリア形成も可能な職種ではありますが、多くの企業ではマネージメント経験を求めることが多いので、管理職、あるいは管理職に近いポジションでの転職をお考えのケースではマネージメントスキルについて何かしらアピールできると良いでしょう。

既に管理職として勤務されている方であれば現在の管理業務(メンバーマネジメントや評価、プロジェクトの推進等)等の経験が評価されますが、マネージメント経験が浅く選考通過に不安を感じる方は一般的なコミュニケーション能力の部分でアピールすることも可能です。
日々の生活や業務、何かしらのプロジェクトを通じた経験・体験からの要素を利用するのも良いかと思います。

企業によっては、実務スキルがあればマネジメント経験は問わずというところも多いので、実務経験がある程度あるのであれば、チャレンジしてみても良いかと思います。

CFO候補や経営幹部候補など経営に近い経理・財務ポジションの転職

経営の意思決定に大きく関係するポジションでの採用も多くあります。

近年多いのが、M&Aに関する企画・実施等に関連したポジションです。
財務・会計スキルの他、M&Aが自社にどのような影響・シナジーをもたらすのか経営目線での判断が必要になることから、単に実務スキルがあるだけでなく、そうした視点を持ってこれまで業務に取り組んできたのかどうかも重要となります。

経理・財務実務の経験に加えて上記のような経験、あるいは志向性を持っているかどうかは重要でしょう。

また、財務・経理部門全体を統括する責任者ポジションの求人も多く、コーポレートファイナンスの知識・スキルからマネジメント、経営全般に係わるスキル・経験の有無が問われます。

このポジションの場合、40代以上~50代中盤くらいまでの経験豊富な経理・財務経験者を求める傾向があるので、50代以上でも歓迎している企業は多くあります。

40代以降の財務・経理の転職はCFO等の経営に近いポジションでの勤務経験や業務改善スキルの有無が重要

40代を超え50代の経理・財務の方の採用も一定の需要がありますが、一般的な経理・財務業務での採用というよりは、部長以上クラス、あるいは上記で記載した経営により近い立場での採用が中心となります。

また、企業のグローバル展開や新規事業開発に伴う拡大フェーズにおいて、組織の再編や業務プロセスの見直しなどが必要になることが多く、こうしたケースでは、豊富な経験を有する50代のベテランの方が求められるケースも多いことから、採用需要は多くあります。

これまでの経験を活かしてもっと働いていきたいといったお考えをお持ちの方などは転職エージェント等を通じて求人サーチを行ってみても良いでしょう。

40代で管理職やグローバル企業などへの転職を考える経理の方はJAC Recruitmentなどの当該領域の求人を保有しているエージェントを活用すると良いでしょう。

担当してくれるコンサルタントのレベルも良いのであなた自身も一定度以上の経験・スキルがあるのであれば良い案内が受けられる傾向にあります。

30代・40代経理が転職をお考えであれば

30代経理の場合、プレイヤーとしてもまだまだ高みを目指したいという意思がある時期だと思いますが、管理職を目指していくケースもあり、キャリアの分岐が起きる年代です。

しっかり情報取得した上で意思決定されるのが良いかと思いますので、途中でご案内したMS-JapanJAC Recruitmentなどを有効活用し、後悔の無い転職を実現していただきたいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

30代・40代の経理転職において大企業と中小企業・ベンチャー企業のどれがいい?

転職先企業の業界・規模などによりその後のキャリアは大きく変わってきます。
業界特性も大きいですが、大手なのかベンチャーなのかでもキャリアは変わってくるので簡単に見ておきましょう。

必ずしもどれが最も優れていると言うことはできないので、それぞれにどんなメリットがあるのかを確認して自分なりに選べるようにしておきましょう。

大企業の良い点

大企業を転職先として選ぶメリットは事業が安定していて給与水準も高く、福利厚生も充実していることがまず挙げられます。

30代となると結婚や子供の教育費なども視野に入っている年齢ですので、給与と共に福利厚生や家族との時間も重要な要素となってきます。
そういった意味ではメリットが大きい転職先と言えます。

