公認会計士が転職に失敗しないためのポイント【転職エージェントに頼らない】

転職失敗・悩み

転職失敗だけは避けたい、
会計士に限らず多くの方が思っていることです。

よくネット上では失敗したくなければ転職エージェントを有効活用しましょう、といった記載を見かけますが、転職エージェントを利用しても普通に失敗します。

問題は、求職者自身のマインドの問題であることも多いです。

ここでは、転職成功に向けてどのようなところに気をつけた方が良いのか、見ていきたいと思います。

転職エージェント任せになり自分で意思決定できない公認会計士は転職に失敗するケースが多い

これまでの古い価値観にとらわれず広い目線でキャリアを考え、新しい領域に自ら進んでチャレンジする方が増えている一方で、
具体的な希望はないけどなんとなく転職したいと考えているという公認会計士も増えているように感じています。

現時点で具体的な希望がないということ自体は問題ではないのですが、
こうした方の場合、転職先を決める最終意思決定も他者(エージェント等)に頼る傾向があるので注意が必要です。

具体的な希望がない方の場合、転職サイトに登録しエージェントに相談する段階で、
自身のこれまでの経験とスキルでどのようなところに転職できるのか、どのような可能性があるのかを聞きたいという希望をお持ちの方が多いです。

これに対してエージェント側は、過去の転職者の事例や現在の転職市況から、例えば〇〇業界や〇〇のポジションでの可能性があり、こうしたキャリアを歩んでいる方はその後こうなっています、というような一般的なキャリアの説明が受けられるかと思います。

そうした客観的な意見を聞いて、それをもとにあなたの頭で考えキャリアを選択していければよいのですが、
最近増えているのが、「私だったらどこが向いてますか?決めてください」というような方もいらっしゃいます。

客観的な意見の一つとしてどこが向いているのかを聞いているのであれば良いのですが、
そうではなく、本当に意思決定をエージェントに任せ、転職先を決めてしまう方も一定数いるので危ないなと感じております。

少し極端な例ではあるのですが、自身の道を自分で選択せず、他者に任せてしまう方は意外といらっしゃり、転職後に聞いていた話と違うじゃないかという状況に陥る転職失敗例を見かけることがあります。

エージェントはキャリアアドバイザーとしてあくまで客観的な立場で情報提供・コーディネート例を提案してくれる人であって、それをもとにあなたの価値観と照らし合わせ意思決定・判断をするのはあなたである必要があるのです。

意見をもとに自身で決めて判断するという意識を持つことは最低限必要なことです。

また、自分で判断するという視点は、エージェントの意図的な誘導引っかからないということにおいても重要です。

先ほども記載しましたが、エージェントには目標数字(売上)があるので、人によっては売上が立ちやすそうな求人先に応募してもらうよう誘導することもあります。

あなたの希望を無視して意図的に特定の求人への応募を誘導するエージェントはそれほどいませんが、
知らないうちに価値観をすりこまれてしまうケースもあるので、自分の頭で考え判断する必要があるということは認識しておきましょう。

少しエージェントの印象が悪くなってしまったかもしれませんが、情報収集するにはかなり良い存在なので、うまく活用してください。

どこの転職サイト・転職エージェントを使うかよりマッチする転職先企業を判断することが重要

丁寧に転職活動をサポートします、
キャリアを一緒に考えましょう、
公認会計士のキャリアに精通しています、
質の高い転職サポートがウリです、
転職満足度〇〇%!

転職サイトを見ると上記のようなことが記載されていることが多いのですが、どれも恐らく嘘ではありません。
ただ、転職サイトや転職エージェントがどんなに素晴らしかったとしても、微妙な転職先へと転職してしまっては意味がありません。

エージェントは確かに親身に話を聞いてくれますが、エージェントの方はあくまでエージェントであり他人なのであなたの全てを把握できるわけではありません。

また、あなたのことだけでなく、紹介してくれた求人先のことも正しく理解できていないケースは多いです。
世の中に何百万社も法人はあるので、全ての企業の最新の情報を保ち続けるのはかなり厳しいため、ある程度仕方のないことではあります。

よく転職エージェントを使ったがミスマッチで早期退職してしまったという話も聞くかと思いますが、これはエージェントだけが悪いわけではないのです。
どんなにエージェントが熱心で丁寧だったとしても起こりえることなのです。

そのため、転職サイトに登録し、キャリアに関する相談をし、転職先候補となる求人を紹介してもらい、企業の担当者に会い、、、といった工程の中であなた自身の目・耳でも情報をキャッチアップし、それをもとに判断を下していく必要もあるのです。

