公認会計士が転職で最強と言われる理由

会計士は転職においては最強レベル

公認会計士は転職市場においては最強レベルの職種といっても過言ではありません。

ここではなぜ会計士は転職で強いのかという事について様々な方向から見ていきたいと思います。

実際に転職をお考えの会計士の方はもちろんこれから会計士を目指そうかなという人にも参考になるようにしていきたいと思います。

なお、誤解の無いよう冒頭で記載しておきますが、会計士の資格を持っていたら誰でも最強になれるという事ではありませんのでご注意ください。

活躍可能なフィールドが広い=転職先が豊富

会計士の転職先は広くどこにでもその気になれば転職可能

まず、最強と言われる背景として転職しようと思えばどのような業界・業種にでも転職が可能であり、選択肢が膨大であることがあげられます。

一般的には職種ごとに属する業界というものが決まっているケースが多いですが、財務・会計というどこにいても必要とされるスキルのプロフェッショナルである会計士はその知識・経験を活かしてどこででも必要とされる可能性を秘めており、自身の意識の持ちようにより様々な選択が可能という事があげられます。

会計士は通常監査法人からキャリアをスタートされる方が大半ですが、その後のキャリアは千差万別で、代表的なフィールドとしては、事業会社(様々な業種)やコンサル(様々な体系のコンサル)、会計事務所、他士業事務所、金融機関などあらゆるフィールドでキャリアを構築していくことが可能です。

簡単にそれぞれについて見てみましょう。

事業会社

一般事業会社といっても様々な業種がありますね。

製造業、小売業、IT、、、など様々な業種があり、どの業種でも会計士は活躍しています。

もちろん会計士なら誰でも好きなように転職できるというワケではありませんが、自身で強みを作り、様々な選択をしていくことが可能なのは事実です。

会計士という資格の信頼性と監査法人などで培った経験・知見などを活かして各種業界へ転職し活躍することが可能です。

また、職種としても経理・財務だけでなく経営企画などのポジションでも活躍するケースは多く、最近の時代の流れで行くとM&Aで拡大する企業が多いので、そういった領域で事業会社の中から数字分析・経営分析を行い投資判断の助けとなるようなことを行うポジションで活躍される方も増えています。

ただし、先ほど記載した通り、どこにでも転職ができるが故にどこに強みを持った会計士になるか悩んでしまう会計士の方もおり、キャリア構築に失敗されるケースも見受けられます。

また、求められるアウトプットのレベルも高いものが要求されるので、会計士なのにレベルがそうでもない、見たいな状況になると会社内で居づらくなります。

選択肢がたくさんあるというのもそれはそれで悩みが発生するため、最強レベルに転職市場で求められるといっても楽ではありません。

これから会計士を目指す方にとってはあまりピンとこない話かもしれませんが、今現在会計士になって働いている人は意外とキャリアで悩むケースが多いです。

コンサル

コンサルティングファームで働く会計士も多くいらっしゃいます。

コンサルというとまだ社会に出ていない学生などは戦略コンサルを思い浮かべるのですが、会計士の場合は財務会計系のコンサル(FAS等)で働くケースが多いです。

会計系コンサルでは先ほど記載したおとりM&Aの需要が大きいのでそこに関連したコンサルティングが多い他、近年件数が伸びているIPOに係わる支援、決算早期化などの財務会計業務の最適化支援、事業再生など幅広く会計の知識を活かしたコンサルティングサービスの提供を行っています。

もちろん会計系ではなく戦略コンサルで働いている会計士もおり、財務会計のアドバンテージを活かして活躍するケースもありますので、コンサル領域でもその選択肢は広いと言えます。

ただ、会計士資格を保持していたらコンサルで働けるというワケでは無く、その他にも語学力、コミュニケーション能力など総合的なスキルは必要になりますが、なんの分析をするにしても財務会計は切っても切り離せないケースが多いので、どのようなフィールドでも一定度必要とされることから転職において優位な部分はあります。

会計士の場合、コミュニケーションスキルや一般常識を欠くということで不採用になるケースがたまにありますので、資格の有無だけでなく、人との関わり合いも保ちながら資格取得できれば良いかと思います。

なお、このコンサルを経験した後のキャリアは更に可能性が広まり、各所でFA業務経験などが求められるため、一度はコンサル現場に身を置いておくのも良いかと個人的には思います。

金融機関

金融は特殊な領域なので、キャリアの最初に金融領域かそれ以外かを選択することにより道が分かれるケースも多いですが、いずれにせよ金融領域への転職も当然可能です。

また、金融と言っても様々あり、わかりやすいところだと銀行ですね。最近のケースだとファンドなどへ転職される会計士もいらっしゃいます。

特殊なキャリアになってくるケースが多いため、金融領域を攻めるかどうか慎重に検討しましょう。

監査法人

監査法人でそのままキャリアをまっとうする会計士も多くいらっしゃいます。

昔よりも居座り続けることが容易になったことが要因としてあります。

ただ、エコノミストで読んだ資料で恐れ入りますが、監査法人は5年で5割、10年で9割近くが退職されるということで、やはり大半の方が監査法人以外でのキャリアを積む傾向にあることがわかります。

