人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェントはどこ?

採用活動や社内の体制整備に力を入れる企業が多いため、
人事・総務・法務などの管理部門の転職マーケットも売り手市場が続いています。
特に人事は新卒採用を始めとして、中途採用、社内の評価制度の構築など様々な側面で人材を求める企業が多いため、
人事の転職マーケットは特に売り手有利の状況です。

人事・総務・法務の転職マーケットは売り手市場ではあるが、転職先の企業の状況により仕事内容は大きく異なる

同じ人事や総務、法務といっても企業規模や企業が置かれているフェーズにより求められるスキルや仕事内容は大きく異なってくるため、転職するにあたってはこれらの職種に強い転職エージェントを使うのが望ましいでしょう。

ベンチャー企業等においては採用のみならず社内の評価制度をはじめとして幅広い業務が求められる傾向にありますし、
逆に大手の企業では採用活動に苦慮している企業も多いので、採用に強い人事など、一定部分の能力が高い方を求める傾向もあります。

また、企業によっては人の出入りが激しいところも多いため、こうした企業に入社すると入退社の手続きに追われ、
本来の業務ができないという状況が続いたり、
社員と企業との間のトラブル解消という点で、総務や法務、人事の業務が増加している傾向もあります。
労基署対応に追われる方も少なくありません。
そのような状況の中、社内の管理部門の人材も辞めてしまうことも少なくないのです。

そのため、転職に際しては注意が必要でしょう。
仕事内容のみならず、企業の内情に詳しい転職エージェントを使うことが転職失敗のリスクを少なくしてくれます。

また、稀に社会保険労務士事務所や司法書士事務所、弁護士事務所などで勤務する資格者の方が、
キャリアチェンジで一般企業の管理部門への転職を検討されるケースもあります。
このような場合では、社会保険労務士や司法書士、弁護士の転職マーケットと人事や総務、法務などの転職マーケットの双方に詳しい転職エージェントを活用する必要があると考えられます。

ここでは、そのような人事・総務・法務の転職に強いおすすめの転職エージェントを紹介していきたいと思います。

人事・総務・法務の転職に強い転職エージェントの紹介

MS-Japan

MS-Japan

企業の管理部門(人事・総務・法務・経理等)への転職と弁護士・司法書士・社会保険労務士等の士業の転職に強い転職エージェントです。
恐らく管理部門の転職では一番実績が高いエージェントなのではないでしょうか?
求人の数・幅ともにトップクラスだと思います。
若手から経験豊富なベテランまで幅広い方にマッチする求人の紹介を頂けますが、
特に30代前後の、ある程度スキルをお持ちで、更なるキャリアアップをお考えの方の転職に良いです。
管理職やプロフェッショナル向けの求人も数多く取り揃えているため、これからレベルの高い仕事にチャレンジしていきたいという方にもおすすめの転職エージェントです。
また、企業への転職を希望する弁護士や社労士、司法書士の転職にも強く、士業の転職マーケットにも明るいため、士業の方がキャリアチェンジをお考えの際にもおすすめの転職エージェントです。

転職先企業の内情にも比較的詳しく、応募書類の書き方から面接対策までしっかり対応してもらえるので、人事・総務・法務での転職をお考えの方には一番おすすめの転職エージェントでしょう。

doda

doda

総合型の転職エージェントです。テレビCM等もたくさんやっているので知らない方はいないでしょう。
人事・総務・法務の転職にも強く、経験の浅い若手向けの求人もたくさんあります。
20代等の若手でこれからしっかりキャリアを構築していきたいとお考えの方や職場環境を変えてみたいとお考えの方におすすめの転職エージェントです。
履歴書や職務経歴書の書き方に関する指導も行ってくれるので、はじめての転職でも安心して利用することができるでしょう。
ただし、資格者(弁護士等)の転職マーケットにはそれほど詳しくないので、資格者がキャリアチェンジされる場合は、上記で紹介したMS-japanさんが良いかと思います。

なお、地方に在住の方は、上記に紹介したMS-japanさんだと、一部の主要都市の求人の取り扱いがメインになるため、
それ以外の地域の方はこちらのdodaが良いでしょう。大手だけあって、かなり幅広く求人をカバーしてくれています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録している方既に多いかもしれませんが紹介させていただきます。
業界最大手であることは、言うまでもないかと思いますがそれゆえに利用者が多いので、じっくり転職相談をしたい方には不向きです。
しかし、だからといっておすすめではないわけではありません。
人によっては、じっくりエージェントと向き合って転職活動をするのが嫌だという方もいます。その場合はリクルートエージェントさんが良いかと思います。転職エージェントは基本的に担当の方がメールや電話などで連絡をしてきてくれるものなのですが、こちらはそういうことがほとんどありませんでした。求人の紹介のメールが自動で送られてきます。
淡泊ながらも保有している求人数は当然かなり多く、こちらのサイトに登録することでたくさんの求人を見ることができるでしょう。そのため、あんまりエージェントと絡んで転職活動したくないなという方はこちらもおすすめです。



ビズリーチ

BIZREACH(ビズリーチ)

こちらはエージェントサービスではありませんが、ハイクラスポジションに転職したいのであれば、登録しなければならない転職サービスです。
人事や総務、労務などのスペシャリストとして経営に近いポジションで働きたいとお考えの方や、
プロフェッショナルとしてのスキルを活かしてハイレベルな仕事がしたい方は必ず登録しておきましょう。
スカウトが届く形式の転職サイトではありますが、企業からだけではなく、ヘッドハンターからもスカウトが届きます。
このとき良いヘッドハンターと知り合うと、ハイクラスとして転職するのに必要となるスキルや面白い情報を聞けたりもします。
今後、ハイレベルを目指していきたい方などは登録しておいて損はないでしょう。
また、弁護士の方の利用者も結構多いです。
この場合、弁護士事務所での転職というよりは、企業内弁護士として、企業法務に関するプロフェッショナルとしての採用となります。こうした案件は一般の転職エージェントではなかなかありませんので、こちらの転職サービスを利用するのが良いでしょう。
なお、こちらの転職サイトは有料プランもありますが、無料でも十分使えますので、初期登録時の無料プランで一度試してみると良いでしょう。また、登録後30日間はお試し期間ということで、有料プランと同じものが使える状態になります。

人事・総務・法務の転職エージェントの紹介まとめ

管理部門の転職の場合、社内で仕事をすることも多いため、
企業の雰囲気や内情を知ることはとても重要です。
特にスタッフとして転職するのであればなおの事そうでしょう。
そのため、できれば一度は転職エージェントを活用して転職活動をされることをおすすめします。

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。