また、経理システムが導入されていて数年間は運用されてきた実績がある場合がほとんどです。

各種業務をシステム上で連携しやすい形が整っていて、手際良く必要業務をこなしていくことができるでしょう。

上場企業なら四半期決算なので繁忙期と閑散期の差が激しくないという点も魅力になります。

キャリアアップという観点から優れているのは各種監査対応をしたり、海外の会計基準に則った業務経験ができたりする可能性があることで、他の経理職と経験面で差別化できるようになることです。

また、自社だけでなく関連子会社の経理にも対応することで連結決算なども含めた幅広い経験を詰める可能性があります。

これは中小企業やベンチャー企業では経験するのが難しいことなので大企業だからこそのメリットです。

中小企業の良い点

中小企業の経理職を選ぶメリットは、経理部門が担当する様々な業務を一通り経験できることです。

大企業の場合には経理業務について考えると分担制になっていることが多く、特定の業務に特化してしまう傾向があります。

しかし、中小企業では経理職の人数が限られていて、誰もがどの業務もこなせるようにするのが一般的です。

財務や管理会計、税務なども掌握していなければならない場合がほとんどで、経理職として経験しておくと役に立つ業務を幅広く担当できます。

また、人数が少ないので経理主任に速やかにキャリアアップできる可能性があり、特に大企業で働いてきた人の場合には管理職候補として採用してもらえるケースも少なくありません。

社内で昇進を目指すことも、多様な業務経験を積んだことを生かして転職でキャリアアップをすることもできるのは中小企業だからこその魅力です。

ベンチャー企業の良い点

30代経理がベンチャー企業に転職してキャリアアップを狙うときには、どの企業を選ぶかによって受けられるメリットにも大きな違いがあります。

スタートアップベンチャーに転職した場合には経理フローを一から作り上げることができるのが魅力です。

その構築経験はどんな現場でも役に立ち、コンサルタントとして働くにも十分なキャリアになります。

一方、上場を目指す段階に入っているベンチャー企業に転職した場合にはIPOに向けた経理体制の整備が求められるのが通例です。

それまでずさんに管理されてきたものを立て直す苦労こそあるものの、成功した暁には上場企業で働けるようになるメリットがあります。

また、CFOに昇進できるケースも多く、安定した職場で管理職として働けるようになると期待できるのも魅力です。

成長段階やスタートアップからようやく売り上げを出したようなベンチャー企業でも人件費を削減する目的で経理職が他の仕事も兼任するのが通例です。

人事や総務などの様々なバックオフィスの業務を経験できるため、将来的には企業内での昇進だけでなく、他企業で管理職として採用してもらえる可能性も高まります。

30代・40代経理が転職する場合はしっかりと計画を立ててキャリアアップを狙おう!

30代になった経理職の中途採用では即戦力を選ぶのが基本なので、企業のニーズに合った経験を積んでいる状況でなければなりません。

いつどんな企業でどの業務を担当するために転職するかをよく考え、必要な経験を積んだ上で転職するのが大切です。

キャリアアップの計画を早期に立てておくと理想的なキャリアパスを歩めるようになるでしょう。

キャリアアップを目指す転職においては転職エージェントの利用は必須とも言えるかと思います。
そもそも求人が非公開で募集されるという意味でも利用した方が良いと思うのですが、キャリアパス事例なんかを知る意味でも利用価値は高いです。

MS-Japanを代表的な例として記載しましたが、このほかにもエージェントはたくさんあるので、興味のある方は経理におすすめの転職エージェントのページよりご確認ください。

どのような企業でどのような経験が積めるのか、どのようなキャリアパスがあるのかしっかり確認したうえで転職を決めるようにしましょう。

30代・40代経理の求人情報

求人をお探しの方は管理部門(経理)の求人情報よりご覧ください。

経理など管理部門におすすめしたい転職エージェントNo1のMS Agent<PR>

経理を始めとする管理部門転職決定率No.1の実績と創業から30年以上の歴史を持ち、保有する求人の数と質が高いのが特徴。各職種に精通したアドバイザーが所属しておりあなたにマッチする求人のご案内からキャリアの相談まで徹底サポートしています。
ABOUT US
株式会社インテグラルベース士業Job運営事務局編集部(管理部門領域)
職業紹介事業経験者や経理・財務・人事等の管理部門職として勤務経験のある方が執筆・監修を行っています。また、周辺領域である会計事務所などの士業事務所経験者が管理部門へ転職するケースなど幅広い状況を加味してコンテンツ作成を行っています。