実際に知り合いを見ていてもほぼ3年目から5年目まで、マネージャー前あたりで転職しているように思います。

同資料によると人気の転職先はコンサルとのことですが、こちらのアンケート調査などでは事業会社希望が圧倒的に多く、また、各種転職エージェントの結果でも事業会社希望が多いとの結果もあるため、基本的には事業会社へ転職される方が多いのかなと思っています(監査法人系のFASであればエージェント等利用せずとも転職できるためその辺の数値の前後で変わっている可能性はあります)。

いずれにせよ、監査法人で監査だけやっててもキャリア的には正直リスクが高いので、若くていろいろ吸収できる年齢のうちにコンサルなり事業会社なりベンチャーなりに転職し、いろいろ経験値を上げておいた方が良いでしょう。

せっかくなんでもどこにでも転職できる会計士資格を保有しているのでチャレンジしないと勿体ないかなと個人的には思います。

会計事務所

会計事務所で税務をやる会計士もいます。

将来独立して自分の事務所を開こうとおもったら税務経験は基本的に必須であり出来て損はないので一定数会計事務所へ転職される方もいます。

監査法人からいきなり独立して税務をやる人も中にはもちろんいますが、結構酷いということでチェンジされているケースも見受けられるため、いくら税理士登録できるとはいっても基本的にはどこかで修行しておいた方が良いかなとは思います。

この他にも様々な選択肢が考えられるのですが、こんな感じであらゆる業界・職種への親和性が高いので可能性が無限大という意味で最強と言えます。

公認会計士はAIに仕事取られて最弱になるんじゃないの?

会計士の仕事はAIに奪われる?

何年前か忘れましたが、食えない士業だとかAIに奪われる士業だとかいろいろと雑誌で士業はオワコン見たいな書かれ方をしていた記憶があります。

だいぶ前の話ですが今のところ仕事奪われるどころかかなり人手が足りない状況です。

現状公認会計士の就職・転職市場は売り手市場であり、それはコロナ禍以降もそれは変わっていません。

理由としては、市場の複雑化・高度化が一つあり、グローバル展開・複合的に事業展開を行う今の時代において、その財務会計処理は複雑極まりなく、高度な分析からの意思決定あるいは意思決定のための情報提供を行うことができる存在は需要が高く、また、そこの業務にはコミュニケーションが介在してくるため、単純に数字を分析するだけでは終わらないことから、現状においてはAIなどのテクノロジーでは対応ができないこととなっています。

むしろその辺の数字分析はテクノロジーがやって、それらを見て判断し、わかりやすく経営者等に伝えて意思決定してもらうための仕事はまだ人じゃないとできないですし、今後も多分そこは変わらないのではと考えられます。

これらの判断業務やコミュニケーション、相手に与える安心感に関してAIの方が適切に提供できるような時代が来るのかどうかわかりませんが、もしそうなったならば、その頃には世の中の構造が大きく変わっているでしょうから会計士がだからどうとか言ってる場合じゃない気がします。

なお、直近であっても単純作業はもうテクノロジーの方が上手に処理できるので、そうした作業しかできない人は会計士資格を持っていても油断はできませんが、通常の会計士が行うレベルのコンサルティングスキルから考えて、このレベルの人の仕事がないならその辺の普通の営業マンとかの仕事はもッと早くになくなるでしょう。

そういった観点からもそれなりに強いと言えるかと思います。

公認会計士は年収が高い

公認会計士は年収が高い

ご存じの通り公認会計士は年収が高く、その点も強いと言われる理由の一つです。

監査法人自体も年収が高めですし、コンサルへ転職した際も基本的にスライドあるいは上昇という形で転職が可能な他、昇給率も高いため、収入という点ではかなり強いです。

公認会計士の平均年収は大雑把な集計しか存在していないのですが、厚生労働省賃金構造基本統計調査を見るとだいたい1000万円近くであることがわかります。

監査法人に勤務していればどの程度以上かはある程度想像がつくかと思います。

同じ国家資格で最難関の一つである弁護士を見てみると、令和元年時点でだいたい728万程度であり、会計士のそれより低い(士業で特殊な働き方も多いので一概に言えないのですが)ことからも会計士の平均年収が統計上はかなり高い部類に入ることはわかるかと思います。

参考として公認会計士の転職支援で特に事業会社への転職支援件数でかなり実績が多いMS-Japanのデータを参考にさせて頂くと、同社の登録者において、20代会計士の平均年収が670万円、30代前半が823万円、30代後半が916万円、40代前半が1002万円と非常に高くなっています。

独立では無く転職するなど雇われることを前提とするケースではエージェントに登録している会計士のデータは参考になると言えるでしょう。

なお、20代のうちは監査法人にいた方が年収が高い傾向にありますが、年齢をかさねる、経験を重ねていくにつれて、事業会社などの方が年収が高くなる傾向にあります。

一時の年収を気にするのではなく、トータルで見るのも重要です。

独立しても食いっぱぐれが無い

独立しても会計士は生活に困らない

独立志向の会計士もいらっしゃいますが、会計士を見ていていいなと思うのは、独立した際に監査法人等のバイトで食いつなぐことも可能(しかも単価高いし)なので、独立起業のリスクが低いという事があげられます。