ポイント
転職エージェント任せにするのではなく自分自身の頭でもしっかり考えるようにしましょう。
情報収集も受動的な姿勢ではなく自分の希望と照らし合わせてどのような情報があれば良いのか考えて見ると良いです。

自分の目・耳で情報を引き出すにはどうすればいい?ネットの情報を信用しすぎないこと

公認会計士の転職先として事業会社が人気なのはご存知のことと思います。

日本公認会計士協会が公表している資料を読み込んでいっても、役員レベルの方も含みますが、企業内に勤務する公認会計士は年々増加の一途をたどっており、公認会計士全体の1割ちょっとくらいは企業に勤める方になります。

実際求人を見ても、IPOを目指すベンチャーやメガベンチャー等で公認会計士の採用需要は旺盛で、実際に転職を希望される方も増えていることから、企業に勤務する公認会計士が増えているのは客観的な事実からもわかります。

事業会社へ転職するケースでは転職先候補の企業がメディア等で情報発信していることが多いため、情報収集がしやすい傾向にあります。

企業の大枠や方向性をなんとなく確認するために閲覧することは悪くないでしょう。

ただ、企業が自発的に発信する情報というのは広告的な要素も多いため、キレイな部分が中心となっていたりするので鵜呑みにするのは危険です。

後は、メディアで人気の企業もたくさんありますが、こうしたメディアで人気の企業が必ずしも優良企業であるとは限らず、実際に人気の企業でも残業過多で離職率が高かったりするケースは多いです。

こうしたケースでは中で働いている人に直接意見を聞ければ良いのですが、都合よく知り合いが勤めている可能性は低いです。
そのため、転職エージェントを通じた情報収集に加え、実際に面接に行きあなた自身の目と耳で判断するほかありません。

判断する上で、
例えばプライベートの時間を増やしたいと考えて転職するのであれば、残業時間は気になる要素の一つだと思います。

最近は求人票に平均残業時間等が記載されているかと思いますが、
この残業時間の算出方法が会社全体の平均残業時間なのかそれとも予定配属先の平均残業時間なのか、エージェント等を通じて確認しておきます。

これを確認する理由としては、残業時間は部署ごとでバラツキが多く、0のところもあれば100時間超えているような部門もあったりするのです。

そして確認した結果、例えば実際にあなたが面接を受ける部門の残業時間が仮に少ないことがわかったら、
今度は実際の面接の場で、なぜ残業時間が少ないのか、あるいはなぜ少なくすることができたのか質問してみると良いです。

どのような取り組みをしているから残業が少ないのかその根拠がわかると安心できるという点と、その企業の労働に対する基本スタンスが見えてくるため、あなたの仕事の価値観とマッチするかどうか判断することができます。

上記は残業に関する事項になりますが、その他あなたが重視する要素があるかと思いますので、工夫して情報を引き出す方法を考えてみることで、企業情報を引き出すことができ、転職意思決定の判断材料を増やすことができます。

何度も書きますが、その企業に入社するかどうか判断しなければならないのはあなた自身です。

面倒だなと感じるかもしれませんが、転職で失敗したくないのであれば、あなたの考え・価値観をベースにどのような情報が必要かを考え、その情報を自ら仕入れ、意思決定するという癖をつけましょう。

効率ばかり追求し、自分で情報を集めることを怠ると後悔する可能性が高いので、ここは面倒でも考えてやってみてください。

ちなみに、面接時にどうしても自分で質問し難い事項というのもあるかと思います。
基本的に自分自身で確認してほしいのですが、どうしても出来ないという方は、エージェントを通じて確認してください。

ポイント
工夫して転職先から情報を引き出すような質問をしてみるのも手段の一つです。
後から気が思いついた場合、転職エージェントを通じて質問するのも良いでしょう。

あなた自身が転職先企業を選ぶというスタンスを持つ

面接官に好印象を与えることばかりに目が行き、良くも悪くも頑張りすぎてしまう方がいます。

好印象を与えることは間違いではありませんが、あなた自身もしっかり企業を選んでいかなければなりません。

よくある転職失敗として、面接時に自分を過度に良く見せ、入社後に双方の意識のギャップが大きくなり居辛くなってしまうケースです。

これは企業から選ばれたいと潜在的に思っているから起こることで、間違いではありませんが、本当の自分とはかけ離れたものをアピールして入社しても最後に苦しむのはあなた自身です。