プライドや気持ちの問題を抜きにすれば、日銭を稼ぐのはそれほど難しくないため、精神的には楽と言う方も結構いました。

後は私の周囲でも会計士で独立して当初は不安・苦戦があるにせよ、事務所運営としては軌道に乗るのはやはり早い傾向にあり、1人事務所でも2000万円から多いと5000万円くらいまで稼ぐ方がいます。

一人だと5000万円くらいやると時間的にしんどいと言っていましたが、いずれにせよその程度は稼げるんだなと。すごいなと思いました。

そういった点からも強いです。

最強だけど会計士は転職失敗者も多い

転職市場において最強レベルであることは間違いないと思うのですが、冒頭で記載した理由の中のキャリアの選択肢が広いというところで転職の失敗を犯すケースも多いです。

監査法人に勤務したのち、会計スキルを活かして違うことがやりたいとは思っているけど具体的に何をしようか迷っているというケースも結構あり、そのままなんとなく転職をしていった結果キャリアがグチャグチャになり、30代中盤・後半あたりで焦る方も少なからずいらっしゃいます。

後は、無駄に1年単位で転職を繰り返し、整合性の取れないキャリアになった故になかなか他社から採用されないといった悩みを抱える会計士の方もいらっしゃいます。

なんでもできるとはいってもそれゆえに迷うことも多く、また、可能性がたくさんあるというのは選択するたびに他の可能性を捨てるという風にも言えますので、結構ストレスがかかることも多いようです。

そういったことから、キャリアに悩み苦しむ方も多いです。

とりあえず言えることは、悩んだとしたならばどういったキャリアの可能性があるのかを知るという事が重要ではないかと思います。

当サイトでも監査法人から転職したい会計士が活躍できるフィールドは?などで大雑把に解説していますが、このあたりの情報は多数の会計士の転職とキャリアを見ている転職エージェントに聞いても良いのかと思います。

毎月・年間何百名、何千名の会計士の職歴書を見て連絡をとりあっているので多くの事例を聞くことができるだけでも価値があるかなと思います。

転職エージェント利用を考えるならこの3社

キャリアという視点での転職を考えるならレックスアドバイザーズマイナビ会計士MS-Japanの3社がおすすめです。

迷ったらマイナビ会計士がおすすめですが簡単に各社の特徴を書いておきます。

マイナビ会計士

会計士の転職エージェントマイナビ会計士HP画像

転職面談の満足度が非常に高く、公式の発表では95%とのことです。

そうしたこともあるのかキャリアに悩むケースでは非常におすすめできるといえ、評判などでも初めて転職するケースなどにおいて各種転職先に関する情報からその後のキャリアも視野に入れたキャリア提案・転職相談ができることから慎重に転職先を検討していきたいケースでも非常に良い傾向があります。

実績としては事業会社への転職が高く、大手人材会社として多数の求人と情報を持っていることから事業会社への転職を考えているケースで特におすすめです。

もちろん言うまでも無く、監査法人や会計系コンサルにも詳しいので安心です。


レックスアドバイザーズ

レックスアドバイザーズ

転職相談に定評があるため、キャリアに悩むケースではおすすめと言えます。

具体的に動き出す際は会計業界での転職に詳しいため、会計事務所・監査法人・会計系コンサルへの転職を考えているケースではおすすめです。

一方で事業会社は求人数が少ないためやや弱点と言えますが、転職相談自体は良いものがあるため、キャリア相談では良いと言えます。


MS-Japan

会計士・経理等管理部門の転職エージェントMS-JapanのHP

古くから会計士を始めとするプロフェッショナル士業の転職支援を行っており、実績はトップクラスです。

事業会社の転職支援に強い他、会計事務所・会計系コンサルへの転職実績も豊富で、


転職エージェントをお探しのケースでは公認会計士にお勧めの転職エージェントを転職先や希望ごとに紹介!もご参照ください。

記載したとおり、活躍可能なフィールドが幅広いので、場合によってはいろいろ使い分けた方が良いケースもあるのでいろいろ書いてます。

会計士は転職において最強レベルだが慎重に動こう

可能性は無限大であり、どこででも活躍できますが、それ故注意が必要であることを説明させていただきました。

現在会計士としてキャリアを歩み始めたといったような方はしっかり情報収集を行い、あらゆる可能性を知った上で転職することで失敗リスクは減らせると思います。

これから会計士を目指すというケースにおいては、まずは試験に受からないと何も始まらないわけですが、モチベーションとして、会計士としての資格・知見はあらゆる可能性に繋がり、自身のやりたいことを叶えるための原動力としては申し分ない資格ですからぜひ頑張って試験合格を目指してください。

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!<広告>

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。
ABOUT US
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。