面接で相手が望むことを言い、ある程度自分を良く見せること自体は必要ですが、譲れない条件や価値観はしっかり主張するべきです。

転職という選択肢を取ったということは、現状抱えている不満、あるいは希望があるからかと思いますが、そうしたものを主張しないで転職しても意味がないのです。

逆に言うと、しっかり主張した上でマッチングが成立するのであれば、その企業はあなたにとって良い転職先である可能性が高いのです。

ポイント
最終的に自分自身が実際に目にして感じた情報が最も信頼できるものとなります。
人伝に「良い」と聞いていても、その人とあなたは別の人格です。
あなたにとって本当に良いかどうかは実際の面接の場や職場見学の場で判断していく癖もつけましょう。

転職したいのであればまずは行動する

転職しようと思っていたのに気がつけば時間だけが過ぎていき、転職機会を逃してしまったという会計士の方は多いものです。

公認会計士の場合、繁忙期が明けたら転職活動しようと考えていたものの、そうこうしているうちにいつの間にかまた繁忙期がやってきて仕事が忙しくなって転職機会を逃してしまうという方はいるでしょう。

なんでもそうですが、はじめの一歩は腰が重くなりがちで、なかなか踏み出せない方が多いのです。
考えすぎてしまい、不安で行動できなくなる方もいます。

ただ、最初の一歩さえ踏み出せれば、後は意外と意識が高まっていきどんどん進めていけるものです。

転職活動における最初の一歩は、転職サイトへの登録が最も労力が少なく踏み出せる一歩です。

まず行動し、動きながら考えることで前進していくことができます。

動くことで情報がどんどん入ってくるので不安もそれに比例して減っていきます。

各転職サイトともに登録は3分程度で終わるので、この機会にまず行動してみましょう。

公認会計士向けの転職エージェント・サイト
  • マイナビ会計士
    ※転職に失敗しないためのフォロー・サポートが充実しており、初めての転職で不安を抱えている方には特におすすめです。大手ということもあり、監査法人等の会計業界の転職先から事業会社、コンサル(会計系)等幅広く大量に求人を持っているので、基本的に迷ったらこちらに登録すれば良いかと思います。
  • エルキャリ
    ※新興勢力の会計士向け転職サービスで自身が会計業界で働いた経験やベンチャー企業を創業した経験を活かした転職アドバイスがもらえます。ただし、求人数は少ないためマイナビ会計士などと併用すると良いでしょう。
  • ジャスネットキャリア
    ※事業会社の経理に強いのですが、会計事務所への転職にも強いので税務やりたい会計士の利用にもおすすめです!
  • 最速転職HUPRO
    ※AI等のテクノロジーを活かした求人マッチングを行っている一方で、エージェント担当者にも相談できるので、人の良い部分とテクノロジーの良い部分を取り入れた画期的な転職エージェントです。まだまだ認知度は低いものの会計士が労働環境がよいところへ転職しようと思った際などにマッチする求人がスピーディーに探せたりとデータを活かした求人提案もあるので結構おすすめです。

上記はあくまで一例となりますので、転職エージェントや転職に関する情報をもっと詳しく知りたい方は以下もご覧ください。

監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

公認会計士の転職エージェント・転職サイトを紹介!

公認会計士におすすめの転職サイト・転職エージェント【転職に失敗しないコツも紹介!】

会計士の転職失敗例等

会計士が転職に失敗するポイントを本ページでは紹介しましたが、過去に失敗を繰り返してきたキャリアをお持ちの方の事例や会計士がよく失敗するポイントについてピンポイントで紹介したものもございますので合わせて以下もご覧ください。

会計士の事業会社の経理への転職

公認会計士の事業会社の経理への転職|転職失敗する人が多い?

会計士の武石

【会計士の転職】失敗ばかりで悩み続けた経験を活かした公認会計士の転職支援

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。

忙しいあなたのための最速転職HUPROの転職サービス!

最速転職HUPROなら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート!会員登録(無料)後、最速転職診断等のAIを活用した転職サービスも利用できます。

ABOUT US

士業Job編集部(公認会計士・税理士)
士業Job編集部(公認会計士・税理士)
会計士・税理士等の士業の転職支援に精通したメンバー及び公認会計士資格者・税理士資格者等の国家資格を持つメンバーが執筆、監修しています。 一般的な職種の転職とは異なり、各資格ごと、各士業事務所ごとで転職事情やキャリアパス、志向性が大きく異なってくるため、それぞれの領域に詳しいメンバーが執筆しています。昨今、士業が事業会社の経理や人事等の管理部門への転職を希望されるケースも多いことから、士業事務所領域だけでなく幅広い視点でキャリアについての解説を行っています。